フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

Triple G ゲンナディ・ゴロフキン〜ビッグドラマショウの舞台裏〜③

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロ転向、カザフスタンを出て、現在の米国カリフォルニアにたどり着くまでの道のりは、ドイツ、ギリシャ、モナコを漂流、長く険しいものでした。

現代のアマチュアのエリートボクサーがプロ転向するとき、大きな障壁が二つ存在します。

最初の壁は、スタイルです。

現代のアマエリートの多くは、ヘッドギアとタッチボクシングに馴化したボクサーです。アリやレナードの時代とは、決定的に違うのです。

そして、誤解を恐れすに言ってしまうと、プロボクシングは、技術を売り物にはしていません。

先日、引退表明したアンドレ・ウォードが、米国人でありながら、その実力に見合った人気と報酬を獲得できたかとなると、答えはNOです。彼は、途轍もない技術は持っていましたが、その試合ぶりの多くは退屈で「また見たい」と思わせる代物ではありませんでした。

フロイド・メイウェザーは、当初は攻撃も意識した非常に面白いボクサーでしたが、その人気は伸び悩みました。1000万ドルを超える大金を稼ぐようになるのは、メディアやファンを欲求不満のどん底に突き落とす防御優先の試合を繰り返しながら、自らを「銭ゲバ」と呼んで、完全ヒールに変身したからです。

そして、この20年、プロボクシングは、さらにアマチュアスタイルを嫌う傾向が加速しています。その底流にあるのがメキシカンスタイルへの偏愛です。男気を見せ合う、正面衝突を何よりも好む、メキシコ人、メキシコ系米国人が、本場のボクシング(米国西海岸を本場と呼ぶのなら)を支えているのですから当然の帰結です。

もはや、バドワイザーもクアーズも檜舞台からは締め出され、テカテとコロナの天下なのです。

マニー・パッキャオは当初、メキシコ人にとっては不倶戴天の敵でしたが、その攻撃的なスタイルはメキシコ人も完全に受け入れました。

攻めるパッキャオと、逃げるメキシコ人。メキシカンはたとえ自国の選手でも、勝負に応じない戦い方は認めません。日本人を最後の最後まで応援する日本ではありえないことです(亀田兄弟は例外ですが、あれは単なる弱いものイジメです)。

先週の試合でカネロ・アルバレスに罵声が飛んだのは、不可解な判定に対してだけではありません。メキシコ人が憤ったのは、GGGの攻勢に、カネロが下がり続けたからです。

かの地で、パッキャオに粉砕されたマルコ・アントニオ・バレラとエリック・モラレスが、フィリピンの伝説を一撃で沈めたファン・マヌエル・マルケスを大きく上回る人気を擁している最大の要因は、スタイルの違いです。

メキシカンでないパッキャオやメイウェザーですら、そのメガファイトがメキシコの記念日、祭日である5月と9月に開催されることが多かったことからも、ボクシングの世界でいかにメキシコナイズが進行しているかが伺えるでしょう。

2番目の壁は、アウエーの壁です。

ボクシングが、メキシカンに支えられるスポーツに完全に移行したことで、米国人ですら人種のアドバンテージが大きいとは言い難い状況が出来上がってしまいました。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゲンナディ・ゴロフキン
世界のミドル級
ビッグファイト/メガファイト
パウンド・フォー・パウンド
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

Triple G ゲンナディ・ゴロフキン〜ビッグドラマショウの舞台裏〜②【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

たぶん幕内力士最速採点 秋場所13日目【独断と偏見の相撲ランキング】

終盤連敗の豪栄道への「二つの期待」。【幕下相撲の知られざる世界】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1562349

(12月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  6. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss