フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

オッズはさらに開いて5−1で村田の勝利!

このエントリーをはてなブックマークに追加

なんと、なんと、海外のオッズは、さらに村田寄りに傾いて5−1〜6−1まで広がっています。

ここまで開くと、エンダムが勝つと「大番狂わせ」のレベルです。

なんだか、逆に心配になってきますね…。

初戦も、村田有利のオッズを素直に受け入れられなくて、多くの海外メディアが戦前予想で「村田の右とガードは階級最高レベル、エンダムには守るのも攻めるのも難しい」とレポートしているのを見て安心したものでした。

エンダム戦までの対戦相手の質が低すぎて(天下の五輪金メダリストですから大事に育てられるのは当たり前なんですが)、村田がどれほど強いのか確信が持てなかったのですが、世界の眼はさすがです。

それでも、エンダム相手に6−1はどうなんでしょうか。ゴロフキンでも10−1は立たないでしょう。

ちなみに、比嘉大吾と拳四朗の初防衛戦も、それぞれ12−1、2−1で有利のオッズが立っています。比嘉に至っては、12−1ですよ!?

「アジア、日本は地元判定が酷い」というのは世界的な認識ですから、21戦して5KOしかマーク出来ていないトマ・マソンが、ゴリゴリのファイター比嘉に勝つ目は無いと見られているようですが…。

村田のケースはESPNが全米生中継するにあたって、トップランクのトッド・デュボフが「時差の関係でとんでもない時間(早朝7時)のオンエアになるが、ミドル級の五輪金メダリストはボクシングの世界では特別な存在。彼を全米に露出させ、その関係をキープすることは(帝拳との)共同プロモーターとして非常に有意義だと確信している」と、エンダム戦は通過点だといわんばかりの発言をしたことも、ブックメーカーの目からは「村田のバックにはいろんなパワーが働いている」と見えたかもしれません。

といっても、オッズや予想で支持されるのは心強いのですが、それはあくまで新聞紙面や、ネットのモニター画面上の〝仮想勝負〟ですからね。

どんなに新聞やネットで有利だと書かれても、勝負が決まるのは、現実のリングの上だけです。

明日の両国国技館。

現実のリングで、村田と比嘉、拳四朗がオッズの通りに躍動して、勝ち名乗りを受けることを信じています!



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
世界のミドル級
世界に挑む日本人
ビッグファイト/メガファイト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ベストバウト'2017【プロレスファンタジスタン】

観戦記1384 WBOライト級王座戦 テリー・フラナガンvsムゾンケ・ファナ【人生マイペンライ】

TripleGの黄昏で一気活況のミドル級〜最後に残るのはカネロじゃない!村田だ!!【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1544469

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  6. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss