フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

カネロvsチャベスJr.キャッチウェイトは必要悪なのか?②

このエントリーをはてなブックマークに追加

1988年11月7日、シーザースパレスのテニスコートと駐車場に特設された屋外スタジアムは1万3246人の観客で埋まっていました。

この夜のリングにはWBCの世界タイトルマッチが3試合(4試合?)も用意されていました。一つ目はヒルベルト・ローマンが元王者シュガー・ベビー・ロハスを返り討ちにしたジュニアバンタム級。もう一つはロジャー・メイウェザーがビニー・パチエンザからダウンを奪って大差判定勝ちを収めたジュニアウェルター級。ローマンは渡辺二郎から奪った第一次政権ではなく、第二次政権の3度目の防衛戦で、過去2度は内田好之と畑中清詞を子供扱いして王座を守りました。ロジャーは浜田剛史からベルトを強奪したレネ・アルレドンドに圧勝したタイトルの4度目の防衛戦。

余談ですが、この夜のローマンの報酬は16万ドル(約1900万円)、ロハスは1万7000ドル(約210万円)。ローマンが日本人相手と同等の報酬を手にすることが出来たのは、このメガファイトの前座だからです。同じ階級では、先日のゲンナディ・ゴロフキン対ダニエル・ジェイコブスの前座を務めたカルロス・クアドラスは10万ドル、ローマン・ゴンザレスはキャリアハイの55万ドルを稼ぎましたが、軽量級ではPFP1位でも55万ドル、約6200万円しか稼げないのが現実です。ローマンの普段の報酬は10万ドルにも届かず、畑中、渡辺、内田と戦った日本のリングではいずれも2000〜2500万円を手にしました。ロマゴンが日本人だったら、ファイトマネー1億円は間違いなく突破して、もっとリスペクトされていたでしょう。

ちなみに渡辺二郎の報酬はキャリア晩年で5000万円〜6500万円でした。軽量級の選手が日本人と戦いたがるのは、今も昔も同じです。もちろん、ローマンと同じメキシコ人でも人気が桁違いのウンベルト・ゴンザレスや、五輪で金メダルを獲得した米国のマイケル・カルバハルは軽量級でも例外中の例外で、「日本で戦いたい」とは思いもしない報酬を手にしていましたが。

【統括団体が存在せず拝金主義の承認団体がいくつも跋扈するボクシングの世界では汚辱にまみれた醜悪な試合がいくつもありましたが、その中でも最も腐臭を放つ試合の一つに数えられるでしょう。】

話を戻します。3つ目の世界戦、いいえ、正確には3つ目と4つ目が同時に行われる奇天烈なリングに現れたのはWBCライトヘビー級王者、ドニー・ラロンデ。彼の報酬はライトヘビー級史上最高となる500万ドル(約6億円)、そしてスター選手によるキャッチウェイトの悪習を根付かせた張本人は最低保障で1500万ドル(約18億円)、最終的には2000万ドル近い大金を手に入れました。

金髪と端正なマスクを持つ、絵に描いたようなスタイリッシュな白人、ラロンデは重量級きっての人気者でした。しかし、この夜だけは圧倒的なBサイドでした。175ポンドのライトヘビー級の世界戦にもかかわらず、契約体重は168ポンド、なんと7ポンドもの減量を強いられ、万一体重オーバーしたら1ポンド当たり100万ドルのペナルティまで課せられました。168ポンドはスーパーミドル級ですから、ライトヘビーのタイトルを賭けること自体が正気の沙汰ではありません。だからというわけではないでしょうが、あろうことかこの試合にはスーパーミドル級のタイトルまでステイクされるのです。

これぞゲスの極みです。

スーパースターなら何をやってもいいのか?シュガー・レイ・レナードなら何をやっても許されるのか?

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
世界のボクシング:階級/キャッチウエイト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【大相撲】五月場所の展望【西の落伍家】

ドラマがあった圧巻のヘビー級@アンソニー・ジョシュアvsウラジミール・クリチコ【雨の日の日曜日は・・・スポーツ別館】

ジョシュア対クリチコ;補足【運動科楽からスポーツ再考!!】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:10293
  • 累計のページビュー:1018623

(08月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  5. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  6. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①
  7. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  8. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  9. それでも、山中慎介の13連続防衛には、確かな意味があるのです。
  10. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜①

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss