フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

カネロvsGGG〜最後に生き残るのは…村田諒太である〜②

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎週末に注目ファイトが用意され、ボクシングファンの夏はまだまだ終わりません。

明後日は今年最大のメガファイト、ゲンナディ・ゴロフキンvsカネロ・アルバレスが、ついに激突します。

セルヒオ・マルチネスからリネラル王者の座を奪ったミゲール・コットに勝ったカネロが、リング誌王座も保持、アルファベットタイトルを丹念にコレクションしたゴロフキンよりも価値のあるベルトを巻いているとはいえ、どちらが世界ミドル級チャンピオンで、どちらが挑戦者なのかについて、誰に聞いても意見が分かれることは無いでしょう。

オッズは、GGG勝利が4/6(1.66倍)、カネロ勝利が5/4(2.25倍)と試合が近づくにつれ接近していますが、それでもミドル級で18度も防衛を重ねているカザフスタンの英雄に、本当のミドル級(160ポンド)で戦った経験が一度も無いメキシコの人気者が挑む、という構図は揺るぎません。

とはいえ、このメガファイト、カネロが圧倒的なAサイドであることも揺るぎありません。両者の報酬は共に1500万ドルで同じですが、PPV歩合の取り分はカネロのLION’s Share、現代最高の人気者が殆どを持って行きます。

さらに、カネロが負けた場合は、再戦要求の権利がありますが、GGGが負けても再戦条項は付帯しない契約です。つまり、カネロにだけ勝ち逃げが用意されているのです。

仕方ありません。人気商売です。PPVで100万世帯を売りあげるカネロに対して、15万世帯前後で低空飛行のカザフスタン人はPPVの分け前について何も言えません。

それでも、GGGはついにメガファイトの舞台に辿り着きました。

「A TOUR DE FORCE IN ANY LANGUAGE」(ファンベースを持たないために、世界中を旅してKOを量産するゴロフキンは、どこにだって行くし、そこで相手をぶっ倒す)。

五輪メダリストの高等技術と、危険極まりない左右のパンチを併せ持つGGGはミドル級のビッグネームから避けられ続けました。

セルヒオ・マルチネスは「ゴロフキンは強いよ。強いけど人気が無い。リスクとリターンが見合わない相手だ。コット戦を優先させることを恥ずかしいとは思わない」(マネージャーのルー・ディベラ)と明白に避け、そのマルチネスに勝ったコットはゴロフキンを完全に無視。

そのコットに勝ったカネロも「誰からも逃げない!」と威勢がいいのは口先だけで、対戦は具体的な進展を見せません。

実績のあるマルチネスや、人気のあるコット、カネロにとっては、逃げるというよりも「こっちの人気に便乗するな」くらいの気持ちだったのかもしれません。

いずれにしても、多くのファン、メディアが「階級最強」と評価するゴロフキンが、リネラル王者になれないというネジレの時間が続きます。

リング誌も、誌面で批判するだけじゃなく、160ポンドで戦わないカネロからベルトを剥奪する超法規処置を下しても良かったと思います。

しかし、何はともあれ、ついに実現しました。

人気だけなら現代最強のカネロが、ミドル級統一に動き出したことで、この人気階級はもちろん、ウェルター級やジュニアミドル級など、やはり層の厚い周辺階級の実力者たちも「GGGとカネロの勝者と戦いたい」と前のめりになっています。

カネロと戦いたいというのはもちろん、GGGがカネロに勝てば、この不遇のカザフスタン人も、ようやく陽の目を見ることが出来ます。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
世界のミドル級
世界に挑む日本人
ビッグファイト/メガファイト
パウンド・フォー・パウンド
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

カネロvsGGG〜最後に生き残るのは…村田諒太である〜②

>リング誌も、誌面で批判するだけじゃなく、160ポンドで戦わないカネロからベルトを剥奪する超法規処置を下しても良かったと思います。

リング誌=ペーパー王座。   リング誌も相当ひどいですよ   カネロや引退したH級フューリーについて抗議したら 「検討します」だけでその後返信ナシ剥奪ナシ   まあ一つも返信ないWBACよりマシですが

WBCに続いて WBAも特性ベルト作りましたね・・・

こんな記事も読みたい

照ノ富士の大関陥落を、希望に満ちていると思う理由。【幕下相撲の知られざる世界】

小相撲壊滅場所・・・・【スポーツ えっせい】

初結びの一番、初横綱戦、初金星。初物尽くしの新鋭阿武咲の勢いが止まらない【独断と偏見の相撲ランキング】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1450194

(10月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  6. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  7. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss