フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

Triple G ゲンナディ・ゴロフキン〜ビッグドラマショウの舞台裏〜①

このエントリーをはてなブックマークに追加

「彼が初めてジムに来た時、どうして聖歌隊のコーラスボーイがこんな場所に迷い込んだんだって思ったものさ。絶対にファイターでないと確信したんだけど、私の見る目がいかに頼りないかって事だな…いや、彼を知らない人に『この男は世界で最も凶暴なボクサーだ』と言っても、誰もが『ウソをつくなら、もっと上手くつけ』と笑われるのがオチだろう」

トレーナーのアベル・サンチェスが、ゲンナディ・ゴロフキンと初めて会った日の、あまりに有名なエピソードです。

ゴロフキンが、ユーラシア大陸のど真ん中、カラガンダで生まれた1982年、その広大な国は地球儀上ではカザフ・ソビエト社会主義共和国と呼ばれ、ソ連の衛星国家でした。

今、日本人建築家、黒川紀章が設計した〝未来都市〟として建設が進む有名な首都アスタナから南に240km、ユーラシア大陸の中心に鎮座するカザフスタンの、さらに中心部にカラガンダ州の州都カラガンダは位置しています。

そこは、世界屈指の地下資源を誇るカザフスタンでも、最も豊かな鉱山、鉱脈を要する地域でもあります。石炭、石油、天然ガス、マンガン、モリブデン、タングステン…日本から見ると羨ましいを通り越して、ため息をつくしかないほどの化石燃料と貴重な鉱物が量も質も、ここから毎日産出され続けているのです。

ソ連崩壊によって、1991年にカザフスタン共和國として独立、大きく揺れ動く母国で、未来のチャンピオンは多感な少年時代を過ごします。

炭鉱夫の父、この地に根付いた高麗人の子孫の母は、4人の子供の中でも最も気持ちの優しいゲンナディには、公務員になって静かで幸せな人生を送って欲しいと願っていましたが、その柔和な性格の少年はあるスポーツに傾倒していきました。

図書館で借りたシュガー・レイ・ロビンソンの伝記を読み耽り、TVではマイク・タイソンの躍動に夢中になるのです。

彼が9歳の時に亡くなったロビンソンが近代ボクシングの礎を築く物語は、米国から遠く離れた国に生きる少年にとってもクラクラするほど魅力的で、タイソンが戦う米国のリングは「僕もあの場所であんな風に戦いたい」そう熱望するしかないほど華やかで輝いて見えました。

カザフスタンの地方都市の少年が図書館で何気なく手に取ったロビンソンの伝記、ふとチャネルを合わせたときに現れたタイソンの姿…世界のボクシングファンにとっては、天啓としか言いようの無い偶然が、穏やかな少年の胸の奥、ずっと、ずっと奥の方に、小さな、しかし確かな情熱の炎を灯したのでした。

鉱物資源が豊富な国には、誰もが知っている宝石についてのことわざがあります。

「宝石は作ることは出来ない。出来ることは宝石の原石を磨く事だけだ」。

同じ事を、いみじくも、メキシコ人のアベル・サンチェスも語っています。

「素晴らしい選手を作る事は出来ない。出来るのは素晴らしい選手を向上させることだけだ」。

日本でよく言われる「千里の馬は常に有れども伯楽は常には有らず」とは、全く逆の考え方です。

初めてグローブをはめてシャドウボクシングをしたゲンナディに、コーチがかけた言葉が全てを物語っています。

「戦績は?私は君を知らないが、いくつかタイトルを取っているはずだな?」

ゲンナディ・ゴロフキンは、紛う事なき宝石でした。眩しすぎるアマチュア時代のキャリアは、彼を知る人たちにとっては、これっぽっちの驚きでもありませんでした。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
世界のミドル級
ゲンナディ・ゴロフキン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「Triple G ゲンナディ・ゴロフキン〜ビッグドラマショウの舞台裏〜①」へのコメント

2000年代に入ってからミドル級に、傑出したチャンピオンは、出ていない。それ故、GGGの強さが浮き彫りになり、歴史的な評価は、低いものとなっている。70年代のカルロスモンソン、80年代のマービンハグラーと比べても遜色ないように思えるが。当時と違う点で、最も大きいのがスーパーミドル級の存在である。ミドル級とライトヘビー級では、その階級の体重差は約7キロとかなり大きく、更に人気の点でもミドル級の方が高い。それ故スーパーミドル級がない時代には、体を絞ってミドル級で試合をする選手が多かったと思う。ジョーカルザゲ、ミッケルケスラー、先日無敗で引退したアルドレウォードなどがそれに当たる。それ故、GGGの17連続KO防衛なども、スーパーミドル級がなかった時代ほど高く評価されていないのかもしてない。然し乍ら、GGGの総合力は、ミドル級の過去の名王者に比しても、決して見劣りはしないと思う。カネロの再戦のあとGGGか、ミドル級オールタイムランキングで、シュガーレイロビンソンの次に評価されるよう望んでいる。

こんな記事も読みたい

高山善廣が事故を起こした時、やってはいけないことやってしまった松井レフェリー 未だに説明せず、改善策を提示しない高木三四郎 09年の安全講習会は何のために行われたのか?【極上の“T-1二見激情”見参】

リゴロマ【no title】

潔く敗れる日馬富士、見苦しく勝つ白鵬。横綱としてふさわしいのはどちらだろうか?【独断と偏見の相撲ランキング】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:1991
  • 累計のページビュー:1562349

(12月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  6. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss