フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

THE BIBLE OF BOXING The RING〜素晴らしい専門誌だけど今なおアジア軽視〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツ好きで、いろんな雑誌を定期購読していますが、その中で自宅に届けられるのが最も楽しみな一冊がリング誌です。

ボクシングの世界は、日本と米国が凋落一途ですが、米国は隣接するメキシコ、自治領プエルトリコがボクシング大国、歴史的・政治的につながりの深い英国でも空前の盛り上がりを見せており、その活況を皮膚感覚で伝えてくれるリング誌の記事は読み応え満点です。

2007年にゴールデンボーイプロモーション傘下になって(もう10年も経つのですね)、記事が偏向するという危惧もありましたが、その心配も杞憂なようです。

さらに、美しい全ページカラーというのもファンには嬉しいところです。福田直樹さんの素晴らしい写真も拝見できますし。

残念なのは、2年前から月間ではなく年9冊発行となり、総ページ数も98ページと薄くなってしまったことでしょうか。先週届いたのは、まさにその9冊目、今年最後の12月号でした。

それでも日本の「ボクシングマガジン」「ボクシングビート」と比べると、広告が圧倒的に少ないため、内容的には盛り沢山です。

価格的には、日本で年間購読するとなると$105、今は年9回発行ですから一冊あたりだと$11.66(¥1100)もしてしまいます。クリスマス期間などは年間購読で半額レベルに下がりますが、コストパフォーマンスでは自信を持ってお薦めできる雑誌ではなくなりました。

内容的にもアジア、日本の記事は突発的、思いつきで、そのボリュームも薄いです。

【デジタル版は¥480で手軽に購入できますが、クリスマス期間なら同じレベルの価格で雑誌が購読できます(デジタル版もサービスで付きます)。つい2年ほど前までは、年間12冊でもずっと安価な価格設定だったのですが。】

海外のメディアがリアルタイムでアジアのボクサーを見ることが出来るネット時代になって、ポンサクレック・ウォンジョンカムや山中慎介、井上尚弥がリング誌のPFPランキングにその名を連ねるようになったのは大歓迎ですが、さすがに自分の目で取材していない試合は大きく取り上げるわけにはいかず、アジアの強豪が自国で戦う姿をレポートする記事が大きく扱われることはありません。

日本人では、五輪金メダルという世界的に文句無しの実績を残している村田諒太の注目度が高いとはいえ、今回の「エンダム2」の扱いは、同じミドル級の中堅レベルのマッチアップ「ガブリエル・ロサドvsグレン・タピア」のノンタイトルにも大きく劣るのが現状です。

村田vsエンダム、中量級の本場、米国でやれば注目度は上がったでしょうが、興行的には日本開催の方がはるかにメリットがありますから、難しいところです。日本でベルトを獲ってから、本場に上陸という道筋は理にかなっています。

なにはともあれ、ミドル級です。

西岡利晃のように、軽量級にもかかわらず米国が本場だと無理やり西海岸で興行を打った残念な例とは、真逆のケースになります。

村田もまた、ある意味、無理やり、ミドル級の世界挑戦を2試合続けて、日本でやるわけです。まあ、こんなことは、2度とないでしょう。ミドル級の五輪金メダリストが、またこの国から輩出できるとしたら、それはまた別の話ですが。

日本の専門誌・メディアが、米国の試合を大きく取り上げているのは、中量級やヘビー級のメガファイトが桁外れに興行規模がデカいから仕方ない側面もあるのですが…。それでも、なんだか、片思い的で悔しいですね。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング界はいつだって魑魅魍魎
世界に挑む日本人
ボクシングメディア
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「THE BIBLE OF BOXING The RING〜素晴らしい専門誌だけど今なおアジア軽視〜」へのコメント

素直に村田を、応援しよう
ここで西岡ディスっても何も意味ない
長谷川を下したジョニーゴンザレスをワンパンKO
最盛期のノニト・ドネアと拳を交えた稀有なファイター
長谷川とともに兵庫の誇りです

こんな記事も読みたい

フジテレビの存在価値とは?【猫と観るスポーツ】

オッズはさらに開いて5−1で村田の勝利!【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ベストバウト'2017【プロレスファンタジスタン】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1544469

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  6. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss