フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

この階級に日本人が覇権を打ち立てる可能性があるなんて、なんたる幸せ!(6)〝2017.10.22 両国から始まる日本ミドル級の新しい歴史〟③

このエントリーをはてなブックマークに追加

5月20日、有明コロシアムで行われたアッサン・エンダムvs村田諒太の第1戦は、大方の予想を真っ向から裏切る結果となりました。

ガードの固い村田と〝起き上がり小法師〟のエンダムの対決は「判定にもつれ込む」のが濃厚と予想され、その結果も、エンダムが村田を明白に圧倒しない限り、地元判定で村田に勝利が転がり込む、と考えられていたのですが…。

リング誌をはじめ海外メディア、ほとんどのブックメーカーが「村田勝利」を推した最大の根拠は、五輪金メダリストの実力を評価しただけではありません。「微妙なラウンドは全部、村田が持って行く」。そう考えられていたのです。

そして、もう一つの予想。何人ものミドル級のトップと拳を交えてきたエンダムに対して、村田が世界のトップ10と戦うのは、この時が初めて。「村田は勝利を収めるだろうが、簡単な試合にはならない」と言われていました。

「判定勝負」という予想こそ当たりましたが、しかし、その内容は全く正反対のものでした。

「ジャパンマネーが結集して支援する村田には、地元判定の強烈な力学が作用する」「ピーター・クイリンやデビッド・レミューがそうだったように、村田は簡単には勝てない」。いずれの予想も、完全に覆される結果になったのです。

リング誌もESPNもほぼ全てのメディアが、ついでに〝お前が言うな〝のヒルベルト・メンドサWBA会長までもが、大差で村田が勝っていたと、公式のジャッジを批判しました。

この結果を踏まえて、22日の再戦は、より村田有利の予想、オッズが立てられています。「村田がエンダムをKO出来るかどうか」、それが焦点になっている感すらあります。

【村田勝利は1.2倍、エンダム勝利は3倍、アバウト3−1で、村田有利のオッズが立ち上がっています。この数字通りに試合が展開されて、正しいジャッジが下されることを願います…というより今回はジャッジ不要の試合にしてほしいですね。】

村田の右の威力は階級屈指だが、エンダムには目立った武器はない。

確かに、エンダムは長らくこの階級のトップ戦線を戦い、その実力の輪郭線はハッキリしています。「スピード、パワー、テクニックは世界基準としては平均点だが、打たれ強さ(回復力)は全階級を通じても最高クラスで、ミドル級では図抜けている」。

クイリンのパワーパンチを受けても、レミューの強打を食らっても、驚異の回復力で反撃してきたエンダムですが、村田の右ショートで倒されたときのダメージからの回復には、最も時間がかかりました。

村田の右を過剰に警戒いたことから「キャリア最強のパンチャーだつたのか?」と問い詰められたエンダムは「クイリンやレミューの方がはるかにパンチがある」と躍起になって否定していましたが、当面の試合相手について本音を吐くボクサーは稀です。

一方で気がかりな点もあります。一発のパワーとガードの固さ、プレスの掛け方は世界トップレベルであることを証明したものの、手と足のスピード、パンチの回転力はエンダムに劣っていました。

もちろん、パワーボクシングの村田は、軽快なフットワークを駆使して、速射砲のようにパンチを打ち込むスタイルではありません。スピードや回転力を前面に出して勝負するボクサーではないなです。

しかし、カネロ・アルバレスやゲンナディ・ゴロフキンらとのメガファイトに勝利する村田の姿を夢見るファンとしては、これまでの試合から引き出しが少ない印象が見て取れるのは、少し気になります。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
世界のミドル級
世界に挑む日本人
ビッグファイト/メガファイト
パウンド・フォー・パウンド
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

観戦記1382 WBCスーパーフライ級王座戦 シーサケット・ソールンビサイvsローマン・ゴンサレス【人生マイペンライ】

アッサン・エンダムー村田諒太戦が来週に迫り【スポーツ えっせい】

11.4 ダイナミックグローブの見所を紹介!【角海老-ボクシングコラム】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1544469

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  6. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss