フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

Triple G ゲンナディ・ゴロフキン〜ビッグドラマショウの舞台裏〜④

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツのユニバーサム・プロモーションと袂を分かち、GGGプロモーションを設立したゲンナディ・ゴロフキンは憧れの地、米国西海岸へ飛び立ちました。

いくつものジムの門を叩き、自分の居場所を探しました。

【〝IT AIN’T EASY〟「簡単なことじゃ無いぜ」。フレディ・ローチのワイルド・カード・ボクシングクラブの看板に掲げられた言葉は、GGGが歩む厳しい道のりを暗喩していたのかもしれません。】

カリフォルニアで最も有名な二つのジム、フレディ・ローチのワイルド・カード・ボクシングクラブ、ロベルト・ガルシア・ボクシング・アカデミーのドアは真っ先にノックしました。

しかし、五輪銀メダリストに、色良い返事をしてくれるジムはありませんでした。メキシコ人やプエルトリカンのような米国に強力なファンベースを持たないGGGは、プロモーターはもちろん、トレーナーにとっても、苦労の割に報われない、典型的なボクサーでした。

さらに、リング上では獰猛な魅力を撒き散らすGGGでしたが、リングを降りてトレーナーを探してジムを訪ねるその姿は、礼儀は正しいものの、気の弱い新米の営業マンにしか見えませんでした。

ローチは、ゴロフキンと同じくいきなり訪ねて来たマニー・パッキャオについては「全く知らなかったが、不思議なオーラがあったから、リングに上げてミット打ちをさせた」と回想していますが、GGGについては「ミドル級の銀メダリストで欧州で活躍していたのは知っていたから、ジムに来たなら断るわけが無い」と言いますが…。

それほどまでに、リングを降りたGGGにはオーラがなかったということなのかもしれません。いずれにしても、フィリピン人が奇跡のタイミングで乗っかった幸運という名の大波を、GGGは捕まえることが出来ませんでした。

カリフォルニアの市街地のジムは、ほとんど回り尽くしたGGGは「バーナディーノ山脈の奥地に名伯楽がいる」という噂を頼りに、標高2000メートルを超える山岳地帯に分け入りました。

オスカー・デラホーヤをはじめ数々の名選手がキャンプ地に選んだ、ビッグベアレイク。この場所に、その名伯楽のThe Summit Gymは常設でジムを構えているというのです。

「誰でも歓迎!」。 その看板は、エリートジムには無い、誘いの文句が刻まれていました。

その姿勢でジムを運営していたアベル・サンチェスは、ボクサーの素材を見抜く眼には絶対的な自信を持っていましたが、そのサンチェスでも、ジムの入ってきたゲンナディ・ゴロフキンを見たときは、アテネの銀メダリストだとは気づきませんでした。

「どうして聖歌隊のコーラスボーイがこんなところに迷い込んだんだ?」「本当に、君はドイツで恐れられているミドル級のトップボクサーなのか?」

しかし…。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゲンナディ・ゴロフキン
世界のミドル級
ビッグファイト/メガファイト
パウンド・フォー・パウンド
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

逞しく成長したホルヘ・リナレス【スポーツ えっせい】

観戦記1373 WBAバンタム級スーパー王座戦 ファン・カルロス・パヤノvsラウシー・ウォーレン【人生マイペンライ】

「ジュガール」思想を取り入れろ!【昨日は岡林、今日は岡林、明日は岡林!いよいよ最後は岡林!】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1450194

(10月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  6. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  7. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss