フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

Bサンプルも陽性〜ネリはやはり〝クロ〟だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

VADAによる検査で、ルイス・ネリの Bサンプルも、筋肉増強剤が陽性反応を示したと、Ring.TV.comが報じました。

それにしても検査結果が出るのが遅すぎます、あまりにも遅い。

検出されたのはジルパテロル。家畜の育成を早め、肉の量を増やす効果のある物質で、ネリ陣営は「牛肉を食べた時にジルパテロルがネリの体内に残ってしまった」と主張し続けていますが、そんな言い訳は通用しません。

「牛一頭食べても検出されない」「ドーピングとしか考えられない」。そんな話も出てますが、微量だろうがなんだろうが、陽性反応を示したらアウトです。

食事のトレーサビリティに細心の注意を払うのはアスリートとして当然の義務です。風邪薬はもちろん、目薬に含まれている禁止物質も選手と陣営は知っておく義務があります。

「牛肉食べたから」。

はぁ?そんな言い訳が通用するなら、ドーピング検査は必要ありません。

WBCのマウリシオ・スライマン会長は「今週中にネリへの処分を決定する」と声明を出していますが、タイトル剥奪だけなんて軽い処罰はありえません。

もちろんプロボクシングには世界的な統括団体が存在しませんから、本当の処分は各国(米国だと各州)のコミッションが決定することになります。つまり、ローカルなペナルティしか課すことが出来ないのです。

ドーピングへの意識が低いメキシコなどは、数ヶ月の出場停止処分で済むこともあります。毎日どころか毎週も試合を出来るわけのないスポーツで数ヶ月って、そんなもの、ペナルティではありません。

ドーピングが発覚した選手は、陸上競技なら5年前後の出場停止処分が科せられますが、ボクシングという危険なスポーツの性質を考えると、永久追放に近い10年前後の資格停止でも甘いペナルティです。

この結果を受けて、リング誌は、山中慎介をバンタム級王者に返り咲きさせ、同誌の規定に基づき、ネリはバンタム級のトップ10から追放となりました。

それにしても、やりきれない話です。

山中はこのニュースをどう聞いたでしょう。

タイトルが戻ったって、嬉しくもなんともないでしょう。むしろ、ネリがクリーンだったと証明された方が納得できたのではないでしょうか。

自分に勝ったボクサーが、世界を欺く卑怯で卑劣な男だったなんて、あまりにも悲しすぎます。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ドーピング
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

Triple G ゲンナディ・ゴロフキン〜ビッグドラマショウの舞台裏〜④【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

逞しく成長したホルヘ・リナレス【スポーツ えっせい】

観戦記1373 WBAバンタム級スーパー王座戦 ファン・カルロス・パヤノvsラウシー・ウォーレン【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1450194

(10月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  6. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  7. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss