フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

TripleGの黄昏で一気活況のミドル級〜最後に残るのはカネロじゃない!村田だ!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

17連続KO防衛を続けていたゲンナディ・ゴロフキンが、2試合続けて判定に持ち込まれ、昨年から指摘されてきた劣化が誰の目にも明らかになりました。

もちろん、この2試合の相手、ダニエル・ジェイコブスとカネロ・アルバレスは、2010年に暫定世界王者決定戦でKOしたミルトン・ヌネスを含めた18人とはレベルが違う相手でしたが、世界王者になってから7年、35歳になったGGGが全盛期を過ぎていることは間違いありません。

セルヒオ・マルチネスにミゲール・コット、ピーター・クイリン、ビリー・ジョー・サンダース、そして時間稼ぎに執着したカネロ…人気やタイトル・地位という既得権益を失うことを恐れた実力者は、GGGとの対戦をあからさまに回避してきました。

しかし、その実力を畏怖して遠巻きに眺めていたカザフスタンの英雄が衰えを見せたことで、ミドル級戦線の状況は一変しました。ゴロフキンの周囲に、実力者やビッグネームが急に群がり始めたのです。死臭を嗅ぎつけたハイエナのような連中です。

【2013年3月17日モンテカルロ。アメリカを代表するプロスペクト、27戦全勝24KOのジェームズ・カークランドを初回で屠り、かつてPFP3位まで上り詰めたポール・ウィリアムスと、WBO王者ディミトリー・ピログにも判定勝負に持ち込んだタフな石田順裕でしたが、全盛期のGGGの前では何も出来ない生贄の羊でした。この当時は、多くの実力者がGGGを回避、カザフスタンの好漢は「私と戦ってくれてありがとう」という感謝の言葉をいつも対戦相手に捧げていました。】

まず、WBAスーパー、WBC、IBFのベルトを巻くGGGと、リング誌認定王者でマルチネスからの正当王者(リネラル王者)の系譜を継ぐカネロは、来年5月のシンコ・デ・マヨ週間でのリマッチが内定。この勝者が、現在のボクシング界で最も価値の高いステイタスを手に入れることになります。

そして、全階級を通じてボクシング界の中心となるであろうこの勝者のステイタスを強奪しようと、ミドル級はもちろん、周辺階級の強豪たちまでもが次々と名乗りを上げているのです。

WBO王者のビリー・ジョー・サンダースはデビューから25戦、英国に引きこもり、強豪を徹底的に回避、最近は人気者アミール・カーンとのローリスク・ハイリターンの対戦に乗り気でしたが、GGGの衰えを見て心変わり。12月16日、ついにアウエーのリング、強打のデビッド・レミューの地元モントリオールに乗り込みます。アウエーとはいえ、英連邦のカナダ、両者のサポーターは互角に近い観客席を埋めると見られていますが、注目の一戦です。

サンダース、レミューともに「この試合に勝って、GGGとカネロの勝者と戦う」と、この戦いがミドル級ウォーズの〝準決勝〟だと主張しています。サンダースに至っては「(GGGにKO負けした)レミューは犬の食べ残した餌だ。レミューなんていう残飯は問題にならない、俺が興味あるのはその犬っころだ」とトラッシュトークを炸裂させています。

そして、GGGの無敵のベールを最初にめくって見せたダニエル・ジェイコブスは、11月11日に無敗のルイス・アリアスと対戦、「GGGとカネロの勝者と戦う。どちらでも簡単な試合になる」と、こちらも〝準決勝〟のつもりです。

さらに、無敗のWBAジュニア・ミドル級王者、デメトリアス・アンドラーデもミドル級転向。明日10月21日にやはり無敗のアランテス・フォックスとのミドル級12回戦を戦います。アンドラーデまでもが「フォックスの次は、ゴロフキンとカネロの勝者と戦うことになる」と、厚かましくもフォックス戦が〝準決勝〟だとブチ上げています。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゲンナディ・ゴロフキン
世界のミドル級
世界に挑む日本人
ビッグファイト/メガファイト
パウンド・フォー・パウンド
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

村田諒太今度こそ!比嘉大吾オールKO勝ち更新を、山中慎介のモチベーション【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

エディ・タウンゼントの念願が叶って30年【スポーツ えっせい】

観戦記1383 KNOCK OUT VOL.3 ライト級王座決定トーナメント 前口太尊vs山口侑馬【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1544469

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  6. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss