フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

【Wrap-Up】ゴロフキンvsカネロ〜【Perspective】リナレスvsキャンベル

このエントリーをはてなブックマークに追加

この1ヶ月弱は、特に日本のボクシングファンにとって、素晴らしく贅沢な時間でした。

亀海喜寛が世界的なビッグネーム、ミゲール・コットに挑み、井上尚弥がHBOが企画したスーパーフライ級メインの超冒険的な興行のセミファイナルに登場、フロイド・メイウェザーはスポーツとしては茶番としてしか記憶されようがないショウを、これ以上ないパートナーを得て、見事に演じきりました。

そして、直近のメガファイト、ゲンナディ・ゴロフキンvsカネロ・アルバレス。醜悪な不当判定が下されてしまいましたが、リング誌のマイケル・ローゼンタール編集長をはじめ「118−110は好勝負を汚すスコアだったが、ドロー判定はありえないかと聞かれたら、そうじゃない」という意見も、超少数派ながら、中立の専門家からも聞こえてきました。

【どんなにカネロ贔屓で見ても、この試合を118-110と見るのは不可能です。アンドレイド・バードのスコアは常軌を逸しています。ただ、カネロを勝たせる圧力がかかっていたのなら、それはそれで118-110はあまりにも下手くそなスコアリングです、圧力があったならあったで、普通ならもっと、それらしく接近した採点をするはずです。とはいえ、バードが真剣に試合を評価して、そう見えたのなら彼女は、この職業失格です。】

個人的には同意できかねますが、村田諒太までもが「115-113でアルバレス。クエスチョン(がつく)ラウンドだらけ。おまけでカネロというのが多かった」と、カネロを支持しています。

以前から気付いていましたが、村田諒太という人は「プロボクシングは清濁併せ呑む、それどころか濁々吞み込む」ということを知り尽くして、それを大前提に話しているのかもしれません。

それでも、やっぱり、よほど穿った見方をしなければ、カネロ勝利はありえないと思うのですが…。

両者ともに再戦を希望していますが、今後の展開はAサイドのカネロ陣営の思い通りです。

ボクシングの本場とはいえ、現在の米国のメガファイトは、メキシコのカレンダーで決まります。5月のシンコ・デ・マヨの祝日、そしてメキシコ独立記念日の9月。

最も考えられる「スケジュールA」は、来年5月のシンコ・デ・マヨ週間でカネロがミゲール・コットと、超ローリスク・ハイリターンの再戦を行い、9月にGGGとの決着戦のリングに上がるというものです。

「年内に今回の勝者と戦いたい」と表明していたコットですが、まさかのドロー判定です。カネロ2が約束されたら、引退試合を半年先延ばしすることは十分考えられます。また、カネロ陣営にとっても、レジェンドとはいえ、既に一度完勝してるロートル相手にボーナスゲーム、悪い話ではありません。

そして、何よりも、もはや誰の目にも明らかになったGGGの劣化が、さらに進行する時間を稼ぐことまで出来るのですから。

「スケジュールB」は、2018年5月のシンコ・デ・マヨで、最短距離でのGGGとのダイレクトリマッチです。これは、ファイターの本能を考えると可能性ゼロとは言いませんが、ビジネスが何よりも最優先されるボクシングの世界ではありえないでしょう。

【「ビジネスの視点から考えると、今回のドローは悪い結果ではない」。…絶対に納得できませんが、そういう意見が公然と出るのがボクシングの世界です。ボクシングは、スポーツである以前に、ビジネスなのです。プロボクシングのメソッドを他のスポーツでも当てはめると、テニスの4大大会は常にロジャー・フェデラーが優勝、MLBはニューヨーク・ヤンキースが毎年ワールドシリーズを制します。】

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
世界のミドル級
ボクシング界はいつだって魑魅魍魎
世界に挑む日本人
ビッグファイト/メガファイト
英国ボクシング沸騰
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【Wrap-Up】ゴロフキンvsカネロ〜【Perspective】リナレスvsキャンベル

>WBA、WBCダイアモンド、リング誌、ライト級の3つのベルトを賭けて、王者ホルヘ・リナレスと、ルーク・キャンベルが、

ダイヤ 移動しますかね?   確かセルヒオが非難を浴びて?以降「移動する」王座ではなくなったのでは?   ちなみに2連敗コバレフ&一度負けたレオははなぜかいまだダイヤ王者(表示)です
ホルヘはおそらく負ければ剥奪(非表示)のはずですが WBCだけに全くわかりません   それにL級だけホルヘ、マイキーと目立つようにランクしてるのは滑稽以外の何ものでもないです
WBCテイケンには抗議してるのですが・・・
ちなみにWBSS1回戦に勝ったCスミスもシルバーからダイヤ王者へ・・・   ブローナーに勝ったマイキーがPDF版ではL級王者&SL級ダイヤ王者です
差し出がましいようですが ご自分で王者や一位のランク表を作成すれば 王座の流れもつかみやすくなると思います 

>そして、次こそメガファイト、ウクライナのハイテクか、マイキー・ガルシアだ!
そもそもケガしたホルヘが WBC王者にきちんと復帰してからWBAに挑むべきだったのに・・・
テイケンGPBの罪は重い   きちんとした形でWBAWBC統一王者になって欲しい

こんな記事も読みたい

試合自体は面白かったゴロフキン-カネロ戦だったが【スポーツ えっせい】

観戦記1369 WBOライトフライ級王座戦 田中恒成vsパランポン・CPフレッシュマート【人生マイペンライ】

膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:1991
  • 累計のページビュー:1562349

(12月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  6. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss