フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

ロマゴン陥落で考える〜パウンドフォーパウンドとは何か?テディ・アトラスの抗弁〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

マジソンスクエアガーデンで行われたダブル世界戦。リング誌、ESPNが共に認めるパウンドフォーパウンド(PFP)1位のローマン・ゴンザレスがまさかの敗北。さらに無敵の快進撃を続けるリング誌4位、 ESPN2位のゲンナディ・ゴロフキン(GGG)が連続KOの世界記録更新を阻まれる小差判定勝ちと、大方の予想を裏切る結果となりました。

この結果を受けてPFPランキングに変動があるでしょう。まず、ロマゴンの1位陥落は確実です。リング誌では「あと1試合でグローブを吊るす」と引退を示唆している2位アンドレ・ウォードが1位に繰り上がりになるのでしょうが、キャリアを終えることを考えている選手が1位というのはどうもしっくりしません。ESPNの2位はGGGですからこちらも繰り上げになりそうですが、スカッとしたPFP1位ではないですね。

そもそもPFPには「これが正解」なんてものが存在しない脳内ランキングです。PFPの定義も「階級を無視して誰が一番強いか」という漠然としたものくらいしかなく、その定義も「現実のリングでロマゴンと接戦を演じたカルロス・クアドラスはPFP10位にも入らないのはなぜ?」と聞かれて、納得できる答えを用意するのは難しいですし「今日、ロマゴンに勝ったシーサケット・ソールンビサイと GGGも手を焼いたジェイコブスはPFP10以内には入るよね」と言われても困ってしまいます。

もし、今日勝ったのが井上尚弥(リング誌10位/ESPN12位タイ:マイキー・ガルシアと同点)なら3〜6位あたりにジャンプアップするかもしれません。ノーマークの選手による大番狂わせはカウントされないんですね、脳内ランキングなのに、変に保守的なんです。と言うか、脳内ランキングだから保守的なのか。現実の試合こそが、脳内を凌駕してラディカルですもんね。 【ジョー小泉氏も触れていた「ロマゴン敗北」を予見したリング誌の記事】

リング誌のランキングは「会議制」、つまり専門家の意見をまとめて編集部が作成するのですが、ESPNは約10人のパネラーによる投票制です。リング誌のランキングの根拠は恣意的なものですが、ESPNは1位票を10点〜10位票を1点で採点するものです。※リング誌も年間PFPはポイント制です。

わかりやすいのでESPNのランキング(2月2日付)を見てみると1位から10位はロマゴン94点、ゴロフキン77点、ウォード73点、セルゲイ・コバレフ68点、ワシル・ロマチェンコ53点、テレンス・クロフォード52点、マニー・パッキャオ46点、カネロ・アルバレス38点、ギレルモ・リゴンドー14点、キース・サーマン13点となっています。11位からはレオ・サンタクルーズ6点、井上とガルシアが5点、オスカー・バルデスとデオンティ・ワイルダーが2点、ティモシー・ブラッドリーとエロール・スペンスJr、カール・フランプトンが1点。これが全票得点の振り分けです。

最も重要な1位票はさすがにブレは少なくロマゴンが8票、ウォード1票、ロマチェンコ1票。総合2位、77点のゴロフキンには1位票は投じられませんしたが、10人中8人が2位、9人目も5位に推して、この時点ですでに77点なんです。

そうです。10人のパネラーの中でただ一人だけゴロフキンにトップ5票を投じなかったばかりか、1点(10位票)すら与えなかったパネラーがいるんです。

テディ・アトラスです。

カス・ダマトの元でマイク・タイソンのトレーナーを務め、最近ではブラッドリーをコーチ、解説者としても人気の高いアトラスの評価は1位からロマチェンコ、クロフォード、ウォード、サーマン、コバレフ、ゴンザレス、リゴンドー、アルバレス、パッキャオ、スペンスJrの順です。上位3人を見ただけでアトラスの好みがはっきりわかりますね。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ロマゴン陥落で考える〜パウンドフォーパウンドとは何か?テディ・アトラスの抗弁〜

> ゲンナディ・ゴロフキン(GGG)が連続KOの世界記録更新を阻まれる小差判定負け

とありますが、「判定勝ち」ではないでしょうか。

ロマゴン陥落で考える〜パウンドフォーパウンドとは何か?テディ・アトラスの抗弁〜

PFPはファンが識者(専門誌)を巻き込んだ“ifから始まる妄想的お遊び”が発端だと認識していますので、権威や意義を与えようとすればするほど可笑しなことになるだけではないでしょうか。もっとシンプルに「この選手とこの選手が闘ったらどうなるだろう?」というストーリーテリングが望ましいですね。

ロマゴン陥落で考える〜パウンドフォーパウンドとは何か?テディ・アトラスの抗弁〜

的確なご指摘、ありがとうございました。

ロマゴン陥落で考える〜パウンドフォーパウンドとは何か?テディ・アトラスの抗弁〜

リングマガジンのHPから↓

http://www.ringtv.com/ratings/

PFPだと、1位ロマゴン、10位井上尚弥
階級別(ジュニアバンタム)だと、1位井上尚弥、2位ロマゴン

??

意味不明ですね。

察するに、ロマゴンがPFP1位になったのはフライ級時代。
それならPFP1位だけど、上のクラスではRFP1位として認められていない、
って感じなんですかね。

こんな記事も読みたい

大番狂わせのドミノ〜大揺れのMSGと当日計量の重要性〜【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ロマゴン敗れ、ゴロフキンKO勝ちならず;夢はまだ続く【運動科楽からスポーツ再考!!】

何故若手力士は、四つ相撲を取らないのか。後編【幕下相撲の知られざる世界】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:996303

(08月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  5. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①
  6. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  7. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  8. それでも、山中慎介の13連続防衛には、確かな意味があるのです。
  9. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜①
  10. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜②

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss