フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

【世界評価】村田諒太vsアッサン・エンダム③

このエントリーをはてなブックマークに追加

あと一週間を切りました。

今日は、日本のボクシング、村田諒太が、世界からどう見られているのか?

村田がプロ転向を表明、2013年のデビュー戦を圧巻の内容で勝利したことは、ネットはもちろん世界中のボクシングメディアで大きく報じられました。「金メダリスト、東洋太平洋王者を全く寄せ付けず」。もちろん、多くの記事で「ミドル級の東洋太平洋王者の実力は世界基準から大きく劣る」という事実もきっちり伝えられていましたが。

2014年2月にリング誌が村田を6ページに渡って特集しました。ざざっと超訳させていただきます。 【村田諒太は「あしたのジョー」ではない。】

『村田諒太:待ち受けるのは輝ける〝あした〟か?=五輪金メダリストは変わったルートを辿ってスターダムを目指す=』

日本のボクシング界は、非常に興味深いファンタジーに彩られてきた。

なんとそれは、パルプフィクション、〝マンガ〟だ。マンガがクール・ジャパンの代名詞であることは誰でも知っているが、クール・ジャパンと日本のボクシングはどうしても結びつかないだろう。しかし、これは事実なのだ。嘘だと思うなら、日本の友人に聞いてみるがいい。彼(彼女)は日本の世界王者の名前は一人も知らないだろうが、「あしたのジョー」は必ず知っているから。

矢吹丈〜1968年にコミック初版が出されてからTVアニメや映画、ビデオゲーム、あらゆるメディアで人気を博した「あしたのジョー」の主人公の名前だ。1990年には辰吉丈一郎というイミテーションまで登場、日本のリングで最大のスターとなった。

貧しい一匹狼のジョーが生きて行く場所は、リングの中にしか無かった。英国だろうが日本だろうが、フィラデルフィアから東京まで、世界中どこでもいつでも、ボクシングのテーマは変わらない。「ロッキー」がそうであるように「あしたのジョー」もまた、ボクシングの世界の共通言語なのだ。

どん底から這い上がった若者が、エリートの王者を叩きのめす。

そして、日本における矢吹丈の地位は、米国のロッキー・バルボアをはるかに凌駕する。日本に存在する「バンタム級への憧憬」は、ファイティング原田に起源すると思い込みがちだが、それは大きな勘違いだ。バンタムは矢吹丈の階級だから、日本人にとっては特別なのだ。

しかし、村田は「あしたのジョー」ではない。彼はどん底や、バンタム級とは対極に立っている人間だ。

ロンドン五輪で金メダル、それもミドル級で獲得した村田は、薄汚れた河川敷の粗末なバラック小屋のジムで練習などしない。彼のプロモートは世界最高(トップランク)と日本最高(帝拳)が共同で行っている。

ボブ・アラムは「村田はスーパースターの有力候補だ」と断言する。アラムに虚言癖があることは誰でも知っているが、それは彼の仕事の一部でもある。しかし、村田に関しては、いつもの大げさな言動だと片付けられない。トップランクの世界戦略において、村田が重要なプレイヤーであることは疑う余地もない。

ワシル・ロマチェンコやゾウ・シミン、アラムは多くの五輪の金メダリストを青田買いしているが、ボクシングの歴史とインフラが整った日本の金メダリストは他のメダリストとは商業的な可能性が全く違うのだ。

トップランクが最も魅力を感じている国は、経済界同様にもちろん、中国。しかし、この共産主義国は、毛沢東がボクシングを禁止した時代からまだ40年しか経っていない。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
世界に挑む日本人
ビッグファイト/メガファイト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【世界評価】村田諒太vsアッサン・エンダム③

翻訳ありがとうございます。
ボクシング関連の記事は毎回読ませてもらっていますが、
いつも的確で、実に読み応えがあります。
以前、別の方が書かれた「村田が世界王者になれない3つの理由」とかいう記事を読み、
感情論を書き散らしただけの薄っぺらい内容かつ
いっぱしの物書き気取りの尊大な論調に辟易したのですが
このように常にフラットな視点で書かれている記事を読むと、
胸のすく思いです。
今後も期待しています。

こんな記事も読みたい

観戦記1308 Krush.75 65kg級王座決定戦 小宮由紀博vs中澤純【人生マイペンライ】

村中完敗〜ヤファイは統一戦へ〜【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

注目は稀勢の里、白鵬、高安だけじゃねぇ〜夏場所は名勝負の宝庫なのだ【ピノキオ〜「クビ差」で「クビ」になったはずなのに、舌の根も乾かぬうちに再開した厚顔無恥なブログ】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:10931
  • 累計のページビュー:457676

(05月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①
  2. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜①
  3. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜②
  4. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  5. 【世界評価】村田諒太vsアッサン・エンダム③
  6. 大迫、東京五輪を2時間2分02秒で走るってよ!
  7. 【カウントダウン】村田諒太vsアッサン・エンダム①
  8. 【オッズと予想】村田諒太vsアッサン・エンダム④
  9. ロマゴン陥落で考える〜パウンドフォーパウンドとは何か?テディ・アトラスの抗弁〜
  10. マラソン日本は復活するか?〜血と生いたちと環境〜①

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss