フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

英国ボクシング沸騰!今や本場は英国なのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

4月29日ウエンブリースタジアム、IBF世界ヘビー級タイトルマッチ。アンソニー・ジョシュア(英国)対ウラジミール・クリチコ(ウクライナ)。いよいよその日が迫ってきました。

IBFの赤いベルトに加えて、タイソン・ヒューリーが空け渡したWBAの黒いベルトも、この試合でステイクされます。

18戦全勝全KOのジョシュアが、21世紀を支配し続けてきたクリチコに引導を渡すのか。その先にはデオンティ・ワイルダー(米国)とのヘビー級最強決定戦も見えています。

今回は実際の試合だけでなく、ボクシング興行の中心が米国から英国に移譲されるかもしれないという意味でも注目されています。

将来、歴史を振り返ったとき、このイベントがまさにそのターニングポイントにになっているかもしれないというのです。

遥か遠い昔、昔。19世紀のボクシングは英国が本場でした。その覇権が100年以上の時を経て母国に戻る…長らく米国と日本、メキシコが大きな興行が打てるボクシング3大国でしたが、ここ数年で英国が日本を上回る市場に急成長、それどころか「今や2番目ではない」、つまりアメリカも抜いたと見る専門家まで現れています。

確かに軽量級からヘビー級まで満遍なく世界王者、スター選手をちりばめていること、人気サッカークラブの重要な試合かと思うような熱気溢れる観客席を見ると、すでにこの国がボクシングの中心なのかもしれません。

【英国沸騰ー英国はもはや2番目のボクシング大国ではない リング誌2017年5月号より】

ジョシュア対クリチコ戦も巨大サッカースタジアムに用意された9万席の前売り券があっという間に完売。確かに今のアメリカではこんな規模の興行は打てません。超大興行で拳を交える二人が米国人でもメキシコ人でもプエルトリコ人でもないことに多少の違和感はありますが、今やこれが現実なのです。試合はアメリカでもSHOWTIMEが生中継するものの、視聴者の少ない夕方から寂しく放送されることになります。

ボクシングに限らずアメリカが主導権を握るビッグスポーツが海外で開催される場合、アメリカのゴールデンタイムに合わせるのが常ですが、今回は違うんです。

イニシアティブは米国ではなく英国、興行はマッチルームスポーツとクリチコ・マネジメント・グループが仕切り、トップランクもゴールデンボーイプロモーションも出る幕はありません。

SHOWTIMEに加えて、ライバルのHBOも当日夜に録画放送するので、レノックス・ルイス対マイク・タイソン(2002年)、フロイド・メイウエザー対マニー・パッキャオ(2015年)に続く史上3番目の〝事件〟ですが、ジョシュアもクリチコも米国での人気は低く、しかもゴールデン生放送でないためPPVには乗りません。一方、英国ではスカイ・ボックス・オフィスがPPVを販売します。アメリカにとっては、過去の2つの大戦とは色彩も温度も全く違うイベントになってしまうのです。

ジョシュアがクリチコを鮮烈に沈めるようなことがあれば、ヘビー級を頂点に軽量級までスター選手をフルラインで揃える英国の覇権は決定的になるでしょう。

期待されるワイルダーとの決戦も、ラスベガスやニューヨークの豊富な資金を持つ会場ですら英国の勢いには太刀打ちできない可能性もあります。

ミドル級の村田諒太も当初のターゲットは英国のビリー・ジョー・サンダースでした。しかし、電通とフジテレビがタッグを組んで準備したジャパンマネーを持ってしてもこの試合を日本のリングに引っ張り込むことが出来ませんでした。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

チャンカン初日行ってきました【プロレスファンタジスタン】

久保隼「世界王者をゴールにしてはいけない」【黒髪のかねろの整理場所】

観戦記1295 UFC207 バンタム級王座戦 ドミニク・クルーズvsコーディー・ガーブラント【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

アスリートの美しい躍動に歓喜の拍手をおくりながら、今再びの東京オリンピックを迎え撃ちます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:244207

(04月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①
  2. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜①
  3. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜②
  4. 大迫、東京五輪を2時間2分02秒で走るってよ!
  5. マラソン日本は復活するか?〜血と生いたちと環境〜①
  6. ロマゴン陥落で考える〜パウンドフォーパウンドとは何か?テディ・アトラスの抗弁〜
  7. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜③
  8. 世界ウエルター級王座統一戦
  9. 英国ボクシング沸騰!今や本場は英国なのか?
  10. マジソン・スクエア・ガーデンへの道〜村田諒太、ミドル級王者へ〜②

月別アーカイブ

2017
04
03
02
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss