フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

カネロvsGGG〜最後に生き残るのは…村田諒太である〜①

このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ今週末、9月16日にカネロ・アルバレスとゲンナディ・ゴロフキンが雌雄を決します。

しかし、カネロがゴロフキンに挑戦する図式なのに、どうしてカネロが先に来るのでしょうか?カネロがAサイドだからというのが理由でしょうけど、釈然としません。

なにはともあれ、リング誌王者のカネロと、WBAスーパー、WBC、IBF、IBOのアルファベット王者のゴロフキンが5つのベルトを賭けて戦います。もしかしたら、WBCのメキシコベルトもお目見えするかもしれませんから、6つのベルトが賭けられる可能性もあります。

WBCは性懲りも無く、また「メキシコベルト」を作成しました。画像上がカネロvsチャベス戦のために作ったものの、カネロは「汚らわしいWBCベルトをリングにあげるのは許さない」と激昂、お蔵入りとなったメキシコベルト。

画像下は、WBCが必死の土下座外交でカネロのご機嫌とりで作った9月16日バージョンのメキシコベルト、腐臭漂うWBCはカネロに許してもらえるのでしょうか?当日、リング上にこのベルトが上がれば、許しを得たことになります。

世界ミドル級には、もう一つのピースがあります。ビリー・ジョー・サンダースが腰に巻くWBOベルトです。サンダースは、同じく9月16日、エリザベス女王五輪公園内にあるカッパーボックスアリーナで、ウィリー・モンロー・ジュニアの挑戦を受けます。

3−1のオッズの通りにサンダースが勝てば、カネロと GGGの勝者との対決を希望しています。

また、アッサン・エンダムがレギュラーのWBAタイトルを持ってはいますが、こちらはスーパーの下の「second title」扱いですので、カネロvsGGGの勝者と、サンダースが戦って最後に勝ったボクサーが、Undisputed Middle weight Champion of the World、議論する余地のない世界ミドル級王者となります。

もちろん、存在感の薄いWBAレギュラーとはいえ、世界王者のピースに変わりはありません。10月22日、村田諒太がエンダムとの再戦で奪取を目指すこのピースは、ミドル級統一戦線への参戦パスポートです。

GGG、カネロ、サンダースが揃い踏みする9月16日で、ミドル級の勢力図が大きく変わる可能性がありますが、とりあえず現在のマップを広げてみましょう。

ESPNのミドル級ランキングでは、1位ゴロフキン、2位はカネロ、以下、ダニエル・ジェイコブス、デビッド・レミュー、ビリー・ジョー・サンダース、セルゲイ・デレビャンチェンコ、アンディ・リー、ジャーマル・チャーロ、村田、エンダムと続きます。

直接対決で勝ったエンダムが10位、負けた村田が9位というのは、世界があの試合をどう判定したかという証左ですね。

そして、そのタイトルマッチを戦った村田とエンダムを差し置いて、8位に付けているのがミドル級ではテストマッチ1試合しか経験していないジャーマル。このランキングから、このスピードとパワーを高次元で結晶させた黒人アスリートの評価が伺えます。WBCの指名挑戦権を獲得していますが、ゴロフキンサイドも「カネロに勝ったら、次はジャーマルとは限らない」と二の足を踏んで、早くも敬遠しています。

ジュニアミドル級時代にチャーロ兄弟をアレルギー症状のように避け続けたカネロにも、「WBCに険悪な態度を取る本当の理由はジャーマルが怖いから」という意地悪な意見も少なくありません。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
世界に挑む日本人
ビッグファイト/メガファイト
世界のミドル級
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

カネロvsGGG〜最後に生き残るのは…村田諒太である〜①

お読みいただき、ありがとうございます。

さらに、正しいご指摘も、ありがとうございます。

10億ドルと10億円を間違えちゃ、どうしようもないですね。
お金が貯まらないはずです、私。

カネロvsGGG〜最後に生き残るのは…村田諒太である〜①

お読みいただき、ありがとうございます。

おっしゃる通り、「勝者に贈与されるベルト」です。

承認団体が腐敗するのは避けれないですね、健全である方がおかしいです。


カネロvsGGG〜最後に生き残るのは…村田諒太である〜①

細かいようですが、ビリオンは10億ドルではないでしょうか?

カネロvsGGG〜最後に生き残るのは…村田諒太である〜①

はじめまして

>もしかしたら、WBCのメキシコベルトもお目見えするかもしれませんから、6つのベルトが賭けられる可能性もあります。

「この特注ベルトは勝者への贈呈のみです」と注釈をつけられたほうがよろしいのではないかと・・
初心者ファンのために

WBC・・   アチコチへのベルト贈呈だけならまだしも 名誉ダイヤ王者問題に 指名試合の非徹底と
今やWBAを凌ぐくらいの腐敗ぶりがものすごいですね

こんな記事も読みたい

井上尚弥のTKOにセルジオ越後的な意見、R・ゴンザレスのパワー負けは予想していた、ゴロフキンはKOで勝つ【雨の日の日曜日は・・・スポーツ別館】

野戦病院と化す秋場所。2日目を採点する【独断と偏見の相撲ランキング】

本命不在の秋場所初日を採点する!【独断と偏見の相撲ランキング】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1302472

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  5. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  6. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  7. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss