フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

運命の決戦〜カネロとチャベス〜②

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウエルター級のカネロは1階級上げてスーパーウエルターへ進出した時には、チャベスは1階級上のミドル級へ。さらにジュニアがスーパーミドルも超えて最高172ポンド1/2まで体重を上げ、カネロがマックス155ポンドにとどまった時点では「マルチネスに負けてミドル級を離れてライトヘビー級で戦うジュニアを見た時にカネロとの決戦は消滅した」(ゴールデンボーイプロモーション=GBP=エリック・ゴメス)と誰もが思いました。

しかし、昨年12月にジュニアがドミニク・ブリッジと167.9ポンドで戦った時、運命の歯車は再び動き始めました。

両者には積年の因縁に加えて、戦う理由を新たに抱えていました。

カネロにとっては世界中からせっ突かれているゲンナディ・ゴロフキンとの決戦の前に、自分より大きな相手と戦うテストマッチとして。ジュニアはここ数年で失墜した評価をたった1試合で取り返すことの出来る贖罪として。

試合としては155ポンドが適正のカネロと、怠惰な自己管理の末に160ポンド(ミドル級)から逃亡したジュニアが、164.5ポンドのキャッチウェイトで戦います。カネロにとってはベストから約10ポンドも重い契約ですが「スーパーウエルター最強」のカネロと、「落ちこぼれのライトヘビー」のジュニアという両者の現在位置から歩み寄った妥協の産物です。

メキシコの人気を二分してきたスター同士の激突とはいえ、今回のリングではカネロがAサイド、ジュニアはBサイドに回ります。カネロにとって、ゴロフキン戦へのテストマッチの相手がジュニアしかいないわけではありません。もちろん、テストマッチとは試合の位置付けだけで、興行としてはゴロフキン戦よりもはるかに巨大になるという矛盾をはらんでいますが。

【ゴロフキンとの決戦を控えるカネロにとっても、転落人生を一気に浮上させるチャンスを得たジュニアにとっても、絶対に負けられない戦いになります。】

一方のジュニアは昨年9月に「もしアル・ヘイモンが名誉回復のビッグファイトを用意できないのなら引退する」と語るほどまで追い詰められていました。

現在の立場を反映してカネロの報酬が最低保障約500万ドルに対して、ジュニアは300万ドル。宿命のライバルの力関係はリング外でも大きく開いてしまいました。それでも、この試合に勝てば全てを取り戻すことが出来るのです。ゴロフキンをマネジメントするトム・ロフラーは「カネロが勝てば、9月に向けて交渉は最終段階に入る。負けてもカネロとの試合を優先的に考えるが、その時はチャベスも選択肢に入ってくる」と語っています。

先月のダニエル・ジェイコブス戦で大型選手への対応力に疑問符が付いただけでなく、2度目のPPVの売り上げも17万世帯と低迷(最初のPPVは2015年のデビッド・レミュー戦で15万3000世帯。対戦相手の知名度は上がったにもかかわらず売り上げの伸びは微々たるものでした)、米国人でもメキシカンでもプエルトリカンでもないゴロフキンの商品価値(人気)はこの辺りが限界と見られていることからも、チャベスはAサイドでリングに上がることができるでしょう。

マルチネスに敗れて以来、迷走を重ねてきたジュニアが今回、164.5ポンドを作ることが出来るのか?おそらく無理でしょう。というか、確信犯的に2ポンド前後を上積みしてくるのではないでしょうか。ファン・マヌエル・マルケス戦でフロイド・メイウェザーがあざとくキャッチウェイトをオーバーして罰金を払ったように。1ポンドオーバーにつき100万ドルの罰金が契約で定められていますが、この試合の意味を考えると大金を払う価値は十分にあります。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ビッグファイト/メガファイト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ジョシュア対クリチコ 早起きして良かった!【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

運命の決戦〜カネロとチャベス〜①【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ヘビー級頂上決戦ジョシュアVSクリチコ、9万人を集めゴングへ【角海老-ボクシングコラム】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:10931
  • 累計のページビュー:457676

(05月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①
  2. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜①
  3. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜②
  4. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  5. 【世界評価】村田諒太vsアッサン・エンダム③
  6. 大迫、東京五輪を2時間2分02秒で走るってよ!
  7. 【カウントダウン】村田諒太vsアッサン・エンダム①
  8. 【オッズと予想】村田諒太vsアッサン・エンダム④
  9. ロマゴン陥落で考える〜パウンドフォーパウンドとは何か?テディ・アトラスの抗弁〜
  10. マラソン日本は復活するか?〜血と生いたちと環境〜①

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss