フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

カネロvsチャベスJr.キャッチウェイトは必要悪なのか?③

このエントリーをはてなブックマークに追加

Aサイドの選手がパワハラ的にBサイドに要求するキャッチウェイトは、言い訳のできない〝悪〟です。

しかし、プロボクシングを見世物、興行として見るなら、TV視聴率が上がる、チケットが売れるマッチメイクを追求するのは自然の流れです。世界一を決めるまともなシステムすら持たないプロボクシングを純粋なスポーツと考えている人はいないでしょうから、キャッチウェイトごときでゴタゴタ言う方が野暮なのかもしれません。

カネロやチャベスJr.を「過保護に作られたスター」と揶揄しても、「明らかに階級の違う選手を無理やり戦わせるナンセンスな試合」と糾弾しても、それでも今年一番の興行になってしまうわけです。そして、週末の日曜日、私も仕事先の移動中にタブレットに見入ってしまうことになります。

【ミドル級の世界戦を155ポンドで行う「カネロ級」も興行優先のプロボクシングの世界では必要悪?】

考えてみれば、フルマラソン世界記録保持者のデメス・キメットとウサイン・ボルトを600mで対決させるようなものです。実現することのない、その必要もない、全く意味がないレースですが、正直、見てみたい気もします。400mまで圧倒的に先行するボルトがそこから失速、キメットとの差がどんどん詰まる、しかし、残りの距離が微妙…。美しく800mを走り切る専門選手のレースの方が遥かにハイレベルなことはよくわかっているのですが…、下世話な見世物以外の何物でもありませんが、野次馬根性が刺激されますね、見たいです。

興行の名の下には、キャッチウェイトは必要悪とも言えます。これがなければ最近だと、マニー・パッキャオの〝空前絶後〟の8階級制覇はおそらく無かったでしょうし、カネロが155ポンドで〝ミドル級〟王者になって防衛までしちゃうなんて滑稽なこともありえませんでした。

それでも、今回のカネロ対ジュニアはタイトルも賭けられていませんから、罪は軽い方です。164.5ポンドじゃ賭けようがないからですが、レナードだったらWBCに掛け合ってミドル級とスーパーミドル級の二階級を賭けた双子のダイアモンドベルトを作らせていたかもしれませんね。

宿命のライバルと早くからその対決が渇望されていたカネロとジュニア。しかし、若くから注目されていたがゆえに、歳月の経過とともに二人の階級の隔たりは広がり、激突の日は永遠に訪れないと諦められていました。そんな試合が実現しちゃうんです。

キメットとボルトを対決させようなんて発想は、国際陸上競技連盟や国際オリンピック委員会が統括していてはありえません。魑魅魍魎が跋扈する、何でもありのボクシング界だから、こんな荒唐無稽なマッチメイクも簡単に実現しちゃったのです。

先週のジョシュア対クリチコは、スポーツとしても純粋に楽しめるアスリートの激突でした。

しかし今週は、深く考えないで、因縁の対決をとにかく楽しむショウです。メキシカンのスター同士の激突は、ただでさえ盛り上がりますが、今回は過保護な温室栽培のスーパースターが拳を交えるわけですから、燻り続けた遺恨、ねじ曲がった嫉妬、醜悪な怨念は想像を絶するものがあります。

そもそも、ジュニアがまともに計量をパスできるのか。巷間囁かれている、意図的なオーバーウェイトはあるのか。計量後のフェイスオフ(睨み合い)は乱闘に発展するのか。

デラホーヤと父チャベスは、3度目の殴り合いを今回はグローブをはめずに、スーツ姿で見せてくれるのか。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
世界のボクシング:階級/キャッチウエイト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

カネロvsチャベスJr.キャッチウェイトは必要悪なのか?③

ありましたねぇ!ジョンソンの走りには本当に幻滅しました。

カネロとチャベスはチャンピオン同士でもないし、スーパーミドル級の世界戦の方が上質なボクシングを見せてくれるのはわかっているのですが…。人気者はいつの時代でも得ですね。

カネロvsチャベスJr.キャッチウェイトは必要悪なのか?③

陸上で言えば、昔、ベイリーとジョンソンの150mとか、モルセリとゲブレセラシェの2マイルとかも行われましたね。
やっぱり、チャンピオン同士の対決って、多少条件が無理矢理でも観たくなるものなんでしょうね。
意味は何もない、でも観たい…

こんな記事も読みたい

観戦記1302 IBFヘビー級王座戦 アンソニー・ジョシュアvsドミニク・ブリジール【人生マイペンライ】

カネロvsチャベスJr.キャッチウェイトは必要悪なのか?②【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

【大相撲】五月場所の展望【西の落伍家】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:10931
  • 累計のページビュー:457676

(05月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①
  2. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜①
  3. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜②
  4. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  5. 【世界評価】村田諒太vsアッサン・エンダム③
  6. 大迫、東京五輪を2時間2分02秒で走るってよ!
  7. 【カウントダウン】村田諒太vsアッサン・エンダム①
  8. 【オッズと予想】村田諒太vsアッサン・エンダム④
  9. ロマゴン陥落で考える〜パウンドフォーパウンドとは何か?テディ・アトラスの抗弁〜
  10. マラソン日本は復活するか?〜血と生いたちと環境〜①

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss