フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

Triple G ゲンナディ・ゴロフキン〜ビッグドラマショウの舞台裏〜⑤

このエントリーをはてなブックマークに追加

米国西海岸のジムを手当たり次第に訪ね歩きましたが、五輪銀メダリストのゲンナディ・ゴロフキンを歓迎してくれる場所を見つけることは出来ませんでした。

プロデビューから18戦全勝15KOの凄まじいキャリアを積み上げて来たカザフスタン人でしたが、「あまりにも柔和な第一印象がファイターにふさわしくない」というのは瑣末なことで、実は深刻な問題を抱えていました。

急所を正確に狙い撃つ、GGGの冷酷な強打は、その被害者である対戦相手には骨の髄まで伝わっていましたが、多くのファン、専門家の目には「ジャブを起点に丁寧に試合を組み立てるテクニシャン」、つまり典型的なアマエリートの安全優先ボクシング、退屈なボクシングに映っていたのです。

2010年6月、ゴロフキンは、標高2000mを超えるビッグベアレイクのザ・サミットジムの門を叩きます。

運命の出会いが待っていました。アベル・サンチェスとの邂逅です。

ヨーロッパで燻り、軋んでいた歯車が、ビッグベアレイクで音を立てて、力強く動き始めました。

サンチェスは、手堅いゴロフキンのボクシングを変えることを提案しました。

「プロボクシングはファンを沸かせてナンボの世界だ。fan-friendly styleを目指すんだ。ドラマを見せるんだ!ショウを見せるんだ!」

GGGの口癖、「ビッグドラマショウ」はオリジナルではなく、サンチェス直伝なのです。

GGGの話を進めるには、驚くべき個性を放つボクシングトレーナー、サンチェスの物語は避けて通ることは出来ません。

【それがたとえ親子の間柄であっても、トップボクサーとトレーナーほど、ビジネスライクな関係はありません。しかし、どんな世界にも例外はあります。20年近くコンビを組むマニー・パッキャオとフレディ・ローチが有名ですが、GGGとサンチェスもまた利害関係を超えた世界で結びついているのです。】

1955年メキシコ、ティファナで8人兄弟の長男として生まれたサンチェスは、6歳の時に母親に連れられ家族でカリフォルニアへ移住しました。

「とにかく貧乏だった。肉類を口にできるのは、せいぜい週に一回。米と豆とジャガイモで命をつないでいた」。

朝7時から昼過ぎの2時までは学校に通い、授業が終わると毎日、義父がトラックで迎えに来ました。そして、夜中まで建設現場で働かされたのです。

「学校が休みの時は、早朝から現場だった。夏休みなんて知らない子供だったんだ」。

しかし、このサンチェス、しっかり者で生活力に満ちた子供でした。苛酷な建設現場での仕事をそつなくこなすだけでなく、建築の勉強にも励み、18歳で自分の会社を立ち上げてしまうのです。

彼はどんな仕事でも請け負い、会社は大繁盛しました。

彼が設計、建築した作品を、世界中のほとんどの人が一度は見たことがあるはずです…それもスクリーンの中で。80年代を代表するメガヒット映画「E.T.」、主人公のエリオット少年が住む郊外の街並みの家々は、彼の作品です。

その頃、サンチェスは仕事の傍ら、友人の勧めでボクシングを始めますが、仕事と両立できずに挫折。それでも、リングに未練があったのでしょう、友人が運営するジムでトレーナーを務めます。

しかし、仕事が忙しく、1982年にはボクシングから離れてしまいます。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゲンナディ・ゴロフキン
世界のミドル級
パウンド・フォー・パウンド
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

優勝9回の日馬富士はもうそろそろ大横綱と評価して良い【大相撲コラム 私は見た!】

2017年7月,9月場所終了時のレーティング【konakalab】

観戦記1374 WBCヘビー級王座戦 デオンテイ・ワイルダーvsクリス・アレオーラ【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1562349

(12月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  6. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss