フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

陸上男子100m〜地平線のその先に〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

人類史上、初めて100m10秒の壁を破ったのは、ジム・ハインズ。1968年の全米選手権で手動計時9秒9、同年のメキシコ五輪では電動計時でも9秒95をマークしました。

手動計時は電動よりも0秒25前後速くなることから、ハインズの全米選手権の電動タイムは10秒15前後、余裕で10秒かかっていたと推測されます。また、電動で9秒95台を出したメキシコも気圧が低い〝高地記録〟で、やはり平地換算すると10秒15前後だったと見られています。

この記録が破られるのはハインズから15年後、1983年のカルビン・スミスの足によってでした。当時の陸上界はカール・ルイスが席巻、スミスは月見草の存在でしたが、その脇役が9秒93を叩き出し、世界記録を更新したのです。

ルイスが、やはり1983年の第1回世界陸上100mで金メダルに輝いた優勝タイムは10秒07、2位のスミスは10秒21でした。当時の日本記録は飯島秀雄の10秒34、ルイスやスミスは雲の上の存在、怪物ランドの住人にしか見えませんでした。

「100年経ってもルイスに勝てる日本人なんて出てくるわけがない」。世界陸上を目の当たりにした日本人の誰もが、そう思い知らされていました。

しかし、今年の日本選手権は、サニブラウン・ハキームが10秒05、2位の多田修平が10秒16、3位のケンブリッジ飛鳥が10秒18、3人ともスミスの記録を上回り、サニブラウンはルイスをも超えていたのです。

「絶対無理」に見えた大きな壁は、30年で崩すことが出来たのです。おそらく、もっともっと早く崩すことが出来たはずですが…。

現在、遥か彼方の記録にしか見えないウサイン・ボルトの9秒58を破る日本人も、将来必ず現れるでしょう。問題は、それがいつになるのか、だけです。また、30年かかるのか、それとも…。

タイム競技には、必ず心理的な限界が壁となって立ち塞がります。陸上競技よりも水泳のレースでより多くの(世界)記録が生まれるのは、特殊な水着の効果など、ギアの恩恵を受けやすいのが最大の原因ではありません。

水泳競技では周囲との差が見えにくく、陸上競技よりも自分の生理的限界に、試合でも練習でも正面から向かい合うことが出来るからです。

一方の陸上競技は、心理的限界が常に付きまといます。

日本人スプリンターも、1998年に伊東浩司が10秒00を出してから19年、その心理的限界の呪縛にがんじがらめに絡め取られていました。

【米国スポーツイラストレイテッド誌のスポーツマン・オブ・ザ・イヤー第1号は野球でもバスケットの選手でもありませんでした。「医学的に不可能」と信じられてきたマイル4分の壁を突き破ったロジャー・バニスターです。】

陸上競技のみならず、タイム競技の歴史上、最も関心を集めた人類の壁は「1マイル4分」でした。1950年頃まで、「1マイル4分は医学的に切れない」と、まことしやかに信じられていたのですから、1954年にロジャー・バニスターがオックスフォード大学のトラックで走った3分59秒4は、欧米スポーツ史上最大の衝撃でした。

そして、さらに衝撃だったことはその後わずか1年で23人もの中距離ランナーが、〝医学的に不可能〟なはずのマイル4分の壁を続々と越えて走ったという事実です。

「日本人がボルトに勝てるわけがない」というのは、「マイル4分斬りは医学的に不可能」という迷信的な蒙昧と変わりません。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
世界に挑む日本人
陸上100m
東京五輪
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

陸上男子100m〜地平線のその先に〜

失礼します。ハインズの手動の9秒9は、電気では10秒03でした。

陸上男子100m〜地平線のその先に〜

お読みいただきありがとうございました。

正しいご指摘、感謝いたします。訂正させていただきます。
コロラドスプリングスは高地です。ありがとうございました。

陸上男子100m〜地平線のその先に〜

失礼します。スミスの9秒93は高地です。また、その2か月前にルイスが平地で9秒97を出しています。

こんな記事も読みたい

世田谷競技会5000m(2017年9月30日)結果【日本大学駅伝部を応援しています!】

第29回出雲駅伝~青山学院・東海に迫るチームは出てくるか~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

第29回出雲駅伝~東洋大学の今季の戦力は~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1447974

(10月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  5. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  6. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  7. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss