フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

サーマンかガルシアか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、ニューヨーク3月4日、日本では3月5日に迫ったサーマン対ガルシア。両者の戦力比較を「数字」に絞って見ていきましょう。

まずは、年齢。これは二人とも奇しくも28歳で同じです。ボクサーとしてはいい年齢ですね。これからがプライムタイムです。

次に「プロでの戦績」。サーマンが27勝無敗22KO。ガルシアも33勝無敗19KO。ウエルター級の強豪が無敗で世界戦のリングに上がることは何度かありましたが、これが「統一戦」となると歴史上でも過去2度しかありません。1985年のドナルド・カリー対ミルトン・マクローリー、1999年のフェリックス・トリニダード対オスカー・デラホーヤに続く、史上3度目の決戦です。過去2度しかなかったというと希少価値がありそうですが、80年代中盤から増殖を続けた承認団体の乱立がもたらした、仇花と言っても良いでしょう。しかし悲しいかな、毒を食らわば皿までの精神で、仇花でも楽しく酔って花見できちゃうのが病的なボクシングヲタクの性分なのです。統一戦ではなかったものの、ウィルフレド・ベニテス対シュガー・レイ・レナードも無敗対決でしたが、あれは正真正銘、仇花などではなかったですね。

「アマチュア時代の戦績」を振り返るとサーマンが101勝16敗、ガルシアが約120戦をこなしていますが、二人とも五輪や世界選手権といったビッグタイトルとは無縁でした。アマ時代の主戦場は、サーマンがウエルター、ガルシアがライトと、やはりサーマンが上の階級で戦っていました。ちなみにプロのウエルターは約66キロ、ライトは約61キロと5キロ差ですが、アマはウエルター69キロでライト60キロでその差9キロとかなりの開きがあります。プロでの階級差に加えて、こうしたアマ時代の背景も「サーマンが体格で上回る」という見方に偏る大きな理由になっています。

次は、プロでの「世界王者経験者との対戦」ですが、こちらはガルシアが11度で、サーマンの8度を上回ります。その相手もガルシアがメキシコの伝説、エリック・モラレスを2度撃破している他にも、圧倒的スピードを誇るアミール・カーンや、パワーパンチャーのルーカス・マティセといった一芸に秀でたスター選手も蹴散らしてきました。ピークは過ぎたとはいえ、あのザブ・ジュダーも打ちのめしました。一方のサーマンはショーン・ポーターとの激戦を僅差の判定で制したのが最大の勝利でしょう。

そして、前回もふれましたが、リング誌の2016年のパウンド・フォー・パウンドではガルシア16位で、サーマン17位。

数字的には「体格のサーマン」「実績のガルシア」ですが、階級制のボクシングでは古くから「優秀なライトヘビー級は凡庸なヘビー級に駆逐される」と言われるように、今回もサーマンが有利と見られているようですが、果たして?



   レナードも昨年、還暦を迎えました

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

世界ウエルター級王座統一戦【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

お客さんを呼べないのに、口だけは達者なプロレスラー、総合格闘家は、お客さんを呼べるような選手になってからビッグマウスになれ【極上の“T-1二見激情”見参】

ボクシング 夢の対決 2017<ウェルター級:2>【運動科楽からスポーツ再考!!】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:412037

(05月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①
  2. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜①
  3. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜②
  4. 大迫、東京五輪を2時間2分02秒で走るってよ!
  5. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  6. 【世界評価】村田諒太vsアッサン・エンダム③
  7. 【カウントダウン】村田諒太vsアッサン・エンダム①
  8. 【オッズと予想】村田諒太vsアッサン・エンダム④
  9. ロマゴン陥落で考える〜パウンドフォーパウンドとは何か?テディ・アトラスの抗弁〜
  10. マラソン日本は復活するか?〜血と生いたちと環境〜①

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss