フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

Triple G ゲンナディ・ゴロフキン〜ビッグドラマショウの舞台裏〜②

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、ESPNとリング誌をはじめ多くのメディアがPFP1位と評価するアンドレ・ウォードが引退を発表しました。

これにより2位以下のボクサーが自動的に繰り上がり、ゲンナディ・ゴロフキンが1位に就く見通しです。

専門家パネルの投票によって順位を決定するESPNでは、早速ランキングを更新、1位はやはりゴロフキンでした。2006年のプロデビューから足掛け11年、ついに世界最高のボクサーという評価を勝ち得たのです。

本題からはズレてしまいますが、我が井上尚弥も10位でランクイン。投票ポイント(1位10点、2位9点…10位1点)で争われるESPNですが、井上は14点をゲットしました(GGGは83点)。

14点というのは数字的には11位のシーサケット・ソールンビサイと同点でしたが、今回投票に参加した9人の専門家では井上を最も高く評価したのがナイジェル・コリンズ(元リング誌編集長)で4位(7点)、シーサケットはやはりコリンズが投じた7位(4点)が最高、「同点なら最高順位が上回るボクサーを上位にランキングする」というルールに則り、井上がトップ10に滑り込みました。

コリンズというのは、振り返ってみるとノニト・ドネアを3位に評価してファンやメディアから大バッシングを食らった過去もあり(直後にリング誌を離れました)、アジア贔屓なのかもしれません。

【上:GGGが念願の1位へ。今回の投票者9人中6人が1位に投じたとはいえ、1位得票率は2/3です。残りの3人はワシル・ロマチェンコを支持しました。パッキャオ、メイウェザー時代は文句無しの全員一致の1位というのが珍しくありませんでしたが、二人が玉座を離れてからはPFP1位争いも本命無き戦国時代です。下:井上の最高順位はコリンズが投じた4位。シーサケットの7位を上回り、同じ14点ながら上位にランクされました。】

本題にもどって、triple Gのお話です。

旧ソ連のシステムを引き継いだ、才能を効率的に選抜していく過酷な競争をゲンナディは容易に勝ち残り、国際大会で出色のパフォーマスを披露していきます。

2000年、18歳でジュニア世界選手権のブダペスト大会、ライトウェルター級で優勝。

2001年には、プロでも拳を交えることになるダニエル・ギールらを殴り倒して、東アジア大会ウェルター級金メダルを勝ち取りました。開催地は日本大阪、GGGは大阪でも戦っていたのです。それにしてもカザフスタンが「東アジア」という地理的感覚は、日本人には違和感がありますねぇ。中東もアジアですから、それ以東は東アジアという定義なのでしょうけど。

2002年、地元カザフスタン、アスタナで開催されたワールドカップ大会でライトミドル級、銀メダル。

2003年、世界選手権タイ・バンコク大会でミドル級金メダル。3回戦でルシアン・ビュテを鮮烈にKOしたシーンは、プロ入り後に「GGGがいかに強いか」を喧伝する多くの動画の一つとなりました。この大会では、アンディ・リー(29−9)、マット・コロボフ(19−10)も撃破しています。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゲンナディ・ゴロフキン
世界のミドル級
ビッグファイト/メガファイト
パウンド・フォー・パウンド
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

たぶん幕内力士最速採点 秋場所13日目【独断と偏見の相撲ランキング】

終盤連敗の豪栄道への「二つの期待」。【幕下相撲の知られざる世界】

豪栄道はそこまでして勝ちたいのか?【大相撲コラム 私は見た!】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1562349

(12月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  6. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss