フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

この階級に日本人が覇権を打ち立てる可能性があるなんて、なんたる幸せ!(2)〝1995.12.19 水道橋の奇跡〟②

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボクシングマガジン:ファンにメッセージをお願いします。

竹原慎二:いや、別にないですけど…。ええ、そうですね、とりあえずがんばって勝ちますので、陰からでもいいですから応援してください。祈っておいて下さい。

今ほど、世界のボクサーのビデオが気軽に見ることが出来なかった時代です。

リング誌など米国メディアの目からは、ホルヘ・カストロは「稀代の穴王者」。

「カルロス・モンソン以来のアルゼンチン国籍の正統なミドル級王者はセルヒオ・マルチネス」という、現在の世界評価からは忘れられたカストロですが、日本人ファンにとっては「ミドル級に穴王者なんて存在しない」「カストロにパンチがないなんてありえない」としか思えませんでした。

大げさでも何でもなく、ミドル級は怪物たちが巣食う鬼ヶ島にしか見えなかったのです。

絶不調のカストロと、絶好調の竹原が激突したとしても惨敗しかない。

シュガー・レイ・ロビンソンの伝説、モンソンの強靭、マービン・ハグラーの凶暴、シュガー・レイ・レナードの眩しすぎる華やかさ…ミドル級は日本人が触れることはもちろん、近づくことも恐れ多い階級でした。

ミドル級、160ポンドという誇り高き、輝く大舞台から遠く離れた、ジュニア・ミドル級という日陰で、世界的に無名の選手とひっそりと王者を争うのが、〝重量級〟に対して日本人が出来うる最大の抵抗だったのです。

竹原の小学校時代はリトルリーグに所属して、キャプテンとして活躍。

中学校でも迷わず野球部に入ったものの、不条理な上下関係や、意味なく大声を張り上げることに嫌気がさして柔道部へ。団体戦で県大会優勝するも、勉強は全くできずに、素行は乱れ始めました。

不良グループに入って、中学生ながら暴走族のメンバーにも。そして、ケンカ三昧の日々。

野球よりも、柔道よりも、ケンカの強さ、才能が自分に備わっていることはすぐにわかりましたが、所詮はケンカです。社会では何の役にも立たないどころか、迷惑、犯罪行為です。

ケンカ自慢の少年の人生は蛇行します。高校受験は5校受けて、全敗。

中卒で働くしかなくなりました。土木作業員、吹き付け工員、印刷作業、防止工事…どの仕事も長続きしません。

15、16歳、同級生たちの姿はあまりにも眩しく、自分が惨めで情けなくて、どうしようもありませんでした。

中学時代から続く、悪い仲間たちとの関係は続いていました。

「自分も彼らも社会のつまはじきもの」だとわかっていましたが、だから、負け犬同士で傷を舐め合うしかありませんでした。

元プロボクサーの父親から薦められ、ボクシングジムにも入りましたが、厳しい練習に1ヶ月で逃げ出してしまいました。

ケンカなら誰にも負けない、そんな最後のプライドも、暴力団関係者とのいさかいで「事務所に連れて行くぞ」とすごまれた挙句に、下駄で殴りまくられて、木っ端微塵に打ち砕かれてしまいました。

「俺はなにをやってるんだろう」「真剣にボクシングをやろう」。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
世界のミドル級
世界に挑む日本人
ビッグファイト/メガファイト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

この階級に日本人が覇権を打ち立てる可能性があるなんて、なんたる幸せ!(1)〝1995.12.19 水道橋の奇跡〟①【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ジョーとファーディナンド、挑戦することの違いとは。【ボクシングをとっても楽しく見るブログ】

観戦記1378 WBAフェザー級スーパー王座戦 レオ・サンタ・クルスvsカール・フランプトン【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:1182
  • 累計のページビュー:1567793

(12月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  6. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss