フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

Triple G ゲンナディ・ゴロフキン〜ビッグドラマショウの舞台裏〜⑥

このエントリーをはてなブックマークに追加

18戦全勝15KOのゲンナディ・ゴロフキンが、アベル・サンチェスとのコンビで最初に上がったリングは、パナマシティのロベルト・デュラン・アリーナ。

コロンビアのミルトン・ヌネスを、1ラウンド58秒の速攻でKO、WBA暫定ミドル級王座に就きました。

正規王者に格上げになって、母国カザフスタンでニルソン・フリオ・タピア、再びロベルト・デュラン・アリーナでカシーム・オウマをKOで倒して2連続防衛に成功。米国のプロモーターに向けて大きな花火を打ち上げます。

しかし、このときも米国はGGGのアピールを無視します。

ここで、サンチェスに接触してきたのがトム・ロフラー。ビタリとウラジミール、クリチコ兄弟を擁してK2プロモーションを立ち上げ、世界的なプロモーターにのし上がっていたロフラーは「GGGは米国で間違いなく成功する」と確信しました。

K2プロモーションとGGGプロモーションによる初興行は、ドイツ、デュッセルドルフ。ラジュアン・サイモンをわずか2分17秒で攻め落とします。

「サンチェスによって完成された、トップアマチュア仕込みの華麗な技術と、米国西海岸が好む強打のFun-Friendly-Styleは、米国のプレミアムケーブルTVも見逃さないだろう」。

ロフラーの考えは当たっていました。HBOもSHOWTIMEも、ゲンナディ・ゴロフキンが何者であるかを完全に理解していました。

しかし…。軽量級とは違い、全階級でも屈指の花形階級、ミドル級は、大人の事情が優先される、スポーツとは懸け離れた政治的な力学が優先される世界でした。

「アンドレ・ウォード、セルヒオ・マルチネス、フリオ・セサール・チャベスJr.、ケリー・パブリック、彼らが戦ってくれるなら報酬も条件も最大限に譲歩する」。ロフラーは、HBOとSHOWTIMEと交渉、2大ケーブルがボクシング予算縮小に苦しんでいることも考慮して必死に提案しましたが、ビッグネームとの試合が組まれることはありませんでした。

【カネロ・アルバレスと対戦するまで、GGGは「強い相手とはダニエル・ジェイコブス以外は一人も戦っていない」と批判を受け続けましたが、勇敢なカザフスタン人には、一片の責任もありません。実力者も人気者も、みんながみんな、GGGとの対戦から回避したのですから。】

2012年にWBAはスーパー王者のフェリックス・シュトルムに、正規王者のGGGとの統一戦を指示しましたが、シュトルムはIBF王者のダニエル・ギールとの団体統一戦に、あからさまに逃亡しました。

ロフラーは今でもシュトルムを「恥知らずの臆病者」と軽蔑しています。

しかし、この深刻なThe avoidance problem(誰もGGGと戦おうとしない問題)は、このとき始まったばかりだったのです。

強烈な印象を残して勝てば勝つほど、有力選手は逃げて、レベルの低い相手との防衛戦が続いてしまう。30歳を超えて全盛期の残り時間が限られているGGGにとって、弱い相手とばかり戦うことは、年齢的な劣化が進むだけではなく、実力が錆び付く懸念もつきまといます。

全盛期のマイク・タイソンやマニー・パッキャオなら、実力者や人気者も喜んで手を挙げたでしょう。危険に見合うどころか、それ以上の報酬と名前を売るチャンスが約束されているのですから。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゲンナディ・ゴロフキン
世界のミドル級
パウンド・フォー・パウンド
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

阿武咲は横綱になれるのか?歴代横綱のデータから考察してみる【独断と偏見の相撲ランキング】

Triple G ゲンナディ・ゴロフキン〜ビッグドラマショウの舞台裏〜⑤【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

優勝9回の日馬富士はもうそろそろ大横綱と評価して良い【大相撲コラム 私は見た!】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1450194

(10月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  6. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  7. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss