フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

【ミドル級とは何なのか】村田諒太vsアッサン・エンダム②

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボクシングには、ミニマム級からヘビー級まで、17も階級があります。17まで細分化する必要などあるわけもなく、世界戦を量産することで承認料を稼ぎたい下劣なアルファベット団体と、一人でも多くの世界王者を作りたい興行側の歪んだ思惑が暴走し続けた結末です。

当然の帰結として、世界王者の地位は失墜、ボクシングそのものもニッチなスポーツに転落してしまいました。日本を見ても、世界王者の認知度の低さは悲惨なまでです。純粋想起で井上尚弥を認知している人は20%もいないでしょう。

ここ数年で、最も認知度の高かったボクサーは亀田兄弟が傑出していますが、彼らもボクシングのパフォーマンスが評価・注目されたわけではありません。厳しい言い方になりますがチンドン屋的な注目です。これがチンドン屋なら、人の耳目を引くことが仕事ですから、超一流、本当に素晴らしかったのですが、彼らはチンドン屋でなかったことが返す返す残念でなりません。

【ヘクター・カマチョはボクサーとしてはもちろん、人の耳目を引きつけることに関しても超一流でした。】

もちろん、ボクサーとしてもチンドン屋としてもお粗末な世界王者もいますから、彼らだけを糾弾するのは不公平です。先日も長兄は、その才能を遺憾なく発揮してくれました。ただし、それはあくまでもチンドン屋の才能を発揮しただけで、彼の言う「ボクシングの素晴らしさ」がどこまで伝わったかは疑問です。

リング誌のPFPランキングに日本人として初めて入った山中慎介と井上ですら、ボクシングの魅力を、一般のスポーツファンにも十分伝えることが出来ているか、となると極めて怪しいものがあります。ボクシングの世界王者っていうのはこれくらい凄い存在で、世界的な評価も高くて、報酬もサッカーや野球のようなメジャースポーツと比べても遜色がない…そいうことがわかってもらえると良いのですが、スーパーフライ級やバンタム級では世界的な注目度は低く、日本のリングが世界最大のマーケットというのが現実です。

井上がロマゴン戦の観戦で渡米した時、リングサイドでファンからサインを求められ驚いたというエピソードがありますが、そういうレベルです。

ボクシング全体が今やマニアのスポーツですが、中でも軽量級はマニアの中のマニアでないとまずニーズの無い階級です。

かつて、長谷川穂積が「尊敬するパッキャオのようにベガスに進出して一攫千金」と意気込んでいましたが、あれは本当に可哀想な妄想です。

確かにパッキャオはフェザー級で100万ドルファイターとスターの座を掴み取りました。それは不人気階級にもかかわらず、当時のフェザーには超弩級のスター選手3人も存在、覇権争いを繰り広げていたリングに、かませ犬として割って入り、3人とも撃破しちゃったからです。軽量級なのにスターが居並んでいたという奇跡の偶然と、そんな怪物たちを木っ端微塵にしてしまう異次元の実力がなければ、アメリカの土地で、軽量級のスター誕生なんて笑い話でしかありえません。

もし、長谷川vsフェルナンド・モンティエルが日本ではなく、ベガスで開催されていたら興行規模は惨めなものになっていたでしょう。あの試合も日本でやったからこそ、ビッグファイトたりえたのです。

また、西岡利晃のMGMメインイベントも極めて恥ずかしい虚飾でした。ラファエル・マルケスは一発殿堂もありうる軽量級屈指のスターでしたが、そのピークはとっくの昔に過ぎ去ったロートル。それでも、浜田剛史らは「今度は文句無しの強豪。西岡もさすがに不利予想を立てられるでしょうな」と語っていましたが、海外では圧倒的有利の予想で、周囲の引退勧告を振り切ってリングに上がるラファエルの健康を気遣う記事も少なくありませんでした。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ビッグファイト/メガファイト
世界のボクシング:階級/キャッチウエイト
世界に挑む日本人
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【ミドル級とは何なのか】村田諒太vsアッサン・エンダム②

お読みいただきありがとうございます。

ダイアモンドベルトではなく、名誉王者のことでしょうか???

正直、アルファベット団体が承認料目当てだけにいたずらに乱造するベルトには価値はゼロだと思います。ドネアに勝っていれば西岡が腰に巻くことになったダイアモンドベルトも、その出自がそもそも卑しいものです。

ダイアモンドベルト第1号の贈与に、パッキャオは「こんなものに50万ドルも出せるか」と公然と拒否しましたが、結局無償で引き渡したと言われています。先日の、カネロvsジュニアの「〝メキシコ〟ベルト」も、カネロがリングに上げることを拒否、本当に下劣な結末でした。

【ミドル級とは何なのか】村田諒太vsアッサン・エンダム②

お読みいただきありがとうございます。

村田選手が言うまでもなく、日本の軽量級の場合はベガスでやる意味はほとんどありません。せっかく伝統的にタレントが揃っているのに「ベガスでビッグファイト」と実現不可能に近い妄想を選手が語るのが痛ましいです。

もちろん、ライト級以上ならベガスです。日本人からウェルター級の世界王者が誕生する日を心待ちにしていますが、同じくらいに軽量級が正当に評価される舞台がどこかに出来ないかと夢見ています。それが、日本なら最高なのですが。

「【ミドル級とは何なのか】村田諒太vsアッサン・エンダム②」へのコメント

西岡はダイヤモンドチャンピオンということには触れないんですか?
それとアメリカを主戦場に戦い続けた日本人ボクサーがいないのに、長谷川も含めやり玉に挙げられるのは残念です。
言ってることは正確なのですがね..
〜正しいことが正義ではない
正義の反対は悪ではない〜

【ミドル級とは何なのか】村田諒太vsアッサン・エンダム②

『日本のボクシング界も偽りのベガス妄想はもうそろそろ終わりにして、いかに日本で軽量級の大きな試合を継続可能な形で根付かせるかに注力するときです。』

なるほど、ここは盲点でした!!!

こんな記事も読みたい

稀勢の里の相撲スタイルの変化と直近10年の夏場所の振り返りから今場所を占う【名相撲つれづれ草】

観戦記1307 WBA&WBC&IBFミドル級王座統一戦 ゲンナディ・ゴロフキンvsダニエル・ジェイコブス【人生マイペンライ】

小柳改め、豊山。この勇気ある決断に惹かれる理由。【幕下相撲の知られざる世界】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:1155
  • 累計のページビュー:584388

(06月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ミゲール・コットとは何者か?
  2. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①
  3. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜①
  4. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜②
  5. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  6. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  7. 【世界評価】村田諒太vsアッサン・エンダム③
  8. 大迫、東京五輪を2時間2分02秒で走るってよ!
  9. 【カウントダウン】村田諒太vsアッサン・エンダム①
  10. ロマゴン陥落で考える〜パウンドフォーパウンドとは何か?テディ・アトラスの抗弁〜

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss