フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

ハロー グッバイ

このエントリーをはてなブックマークに追加

亀田興毅の現役復帰と、井岡一翔の引退。

どちらも電撃的と言える発表でした。

亀田興毅は、日本ボクシング史上…いいえ、もしかしたら日本スポーツ史上最大のアンチヒーローでした。

日本中からバッシングを受けたアンチヒーローには江川卓や桑田真澄が挙げられますが、マウンドで日本屈指のパフォーマンスを堂々と見せることでアンチを歯ぎしりさせた二人の投手と亀田は違います。リングの中でも不祥事を繰り返したばかりか、ボクサーとしての実力までが疑問視されたという点で、亀田は異質のアンチヒーローでした。

穴王者を狙う。怪しい実力のボクサーと空位の王座を争う。しかし、世間から糾弾された亀田の常套手段は、日本の常識でした。リング内外の幼稚な行為と、それを過剰に取り上げるより暗愚なメディアによって、彼らの好感度は地に堕ちました。

それでも、彼らが命がけで戦い続けたこと、彼らの意思でマッチメイクが決定されていたわけがないことは、明らかです。男手一つで自分たちを育ててくれた、尊敬する父親を喜ばせてあげたい、父親に恩返ししたい、その一心だったのでしょう。

ファン・ランダエタに勝利して世界王者になったリングでは、彼らの元を去った母親に「産んでくれてありがとう」と泣きました。もしかしたら、世界王者になれば母親が戻ってきてくれて、また家族が一つになれると思っていたのかもしれません。

しかし、歓喜にあふれるはずの世界王座獲得は、彼らには一片の責任もない奇妙な判定によって、日本中から激しい悪意を伴った批判の集中砲火を浴びてしまいます。本当に非難すべきは、スコアしたジャッジや、そのジャッジを選んだWBA、さらにはプロボクシング界全体が抱える病巣であるはずなのに。

亀田興毅は、カムバックを決めた理由を聞かれて「やり残した試合がある」と語りました。具体的には誰との試合かは明言していませんが、引退を決意した河野公平戦に勝っていれば具体的な交渉がスタートするはずだったローマン・ゴンザレスが、復帰を決めたその相手だと言われています。

しかし、9ヶ月前までは軽量級で史上初めてPFP1位に登り詰めた偉大なニカラグア人のボクサー時計は「引退はしないかもしれないが、少なくともエリートファイターとしてのキャリアは終わった」(リング誌)という、完全な黄昏時です。

もし、彼が言う「やり残したこと」が、江川や桑田がやってのけたような、世間を見返すパフォーマンスであるとしたら、父親が教えてくれたボクシングが正しい事を文句無しに証明するためだとしたら、その相手は一人しかいないはずです。もちろん、ロマゴンではありません。元世界バンタム級王者が、その階級に上がってくるモンスターの前に、圧倒的不利予想の中、立ち塞がるとしたら、初めて彼を応援することになりそうです。

「勝てるわけが無い」「殺されたいのか」「気でも狂ったのか」…相変わらず罵詈雑言を浴びるでしょうが、今までとは違って、応援の声も混じるでしょう。

アンチヒーロー亀田と対極に置かれていたのが、井岡一翔でした。

全盛期、フライ級のローマン・ゴンザレスとの激突はリング誌やESPNでも特集されるドリームマッチでした。表層しか見えないファンは「井岡は亀田化」したと侮蔑するようになりますが、文句無しのスターになったロマゴンを、Bサイドとして日本に呼ぶことは至難の技です。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ハロー グッバイ

お読みいただきありがとうございます。

お返事遅れてすみません!

引っ越しました⬇︎

http://fushiananome.blog.jp

お時間あれば、ご鞭撻下さいませ。

「ハロー グッバイ 」へのコメント

おはようございます
いつも楽しみにみさせてもらってます

スポナビが閉鎖後はどこかで投稿の
予定はあるでしょうか?

こんな記事も読みたい

【最終回】「幕下相撲の知られざる世界」を移転します。【幕下相撲の知られざる世界】

観戦記1380 Krush.80 53kg級王者決定戦 軍司泰人vs隆聖【人生マイペンライ】

田口良一、念願の2団体統一成功【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:908
  • 累計のページビュー:1611295

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  5. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  6. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss