フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

見たか、GGG!カネロ! これが村田諒太だ!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

【リング誌電子版】2012年五輪金メダリストが、初戦の奇妙な判定負けの復讐を果たした。今回の村田には、ジャッジは必要なかった。

【ESPN】初戦は村田がエンダムを何度もカンバスに送り込んだにもかかわらず、判定はエンダムだった。しかし、再戦ではエンダムには村田は強すぎた。

【ロイター】T議論を呼ぶスプリットデジションで敗北してから5ヶ月、31歳の日本人は判定など不要だと証明して見せた。

【フランス通信社でも「重たいパンチを何度も叩き込まれたフランス人王者は8ラウンド開始のゴングに答えることが出来なかった。2012年の五輪王者が、初戦の不可解な判定を払拭する明白なパフォーマンスを見せた」と完敗を認めています。】

タフなアッサン・エンダムがキャリア初のストップ負け。村田諒太の右はもちろん、左のジャブ、フックも効果的でした。村田のボディは、アマチュア世界一でしたが、プロでも大きな武器になることもあらためて証明されました。

普段は10kg近くリバウンドするエンダムですが、今回は5kg増の77kgでリングに上がりました。村田のプレッシャーと強打をスピードでかわす狙いだったのでしょうが、スタートから弱々しく、距離を潰すクリンチも中途半端でした。

エンダムは本調子でなかったのか、衰えが進んだのか、それとも村田の攻撃力に気圧されてしまったのか、いつもの野生が感じられませんでした。

それでも、ピーター・クイリンとデビッド・レミューの強打にも怯まず、諦めず、驚異の猛反撃を見せた不屈のライオンを圧倒し、力でネジ伏せたことは世界に向けて大きなアピールになったはずです。

初防衛戦は、ロンドン五輪決勝で退けたエスキバ・ファルカオになりそうです。対戦相手の質は相当低いとはいえ、18戦全勝12KO、さすが五輪銀メダリスト、綺麗に星を並べています。

五輪の決勝、世界選手権の準決勝で共に村田が勝っていますが、アマエリートのブラジル人は、宿敵へのリベンジに燃えているでしょう。

カネロ・アルバレス、ゲンナディ・ゴロフキンとの頂上決戦までには、2試合は挟まなければ辿り着けない状況ですが、世界的にはけして強豪と呼べないファルカオは問題なく沈めて、さらにアピールして欲しいですね。

兎にも角にも、素晴らしいタイトルマッチでした。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
世界のミドル級
世界に挑む日本人
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

見たか、GGG!カネロ! これが村田諒太だ!!!

はじめまして
いつも、群を抜く知識量、ボクシングの本質を見抜いた洞察力、そして根底に流れる強いボクシング愛に、感動と尊敬の念を覚えながら拝見してます。
いやあ、ついにやりました。
試合前、僕はこう思ってました。
「ボクシングファンとしては、夢も夢だった桜井以来のゴールドメダリスト。しかもボクシング発祥の地、英国はロンドンのオリンピックで。
日本史上最高のアマボクサーが、こんな2流に二度と負けてはいけない。今回は完膚なきまで叩きのめして、世界中量級のトップ戦線ウォーズに乗り込め。君が勝ち負けを決する相手はエンダムなどでは無く、GGGやカネロ、そういったボクサー達であると、俺は強く信じている。」
でも、前回の試合を見直せば見直すほど、不安になってきました。中盤、死に体に見えながら結構なカウンターを打っている。今回、ファーストコンタクトをエンダムが取って、調子づかせたらヤバイ、等。
ですが、村田は最高の結果を出してくれました。
これで先につながりました。俺たちの夢は、まだ見続けられます。
俺にとって日本史上最大の勝利でした。
敬愛するtanutanさん、ようやく日本ボクシング界に訪れるであろう世界最注目の試合群、心済むまで、一緒に応援し続けましょう。
では

こんな記事も読みたい

村田諒太新チャンピオン!【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

台風の夜に、ビッグ・チャンピオン。【猫と観るスポーツ】

リアルジャパン 船木対スーパー・タイガーパンフ、大谷対船木パンフ、格闘写真館、神様ゴッチが見た全日本、T-1掲載Kamipro93【極上の“T-1二見激情”見参】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1544469

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  6. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss