フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

【カウントダウン】村田諒太vsアッサン・エンダム①

このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよあと10日を切ってきました。

WBA世界ミドル級タイトルマッチ。アッサン・エンダムvs村田諒太。

今朝、銀座駅を降りると電飾の柱広告がズラリ。試合までの一週間あまりで、フジテレビだけでなくNHKや、他の東京キー局でも村田の特集番組を放映するというのですから、ボクシングの試合としては異例中の異例です。

今から22年前、竹原慎二が1995年にやはりWBAミドル級に挑戦した時は事前の特集番組はおろか、実際の試合もテレビ東京が深夜に録画放送するというひっそりとしたものでした。不公平感は否めませんが、これが五輪金メダリストと無名の叩き上げとの差なのでしょう。

【銀座駅構内の柱広告が目立ってました。竹原が見たら「ワシの時と何でここまで扱いが違うんかいのぅ!」と怒りそうですが…】

現在の世界ミドル級勢力図を見渡すと、WBAスーパー/WBC/IBFのベルトを巻くゲンナディ・ゴロフキン(GGG)が実力No.1、その対抗馬がリング誌公認王者のカネロ・アルバレス。3番手はGGGの連続KOをストップさせたダニエル・ジェイコブス。トップ3がこの3人ということには、多くのファンも異論はないと思います。

9月16日にGGGの3つのベルトと、カネロのリング誌ベルトを合わせた4本のベルトを、この二人のどちらかが独占することになります。そして、英国の人気者ビリー・ジョー・サンダースも自らのWBOベルトを賭けてこの勝者との対戦を熱望するでしょう。

5番手以降は混戦状態です。トップ戦線で戦う実力のある「元王者」グループにはデビッド・レミューに、アンディ・リー。階級屈指の強打者レミューと、妙な勝負強さを発揮するリーは不気味な存在です。また、このグループにはアッサン・エンダムも控えていることを忘れてはなりません。トップ5には入らないかもしれませんが、エンダムをトップ10に入れない人もいないでしょう。スピード、パワー、テクニックはもちろん、信じられないほどの回復力も持つタフなカメルーン人です。

これからタイトルを狙うグループは充実しています。先月22日に英国の無敗ホープ、トミー・ラングフォードを5ラウンドで葬ったアブタンディル・クルティゼは、7月8日にサンダースのWBO王座に挑戦します。勢いに乗るジョージア人がラングフォードに続き、英国人を敵地で撃破するようなことがあると、ミドル級戦線は一層混沌としてきます。

このクルティゼ、2010年にエンダムに完敗してるんです。7年前とはいえ、エンダムの実力は疑う余地のない本物です。エンダムが敗れたのは2012年にピーター・クイリン、2015年にレミューの2度だけ。当時のクイリンは無敗のWBO王者でGGGにとって最大の脅威と考えられていましたし、レミューとの一戦もGGGへの挑戦者決定戦でした。そして、クイリンに6度、レミューには4度も倒されながらも判定に持ち込んだだけでなく「ダウンがなければ勝っていた」というメディアもいるほどの脅威の粘りを見せたのです。

「エンダムをノックアウトすることは至難の技(というか今まで誰一人それを成し遂げたボクサーはいません)。しかし、倒さないと(ダウンでポイントを稼がないと)勝てない」。誰が戦うにしても、どうにもこうにも厄介な相手です。

【昨年12月12日に強豪アルフォンソ・ブランコを、わずか1ラウンド22秒で失神させたエンダムを世界10傑に数えないメディアはありません。】

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ビッグファイト/メガファイト
世界に挑む日本人
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【カウントダウン】村田諒太vsアッサン・エンダム①

この戦いに勝てばベルトを土産に化け物たちとの争いに絡んでいける権利を手に入れるわけですから
頑張ってほしいです

こんな記事も読みたい

観戦記1306 Krush.75 左右田泰臣vs松下大紀【人生マイペンライ】

【大相撲】ラオウが稀勢の里、ケンシロウが高安ならば、トキは日馬富士だ。【西の落伍家】

閉塞感漂うボクシング界。突破口を担うのは、やっぱり彼らだと思う。【黒髪のかねろの整理場所】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:10931
  • 累計のページビュー:457676

(05月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①
  2. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜①
  3. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜②
  4. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  5. 【世界評価】村田諒太vsアッサン・エンダム③
  6. 大迫、東京五輪を2時間2分02秒で走るってよ!
  7. 【カウントダウン】村田諒太vsアッサン・エンダム①
  8. 【オッズと予想】村田諒太vsアッサン・エンダム④
  9. ロマゴン陥落で考える〜パウンドフォーパウンドとは何か?テディ・アトラスの抗弁〜
  10. マラソン日本は復活するか?〜血と生いたちと環境〜①

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss