フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

絶対的な真実=PFPは妄想

このエントリーをはてなブックマークに追加

パウンドフォーパウンド。

階級制のボクシング競技で「階級を無視して一番優れたボクサーは誰か」という、妄想ランキングです。

著名な歴史家や解説者、ESPNや英国BBCの見解ですら妄想です。

PFPはアメリカで最もボクシングのステイタスが高かった1950年代、とはいえその注目度がヘビー級に偏重していた時代に、 ボクシングの歴史を革新する技術を披露した偉大なシュガー・レイ・ロビンソンこそが「歴史・階級を超えて最高のボクサー」とする「脳内の評価基準」です。

それは「ロビンソンありき」の物差しですから、特に米国メディアでは非常に保守的です。

ところが、保守的なメディアもいい加減です、保守的だから実はいい加減なんでしょうけど。

まずロビンソン1位が起点、大前提。それは、わかります、譲ります。譲るしかありません。私たちにとっての長嶋茂雄や王貞治なのでしょうから。良い意味での不可触領域です。

ロビンソンに続く2位以下のランキングでは、8階級時代(Jrウエルター級などありましたが無視していい存在)に3階級制覇したヘンリー・アームストロング、誰が考えても1位で文句無いアリがいますが、私がこのスポーツにのめり込んだきっかけになったロベルト・デュランがリング誌の歴代評価に食い込んでいることを知った時は歓喜しました。

私は当時、中学生。超ど田舎の学校図書室なのに、何とリング誌が毎月届けられていました。

美しい写真が満載で、ラウンドガールのページには水着姿の金髪美女が並んでいるのに、ボクシングの専門誌という先入観からか、誰も興味がなかったのか、いつも新品の外国雑誌の独特のインクと紙の匂いを嗅ぐ快感にありつけました。

貧弱で幼稚な英語力で立ち向かったリング誌から立ち上ったのは、レナード、ハグラー、ハーンズ、デュランという、超の付くスーパースターが惜しみなく総当たりの激突を見せてくる一大オペラでした。

実際の試合から1ヶ月以上遅れた記事を読んでたわけで、しかも太平洋を越えたスポーツの試合。時間も距離も、すごいラグがあるのに、老舗のボクシング雑誌から立ち上る凄まじい熱気に、小さな図書室で毎月立ちくらみしていました。

この偉大な4人が激闘がラウンドロビン(総当たりの激闘)を繰り広げた結果、その序列の筆頭は、事実上最強のハグラーでもなく、瞬間最大風速で最強のハーンズでもなく、最も華やかなレナードでもありませんでした。

デュランなんです。4人の中で最も下のライト級王者から無敗のレナードを破ってウエルター級王者をもぎ取ったのが、この史上最高の総当たりで勝った唯一の白星。それでもデュランが一番と言われ、ファンも異論はなかったんですが。 【もう60歳】

ところが、昨年、アリが天国に召されてから「アリ亡き今、生きてるボクサーで誰が最高か」というPFPをリング誌が企画「よくよく考えたらレナードだよね」という結果になってしまいました。デュランは2位降格。

えーー?あの総当たり戦の結果だけで裁定したら、そりゃレナードだけど、だったらこの30年間は何だったの?って話です。

でもPFPってそういうものです。真剣に考えたらダメなんです。権威ぶってるリング誌でも笑っちゃうくらいにグラグラですから。

真実が証明されるのはリングの上だけです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

PFPはミステリー【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

【大相撲】春場所、中日を終えて【西の落伍家】

ロマゴン陥落で考える〜パウンドフォーパウンドとは何か?テディ・アトラスの抗弁〜【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:412037

(05月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①
  2. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜①
  3. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜②
  4. 大迫、東京五輪を2時間2分02秒で走るってよ!
  5. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  6. 【世界評価】村田諒太vsアッサン・エンダム③
  7. 【カウントダウン】村田諒太vsアッサン・エンダム①
  8. 【オッズと予想】村田諒太vsアッサン・エンダム④
  9. ロマゴン陥落で考える〜パウンドフォーパウンドとは何か?テディ・アトラスの抗弁〜
  10. マラソン日本は復活するか?〜血と生いたちと環境〜①

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss