フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

運命の決戦〜カネロとチャベス〜①

このエントリーをはてなブックマークに追加

メガファイトが立て続きます。

今度はカネロ・アルバレス対フリオ・セサール・チャベスJr.。舞台はラスベガスの新たな聖地、T-モバイルアリーナ。

164.5ポンドのキャッチウエイトで行われる12回戦で、タイトルこそかかっていませんが、二人は目に見えない大きなものを賭けて戦います。

アルバレスが勝てば、すでに水面下で進んでいる9月予定の待望のゲンナディ・ゴロフキンとの一戦の詰めの交渉が開始されます。そして、チャベスが番狂わせを起こせばエンスト状態で地に落ちた評価をひっくり返すことが出来ます。

この二人はの対決は、絶対に避けることの出来ないまさしく運命の激突でした。

本物のボクシング大国メキシコでは近隣階級に人気選手を二人抱えるようなことは、絶対に許しません。歴史的にも「どちらが強いのか」を必ず決めてきました。今の日本では山中慎介、井上尚弥、井岡一翔が近隣階級で人気を集めていますが、陣営はもちろん、なぜかファンも彼らの激突を希求しません。最も盛り上がるカードであることは誰もが分かっていても「日本人の世界王者が星を潰し合うことはない」という心理が働いているのでしょう。もちろん、負けた方はその輝きを一気に失いますが、勝った方は相手の輝きまで根こそぎ奪ってさらに大きな星になれるのです。

【A NATURAL RIVARY〜 CANERO ALVAREZ AND JULIO CESAR CHAVEZ JR. WERE DESTINED TO FIGHT ONE ANOTHER FROM THE BEGINNING〜 リング誌5月号】

さて、カネロとチャベスです。カネロが最初にチャベス戦を公言したのは2009年8月、今から8年も前の夏のことです。WBCウエルター級のユース王座決定戦でマラト・クゼエフを2ラウンドKOで屠った勝利インタビューでした。熱狂的なファンが詰めかけた超満員のリングで、前月に18歳になったばかりの少年は、メキシコ最大のスーパースターの血を受け継ぐチャベスJr.との対戦を強烈にアピールしたのです。

「チャベスと戦う準備は出来た。チャベスの階級(当時154ポンド=ジュニアミドル級)でやってやる。私より強いという人もいるようだから彼をテストしてやるよ」。

二人の立場は、いつでも非常によく似たものでした。ボクシング熱が最も高い国で、狂信的なファンを持つスーパースター候補である一方で「カネロは温室栽培のアイドル」、「ジュニアは過保護な親の七光り」という批判も常に付いて回っていました。そして二人ともに「もし勝っていたら世界中のボクシングファンが認める」という大試合(ジュニアはセルヒオ・マルチネス、カネロはフロイド・メイウエザー戦)を落としてしまいます。

また、時期は微妙にずれるものの、ゲンナディ・ゴロフキンとの対戦交渉を進めながら頓挫、二人ともファンからは「ゴロフキンから逃げた」と非難されました。

ゴロフキンとの交渉がもつれる以外はカネロはスーパースターの道を驀進します。マルチネスに勝ったミゲール・コットとの人気スター対決を制して2階級制覇。この時奪ったWBCのベルトは返上しましたが、今なおリング誌公認の世界ミドル級王者です。「カネロ級(155ポンドのキャッチウエイト)」と揶揄されながら、一度もミドル級の正規リミットで戦うことなく、ベスト体重と思われるジュニアミドルに戻りましたが、この階級では強豪をことごとくうち破り、マネー引退の今、文句無しの最強です。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ビッグファイト/メガファイト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

運命の決戦〜カネロとチャベス〜①

四度目さま。
お読みいただきありがとうございます。
確かに契約体重を守るのかどうかは話題の一つですね。
ジュニアは打たれ強さだけは本物ですから、
体格での優位性にダメ押ししたら面白い展開になると思います。

運命の決戦〜カネロとチャベス〜

チャベスが契約体重を守ろうとすればするほどコンディションが悪くなってカネロが勝ちに近づく戦いですね。超大金を払って計量を無視すればいい勝負になりそうです

こんな記事も読みたい

ヘビー級頂上決戦ジョシュアVSクリチコ、9万人を集めゴングへ【角海老-ボクシングコラム】

Dr. Steelhammer(鉄拳博士)にチャンスはあるのか?【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

観戦記1300 WBOバンタム級王座戦 マーロン・タパレスvs大森将平【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:10293
  • 累計のページビュー:1018623

(08月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  5. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  6. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①
  7. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  8. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  9. それでも、山中慎介の13連続防衛には、確かな意味があるのです。
  10. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜①

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss