フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

【ミドル級は最も層が厚い?】村田諒太vsアッサン・エンダム⑤

このエントリーをはてなブックマークに追加

あと四日に迫りました。

ボクシングは伝統的にメディアの囲い込みが顕著なスポーツです。しかし、今回の村田諒太の挑戦に関してはそんな垣根を越えて、異例の報道合戦が繰り広げられています。

ここまで高い注目を集める理由としては、多くの場合「ボクシングで最も層の厚いミドル級」に日本人が挑む、という背景が挙げられています。

【「ゴング・ワールド・ボクシング」1982年2月増刊号から〜伝統的に人気のあるミドル級のすぐ下のジュニアミドル級は、レナードやデュラン、ハーンズらスーパースターが進出する1980年頃までは完全日陰の階級で日本人や韓国人の王者も珍しくありませんでした。今のジュニアミドルは最激戦区ウェルターからミドル級へのパスポート階級として、一気にハードルが高くなっています。日本のファンにとってはジュニアミドルが身近な時代、たった一階級しか差がないのに、その壁の分厚さを嫌という程実感していたが故に、ミドル級へ畏敬の念をさらに強めたであろうことは想像に難くありません。】

「層が厚い」を、イコール「競技人口が多い」という単純な図式で考えるのは短絡的かもしれませんが、競技人口に当て込めると意外な結果に驚かされます。

プロボクサーの競技人口のカウント方法も、これは何が正しいか一筋縄ではいきません。世界各国のコミッションが発表している「有効なライセンスを持っているボクサーの人数」となると、引退状態のボクサー、それどころかデビューすらしていない(する気もない)いわゆる「ペーパープロ」までカウントしてしまいます。

ここではBoxRecのデータを活用させていただきます。このデータの欠点としては、すべてのボクサーを網羅しきれていないということですが、プロサッカーやプロ野球と違い精密に管理されていないボクシングでは完全無欠の「戸籍」はおそらく存在しません。

ということで、BoxRecから各階級の競技人口を割り出してみましょう。(5月16日現在・数字は男子ボクサーの数)

ミニマム級:292人/ライトフライ:456人/フライ:745人/スーパーフライ:683人/バンタム:981人/スーパーバンタム:1233人/フェザー:1540人/スーパーフェザー:1431人/ライト:1991人/スーパーライト:1859人/ウェルター:2238人/スーパーウェルター:1796人/ミドル:1539人/スーパーミドル:1359人/ライトヘビー:1084人/クルーザー:1252人/ヘビー:1288人

ボクシングファンなら「ミドル級が最も層が厚い」と聞いても「嘘つけ。ウェルターに決まってるだろ」と否定できるでしょうが、「ミドル級がニ番目に層が厚い」と言われると「まぁ、きっとそうだろうな」と認めちゃうんじゃないでしょうか。

確かに、BoxRecのデータでも、唯一の2000人超の競技人口を抱えるウェルター級の1位は不動です。しかし、しかし。意外なことにミドル級はまさかの6位なんです。

1984年という比較的新しい時代に各団体で導入されたスーパーミドル級の1359人を、ミドルとライトヘビーに割り振るとミドル級の競技人口は2000人レベルになり、ウェルターに迫るのですがこれはちょっと無理やりですかね。

ただ、「層が厚い」を「競技人口が多い」と考えたらミドル級は6番目というだけで、「層が厚い」を「競技レベルが高い、スピードとパワーが高次元で結晶している」と解釈すると、「ミドル級は最も層が厚い」というセンテンスに大きな矛盾はありません。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
世界に挑む日本人
ビッグファイト/メガファイト
パウンド・フォー・パウンド
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

FMW パンフ00年11月横浜 冬木対ハヤブサ、01年8月駒沢 ハヤブサ対金村、さらば邪道!大仁田厚、邪道降臨 00年7月大仁田対三四郎 ビデオ【極上の“T-1二見激情”見参】

【オッズと予想】村田諒太vsアッサン・エンダム④【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

観戦記1309 WBCスーパーウェルター級王座決定戦 ジャーメル・チャーロvsジョン・ジャクソン【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:10931
  • 累計のページビュー:457676

(05月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①
  2. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜①
  3. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜②
  4. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  5. 【世界評価】村田諒太vsアッサン・エンダム③
  6. 大迫、東京五輪を2時間2分02秒で走るってよ!
  7. 【カウントダウン】村田諒太vsアッサン・エンダム①
  8. 【オッズと予想】村田諒太vsアッサン・エンダム④
  9. ロマゴン陥落で考える〜パウンドフォーパウンドとは何か?テディ・アトラスの抗弁〜
  10. マラソン日本は復活するか?〜血と生いたちと環境〜①

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss