フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

亀海喜寛が、ミゲール・コットと WBO世界ジュニアミドル級王者を賭けて8月26日、カリフォルニアのスタハブセンターで激突します。

コットが、今のボクシング界でも屈指のビッグネームであることは間違いありません。

では、日本人が戦った過去最大の名前なのか?

先に答えを出すと、YESです。

【コットは、ウィルフレド・ゴメス、ヘクター・カマチョ、フェリックス・トリニダード…ボクシング大国プエルトリコの生んだスーパースターの系譜に連なるグレートです。まさか、日本人とグラブを交える日が来るなんて!(写真は20ページに渡るメイウェザーvsコット特集を組んだリング誌)】

純粋な実力評価で「日本人が戦った過去最強のボクサー」となると、リング誌が60年代という10年のスパンでもPFP1位に推しているエデル・ジョフレが傑出してはいます。しかし、アトラクション(ファンを引きつける磁力)という点では、軽量級の注目度が低いことに加えて、ジョフレは「恐ろしく強い王者」と敬遠されていたため、大きなパワーは持ち合わせていませんでした。

そもそも、絶大なアトラクションを持つボクサーが日本に来るとしたら、フォアマンやタイソンが2線級相手に防衛戦を行ったような〝顔見世興行〟です。

では、ノンタイトルで小林弘、世界戦でガッツ石松が拳を交えたロベルト・デュランは?さすがのコットも、デュランとは分が悪すぎます。実力評価はもちろん、人気、報酬とも偉大なパナマ人に軍配が上がります。しかし、小林、石松が戦った70年代初頭のデュランは、この破天荒な若者が何者なのか、世界もわかっていない状態でした。日本人が戦った時点でのデュランの名前は、間違いなく現時点のコットよりも小さいものです。それをありにしてしまうと、マニー・パッキャオと戦った寺尾新で決まりになってしまいます。 【70年代初頭のデュランはボクシング界の風雲児と注目はされていましたが、まだスターダムの階段に足もかけていませんでした。】

ボクシングの人気凋落傾向に歯止めがかからない上に、2大スターのフロイド・メイウェザーが引退、パッキャオもファンが望むような強豪との対戦を避けて〝開店休業状態〟の中で、全盛期はとっくの昔に過ぎたとはいえコットの人気は絶大です。

アメリカで戦うボクサーが目指すのは、当然ながらスターの地位です。そのアトラクションの大きさを測定する尺度は、ズバリ、報酬、ファイトマネーです。

このファイトマネーの源泉は、時代とともに変化して来ました。長らく、ゲート収入(試合会場に観客をどれだけ集めることが出来るか)だけが、報酬に反映されてきました。しかし、ラジオの普及が進む1920〜30年代に成ると、ゲートだけではなく、人気ボクサーの試合にはスポンサー収入が加わります。

【ラジオで放送されることでスポンサーが付き、人気ボクサーの収入源が増えました。マニアや、当時を懐かしむ年配の方々が購入されるのでしょう、ラジオ時代の音声が販売されています。写真はリング誌の広告から。】

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
世界に挑む日本人
ビッグファイト/メガファイト
ミゲール・コット
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

観戦記1315 UFC208 ホナウド・ジャカレイvs ティム・ボッシュ【人生マイペンライ】

日本人ボクサーよ、海外のビッグマッチを目指せ!【スポーツ えっせい】

亀海喜寛「小さな教授の終わりなき旅」【ボクシングをとっても楽しく見るブログ】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1560359

(12月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  6. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss