フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

レックス・ツォー〜ワンダーキッドはやっぱり過保護だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

WBOインターナショナル・Jr.バンタム級タイトルマッチ。

◯王者:レックス・ツォー 7回終了負傷判定 ⚫︎河野公平

7ラウンド開始早々に、ツォーの腫れ上がった左頭部を診たリングドクターがストップ。このラウンドを10−10として、負傷判定へ。3者ともに68−66で地元の英雄を支持しました。

河野が押していた試合ですが、許容範囲内の地元判定ですね。1ラウンドのスリップがダウン判定なら、河野が勝っていたことになりますが、敵地香港、人気者のツォーと満員札止め8000人のサポーター相手では、明白に支配しないとポイントは与えられません。

リング誌で「世界で最も過保護なJr.バンタム級」と批判を浴びたツォーは、香港では「怠け者だった少年の成功物語」として、最も人気のあるスポーツヒーローです。

「大きな夢なんてなかったし、なりたい職業もなかった。ソファに座って一日中ビデオゲームをして暮らすことができればいいなと思って毎日を過ごしていた」。

そんな少年が、リングの上で生きるか死ぬかの打撃戦を繰り広げるのです。ボクシングに免疫のない香港の人々が、レックスに夢中にならない理由はどこにもありませんでした。

あざといトップランクのボブ・アラムは「次のパッキャオ」(何人目になりますかね?このフレーズ)と、DEF Boxing Gymとの共同プロモートに乗り出します。

Hong Kong Broadband Networkをはじめ、多くの香港企業からスポンサー支援を受け、WBO世界2位にまで上り詰めた30歳は、世界挑戦への前哨戦ととらえる今回の試合が、8−1のオッズに相反して、キャリア最大の試練と見られていました。

そして、その通りの内容となりました。

【判定を聞いたツォーは号泣。8000人の大観衆も、命拾いした英雄に大歓声を送りました。あの空気の中で、ツォーに判定勝ちするのは不可能です。】

〝The Wonder Kid〟の異名を持つ世界一の過保護が、井上に挑戦することはありえないでしょう。次戦は河野との再戦が濃厚です。

世界的評価はさておき、この香港生まれのサウスポーが、集客力、人気というバロメーターで、井上尚弥やローマン・ゴンザレスを凌駕し、英国のカリド・ヤファイに迫る存在であることは明らかです。

座間生まれのオーソドックスに、ぶっ倒して欲しいですね、香港で。

まぁ、ヤファイ同様、やってくれないでしょうね…。28日にはヤファイが、石田匠と防衛戦を行いますが、オッズは7−1、地元の英雄が安全な相手と戦う…ツォーvs河野と近似した構図です。ひっくり返さねばなりません。

IBF王者、ジェルウィン・アンカハスも井上戦を回避したのか、アイルランドでジェミー・コンランとの防衛戦を選択しましたし…。

いずれにせよ、井上がヤファイやツォーと戦うとなると、間違いなく遠征になりますが、敵地の大観衆を静まりかえらせるような戦慄のKO劇を見せつけて欲しいですね。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
世界の軽量級
世界に挑む日本人
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

この階級に日本人が覇権を打ち立てる可能性があるなんて、なんたる幸せ!(2)〝1995.12.19 水道橋の奇跡〟②【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

この階級に日本人が覇権を打ち立てる可能性があるなんて、なんたる幸せ!(1)〝1995.12.19 水道橋の奇跡〟①【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ジョーとファーディナンド、挑戦することの違いとは。【ボクシングをとっても楽しく見るブログ】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1566612

(12月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  6. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss