ウィンブルドンテニス2017

フェデラー沈没のショック

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウィンブルドン・ショック!! 
03年から毎年決勝に進出、うち6回優勝のフェデラー、準々決勝で敗退です。

相手は今年のマイアミでも敗れたベルディヒ。フェデラーは右脚と背中を痛めていたことをあとで明かしましたが、サーブでもストロークでも完全に押されていたのは紛れもない事実です。
フェデラーの不敗神話みたいなものをどこかでずっと引きずっているのはメディアであって、選手たちの中にある「ロジャーは倒せない相手ではない」という意識は、私たちの想像をはるかに超えているのかもしれません。

全仏オープンの準々決勝でソダーリングに負けたときは、その後2時間も記者会見に現れなかったフェデラーですが、今日は20分もせずにやってきて、会見は終始ピリピリムード。
デキたフェデラーでも、さすがに20分では気持ちは切り替えられません。

何度もムカッときているのがわかりましたが、中でも最後の問答が強烈でした。
「有望な選手がみんなあんまり良くない中で、今年はマレーの年になると思いますか?」
確かに、今この質問はキツい…。

フンと鼻を鳴らしたフェデラー、「ああ、確かにね。ラファのプレーは最近ひどいし、ソダーリングだって恐れるに足りない。ジョコビッチなんて見た感じ、もうテニスになってないよね。アンディは楽勝だよ」と皮肉たっぷり。そこここで低い笑いが漏れました。

それほど楽勝とはいえませんでしたが、マレーはツォンガに勝って準決勝進出です。
“マレー・マウンド”は地肌がどこにも見えないほどの人で埋まり、すごいことになっていました。
このヒーローが残っている限り、地元の盛り上がりにさほど影響はない模様です。

マレーマウンド
1番コートの出口の一つから大スクリーンの裏側のアングル。この向こうがマレー・マウンドです。 (山口奈緒美/WOWOW) ウィンブルドンテニス 2010 2010年6月21日(月)〜7月4日(日) 連日生中継 ※6/27(日)ミドルサンデーを除く  全仏オープンの興奮からわずか2週間。熱狂覚めやらぬ中、グランドスラムで唯一芝のサーフェスを持つ「ウィンブルドンテニス」がいよいよ開幕を迎える。石黒賢(スペシャルナビゲーター)と杉山愛(スペシャルコメンテーター)を中心に、今年も全13日間に及ぶ「テニスの聖地」での熱戦をイギリス・ロンドンよりお届け。 詳しい情報はhttp://www.wowow.co.jp/sports/tennis/まで! 今日から見たい! WOWOWに今すぐ加入! >>




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ウィンブルドン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

日本人もできる【バックハンドのテニス言わせて】

ヒンギス&クルニコワ ドリームペア復活!?【ラケットにものを言わせたい!?】

テニマガ・ウインブルドンフォト日記-11【こちらテニマガ編集部、ただいま取材中】

ブロガープロフィール

profile-icontennisgs

テニスのWOWOWがお届けするブログ。大会開催地から現地の様子や選手の素顔など、グランドスラムを100倍面白く見るための情報をお届け!
  • 昨日のページビュー:460
  • 累計のページビュー:4735037

(07月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. −大会レポート− 第8日 錦織が全仏初のベスト8、「チャンスは優勝まである」と次はツォンガ
  2. ―大会レポート― 第4日 冷静に立て直す姿から見えた第5シードの貫録 錦織圭、期待が膨らむ戦いぶりで3回戦へ
  3. ―大会レポート― 第10日 死闘3時間58分! 錦織がマレーを突破
  4. −大会レポート− 第6日 2セットアップからの落とし穴 フルセットで辛勝の錦織、疲労は4回戦にどう響くか
  5. -大会レポート- 第4日 錦織万全の2回戦 「格の差」を見せつけクレー巧者を手玉
  6. -大会レポート- 第6日 錦織が4年連続で3回戦突破、16強に怖いものなし
  7. -大会レポート- 第5日 フェデラー時代に翳り、世界46位に敗れる波乱
  8. −大会レポート− 第6日 不戦勝で4回戦1番乗りの錦織が会見 「どこも悪いところはない」と自信
  9. ―大会レポート― 第6日 錦織が今季メジャー4大会すべてで4回戦進出決める
  10. -大会レポート- 第8日 完璧!錦織がウィナー43本を決めてベスト8に名乗り

月別アーカイブ

2017
07
06
05
01
2016
10
09
08
07
06
05
02
01
2015
10
09
07
06
05
02
01
2014
09
08
07
06
05
01
2013
10
09
08
07
06
05
01
2012
10
09
07
06
05
04
03
01
2011
11
10
09
08
07
06
05
01
2010
11
10
09
08
07
06
05
04
2009
10
09
08
07
06
05
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss