フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

Dr. Steelhammer(鉄拳博士)にチャンスはあるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

計量からものすごい盛り上がりでした。PC画面からでもジョシュア勝利に期待する7000人の熱狂が伝わってきました。

二人とも素晴らしい仕上がりです。

チャンピオンのアンソニー・ジョシュアが250.1ポンド(113.4kg)、挑戦者のウラジミール・クリチコが240.6 (109.1kg)。体重管理がだらしない選手も目に付くヘビー級の中でもこの二人はいつも完璧に仕上げてきます。 【両者ともExcellent Shape!特にいつでもきっちり体を作ってくるクリチコは流石です】

リング誌が専門家30人に聞いた予想では、なんと29人がジョシュアを支持、クリチコ勝利を予想したのはメインイベンツ社でマッチメイカーをつとめるジョリーン・ミゾーネ、ただ一人です。彼は「クリチコの後半KO勝ち」を予想。

それにしても、2−1のオッズ以上にジョシュアに大きく傾いていますね。

そのミゾーネも「今やジョシュアがまだ試されていないと言うのは私だけかもしれないが、もしクリチコに勝つようなら彼を認めざるをえない」と、自分の考えが少数派であることを認めています。

ところが、もう一人、クリチコ勝利を予想する少数派がいました。ESPNのダン・ラファエルです。ダンラファは、ミゾーネよりも早い中盤でクリチコがKOすると予想しています。

クリチコにアドバンテージがあるとしたら、やはり大きな経験差です。ジョシュアがプロで戦ってきた18人の中でクリチコレベルのボクサーは一人もいないばかりが、その18人とは次元が違うと言っても差し支えないでしょう。ジョシュアは今まで体験したことのない巨大なパワーと狡猾で卓越したテクニックを自由自在に操るリングマスターと相対することになるのです。

さらに、ジョシュアは7ラウンドまでしか戦ったことがありません。8ラウンド以降は未知のラウンドです。12ラウンドに渡って絶えることのない怒涛の攻撃を持続できるファイターは稀有です。クリチコが大きなダメージを負うことなく前半戦を凌げば、ジョシュアの手の内を把握した中盤から後半にチャンスが訪れるでしょう。しかも、そこでAJが失速するようなら、一気に試合が決着しても不思議はありません。

もう一つは、おそらくジョシュアは打たれ弱いということ。世界前哨戦となった2015年のディリアン・ホワイトとの一戦で、一瞬棒立ちに追い込まれました。ウクライナ人の破壊力は、左右共にホワイトの比ではありません。

もちろん、4つの敗北の内、3つまでがKO負けのクリチコの顎のモロさはすでに証明書付きです。顎を叩かれれば終わるのは、クリチコもまた同じなのです。

【幼少時代から飛び抜けた運動能力で周囲を驚かせてきたAJが人生最大の大勝負を迎えます。】

確かにクリチコが勝てば、無責任なメディアは「やっぱりジョシュアには早過ぎた」「全戦全勝全KOだったのは弱い相手ばかりと戦ってきたから」「21世紀のフランク・ブルーノ」と手の平を返すでしょう。

クリチコが勝てばアリやフォアマン、他の階級ではデュランのように偉大な返り咲きで歴史に大きな足跡を残すことになります。それもまた非常にドラマティックではありますが、やはり今のヘビー級、ボクシング全体の状況を見ると、若い才能が未来の扉を開ける時なのです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ビッグファイト/メガファイト
世界ヘビー級
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

観戦記1300 WBOバンタム級王座戦 マーロン・タパレスvs大森将平【人生マイペンライ】

【プロレス】BULLETCLUB、ファレ、そして福岡【西の落伍家】

何としても成功させたい村田諒太式強化法【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:1155
  • 累計のページビュー:584388

(06月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ミゲール・コットとは何者か?
  2. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①
  3. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜①
  4. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜②
  5. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  6. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  7. 【世界評価】村田諒太vsアッサン・エンダム③
  8. 大迫、東京五輪を2時間2分02秒で走るってよ!
  9. 【カウントダウン】村田諒太vsアッサン・エンダム①
  10. ロマゴン陥落で考える〜パウンドフォーパウンドとは何か?テディ・アトラスの抗弁〜

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss