3番ライト・ライトル

カープ○今村の伝家の宝刀はシュート?

このエントリーをはてなブックマークに追加

WBCが閉幕しました。

 最終目標は3連覇でしたので、達成できなかったことで山本浩二監督がある程度の批判を受けるのは仕方がないところ。広島カープ・ファンとしては、「某日刊スポーツ」のように悪意を持って書かれた記事を見ると腹が立ちますが、各スポーツ紙は総じて、

「メジャー組が不参加の中で決勝ラウンドまで勝ち進んだことを評価しつつも、3連覇のために何が足りなかったのか?」
「世紀のダブルスチール失敗は確かに不可解な采配にも思えるが、敗因はそこだけでは無い。」

という建設的な論評が目立ちました。
 特に、コミッショナーが「次期監督は秋に次の試合が決まってから」という発言に対して、読売新聞、スポーツ報知が「侍JAPAN常設を決めておきながら、また問題を先送り」と批評したのは、英断だったと思います。

 そんな中でも、東尾投手コーチの評判がよろしくありません。
合宿前の視察で「俺が視察に来たのに、何故ブルペンに入らないんだ。」と言ったとか、
ヒジの不安から辞退した中日・吉見投手に「何だ、投げられるじゃないか!」と言ったとか、
宮崎合宿の休養日だったとはいえ休日返上で練習している選手もいた中で、娘タレントのイベントに、しかもJAPANのユニホームを着て出演していたとか。
準決勝のドタバタ継投も、マスコミからは山本浩二監督ではなく東尾コーチが糾弾されているようです。
 しかし、投手コーチに東尾氏を選んだのは山本浩二監督。監督も「この人選は適切だったのか?」という批判は免れないように思います。また、ここの管理人は広島カープ・ファンなので、どうしても山本浩二監督に肩入れしてしまいますが、西武ファンから見たら、また別の角度から、別の「言いたいこと」があるかもしれません。

 そんな日本代表チーム投手陣の中で、カープの今村の「伝家の宝刀」が、いつのまにか「シュート」になってしまいました(苦笑。広島カープ・ファンの中で、「今村といえばシュート」と思っている人って、どのくらいいるのでしょう?そんな今村に、キャンプ視察のときに「シュートを見せてくれ」と言って「もういいよ」と言うまで20球以上投げさせたのが、現役時代にシュートを伝家の宝刀にしていた東尾投手コーチ。あの当時は今村も28人の侍戦士に選ばれるのか当落線上であり、ましてやチーム最年少。そりゃあ東尾コーチに催促されれば投げるよな・・・・・・・(涙。
 そして、1次リーグではキューバ戦でそのシュートをドカーンとやられてしまいました(涙。その後は相川捕手も(わかっていたのでしょうが、東尾コーチの手前、シュートを要求しないリードもできなかったと推測されます)シュートを要求せず、ストレート、スライダーで抑えました。
しかし2次リーグ、アメリカでの練習試合でも被弾を繰り返し、

果たして現時点での実力なのか?
慣れないことを要求された後遺症でストレートがシュート回転するようになってしまったのか?
フォークボールをほとんど投げなかったことに何か理由はあるのか?

マエケン以上に、今村の精神状態、コンディション状態が気になります。

 29日の開幕ベンチに今村は入るのか?
本当に今シーズンは今村を守護神として起用するのか?
一方で、大復活を遂げそうな永川が代役守護神から真・守護神に復活し、36セーブを挙げて通算200セーブ達成・・・・・なんて夢を見てしまう、管理人でした。

追記:



西武ファンの方がこの記事を読んでお気を悪くされたら、ごめんなさい。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:
今村
山本浩二監督

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

カープ○今村の伝家の宝刀はシュート?

sidewinder さま

>上野。。。

上野、うえの、ウエノ・・・あ~あぁ!上野(背番号・元19)!

思い出すのに、思い切りタイムラグがありました(汗。
今年は1軍で投げないと、彼もそろそろヤバイですね。
奮起を期待しましょう。

コージ さま

マスコミは山本浩二監督の「行けるタイミングで行け(グリーン・ライト)」というサインを「あいまい」と批判し、「走れ。という明確なサイン(This ball)を出すべきだった」と論評しましたが、メジャーリーガーのイチローは「グリーン・ライトは普通」とコメントし、むしろ「This Ballは無かったと思う」と、山本浩二監督の采配に理解を示してくれました。
 ご指摘のとおり、8回裏に賭けに出ざるを得ないほど追い詰められた、そこまでの試合内容こそ、語られるべきだと思います。

シュート?じゃないよね!

みなさま

こんにちは。
たくさんのコメントありがとうございました。
返信が遅くなってごめんなさい。

WBCから帰ってきて、今村はさっそく22日(金)のソフトバンク戦で登板。すばらしいコントロールで8回を3者凡退に抑えました。これで安心ですね!しかも守護神ではなく、慣れたセットアッパーで起用されるようです。
福井がイマイチ安定しないこと、永川が新装開店準備OKなことと連動しているようですね。
とにかく、安心しました!

カープ○今村の伝家の宝刀はシュート?

おはようございます。

ニッカン、昨日までは「東尾コーチバッシング」
やら「サイン不徹底糾弾」なんて上から目線の
記事でしたが今日は選考に漏れた山井や浅尾の
ことを取り上げ、少しはトーンが変わるか?

私自身はあと2回でまだ2点差だったのですから
ダブル・スチールを狙ったこと自体間違いなかったと
思いますね。あそこまで追い込まれたのですから
素直にプエルトリコの強さを認めたほうがいいでしょう。

次回大会のために徹底検証が必要、なんて
高飛車な記事を先ほど見ましたが、
同じメンバーでこれからもずっと戦うなら
ともかく、即席チームで戦わざるを得ない
現状では意味がない!

興味はまったくないが、サッカーのように
代表チームとして長い時間ずっと戦えるのなら
まだこういう検証も意味があるだろう。

それにあのドミニカに強さを見ると
たとえ準決に勝っていたとしても
日本は勝てなかったでしょう。

マエケン7回、牧田2回で1-0の
完封勝ちくらいしか勝つ可能性ないのでは?
ですからWBCに関する記事は私の中ではこれ以上
意味がないとも感じています。

さてカープに戻りますが
開幕オーダーやローテも決まり
来週の開幕が待ちきれないですね。

開幕投手をマエケンにするかどうかで
ローテの順番が正式に決まるんでしょうね。
私としてはマエケンで行って貰いたいが
あくまで本番は9・10月。
マエケンの意思を尊重しましょう。

また今村には一刻もはやく自信を取り戻して貰いたい。
当面クローザーはミコ、8回永川かな?

それより心配はやはり打線でしょうか。
ヒットは出るようになりましたが
点に結び付けないと!

1-4番まではやってくれそうな
期待があるので後は栗原が帰ってくるまで
5番以降の働きか?

梵・松山・堂林、頼むぞ!!!!!

カープ○今村の伝家の宝刀はシュート?

こんにちは

私の記憶では今村はもともとシュートを投げていたと思います。
ただ、彼の最大の持ち味はアウトローのストレートと
スライダーです。
なのでシュートの印象が薄いのかも知れませんが、
シュートは投げていたはずです。東尾コーチも今村の
シュートを見て使えると思ったんでしょうが...
調整が上手くいかなかったのでしょう。

ただ、伝家の宝刀ではないですよね(笑)

こんな記事も読みたい

魔の6回…。【どーも、ライオンズファンです】

WBC閉幕【鯉に恋する漢のブログ】

1番菊池、2番丸ということは・・・【広島鯉太郎】

歴史に潜むヒント(ガムを噛む)【テレビで楽しむプロ野球】

WBC敗退による広島東洋カープへの影響【きたへふ おおの かわくち つた゛】

随処為主-ずいしょいしゅ【赤ヘル絶対主義-赤の再出発・再挑戦!】

T 2-4 C 2013/03/20オープン戦【カープニッキ。】

【オープン戦】広島4-2阪神【カープを強くするには】

ブロガープロフィール

profile-icontarorisu-f

横浜スタジアムをベースに広島カープを応援しているアラフォーのおっさんです。阿南監督のリーグ優勝胴上げを神宮球場で生観戦したのは、いったい何年前かのう・・・・・。しばらく球場観戦から遠ざかっていましたが、横浜転勤を機に、血が騒ぎ始めてしまいました!みなさん、よろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:45
  • 累計のページビュー:8424362

(07月31日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. カープ●●赤松とFA権問題
  2. カープ●●●▲ストーブリーグは大荒れの予感:読売のグリエル、ミコライオ獲得はあるのか?
  3. カープ●一塁へ全力で走らない選手を野球の神様は見ている
  4. カープ●●●宴のあとのFA問題
  5. カープ○○○○破天荒トレードはありうるのか?
  6. カープ●理想は3番・ルナ、5番・エルドレッド、4番には和製大砲を!
  7. カープ○○3タテできなかった理由は追求しておきたい
  8. 永川勝浩のゆくえ
  9. カープ○○野球賭博問題は広島カープにも飛び火するのか?
  10. カープ●ヤクルト戦力外の江村将也投手を獲得する可能性はありうるのか?

月別アーカイブ

2016
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月31日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss