フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

ジョシュア対クリチコ 早起きして良かった!

このエントリーをはてなブックマークに追加

久しぶりにスリル満点のメガファイトを堪能させていただきました。

両者ともに慎重にスタートする…私の予想は見事に外れました。1ラウンドからクリチコが仕掛けます。ジョシュアは動きが硬い。経験の差は試合が動いてから出る、と決まってるわけじゃない、そのことを偉大なウクライナ人に改めて思い知らされました。

クリチコにとってジョーカーとなると見ていたジョシュアのスピードも、41歳のウクライナ人は巧妙に捌いていました。流石です。

5ラウンドは今年一番の3分間でした。ジョシュアが強引な攻撃でダウンを奪うも、立ち上がったクリチコが冷静に反撃。今度は27歳の王者が劣勢に。フランク・ブルーノを連想させる急ブレーキがかかったかのような失速、ロープに巨体をあずけるジョシュアのうつろな表情からは、全てのカードを出し切ったようにも見えました。

6ラウンド、クリチコが奪ったダウンは痛烈でした。ワンツーからの右がクリーンヒット。この時は大番狂わせを確信しましたが…。

しかし。ジョシュアはやはり、ブルーノではありませんでした。慎重に回復のラウンドを消化します。クリチコはイニシアティブを握ってる実感があったでしょう、それは確かに事実ではありましたが、ジョシュアはどっこい死んでいませんでした。

11ラウンド、ペースを掌握したと思い込んだクリチコに一瞬の油断があったのか。ゴングと同時にラッシュしたジョシュアの攻撃をまともに受けてしまいます。いつものジョシュアと違い、最後まで雑で強引な攻撃でしたが、深いダメージを負った老ライオンを沈めるのには十分なパンチをまとめます。2度目のダウンを追加して、それでも立ち上がったクリチコに一気呵成に襲いかかってゲームオーバー。

11ラウンドを「チャンピオンシップラウンド」と呼ぶのは、最終12ラウンドは両者が死力を尽くすため差がつきにくいことから、微妙な判定勝負にもつれ込むケースでは最も重要な3分間となるからです。しかし、この夜(日本では早朝でしたが)、27歳の逞しいロンドンっ子は11ラウンドを決着のラウンドと覚悟を決めてコーナーを飛び出しました。素晴らしい!

【クリチコの出来は最高でしたが、ジョシュアは大ピンチをよく凌いで〝逆転勝ち〟。2度目のダウンで止めるべきだと思いましたが、クリチコの目が生きていたのでしょう。】

10ラウンドまでのスコアは二人のジャッジが96-93、95-93でジョシュア、もう一人が95-93でクリチコ。ジョシュアは残り2ラウンドを取られても引き分け防衛していたことになりますが、KOで決着をつけた意味は大きいですね。

名門キエフ大学で博士号を取得、ウクライナ、ドイツ、ロシア、英語を完璧に操る鉄拳博士の去就はわかりませんが、試合後のインタビューでは再戦条項があることも匂わせていました。しかし、もう十分でしょう。

「この試合はジョシュアにとって早過ぎたのか、それともクリチコにとって遅すぎたのか」。正解はどちらでもありませんでした。ボクシングファンにとって幸せなことに、早すぎることもなく、遅すぎることもなく、最高のタイミングで激突したのです。

【“analyze what the heck happened.”(何が起きてしまったのかをしっかり分析したい)…偉大なウクライナ人の口から「引退」の言葉は出ませんでした。それが、悔しさが生々しい試合直後だからなのか、それとも引退する気はさらさらないのか…その答えを私たちが知るにはもううしばらく時間がかかりそうです。】

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ビッグファイト/メガファイト
英国ボクシング沸騰
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「ジョシュア対クリチコ 早起きして良かった!」へのコメント

素晴らしい試合過ぎて世代交代はまだしなくてもいいなと思いましたw

こんな記事も読みたい

運命の決戦〜カネロとチャベス〜①【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ヘビー級頂上決戦ジョシュアVSクリチコ、9万人を集めゴングへ【角海老-ボクシングコラム】

Dr. Steelhammer(鉄拳博士)にチャンスはあるのか?【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:10931
  • 累計のページビュー:457676

(05月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①
  2. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜①
  3. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜②
  4. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  5. 【世界評価】村田諒太vsアッサン・エンダム③
  6. 大迫、東京五輪を2時間2分02秒で走るってよ!
  7. 【カウントダウン】村田諒太vsアッサン・エンダム①
  8. 【オッズと予想】村田諒太vsアッサン・エンダム④
  9. ロマゴン陥落で考える〜パウンドフォーパウンドとは何か?テディ・アトラスの抗弁〜
  10. マラソン日本は復活するか?〜血と生いたちと環境〜①

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss