フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

ロマゴン完全陥落、井上尚弥はどこへ行くのか?②

このエントリーをはてなブックマークに追加

BOXING NEWS 24が「もしローマン・ゴンザレスという名前がなければミスマッチだったといえる内容だった」と報じたように、ロマゴンにとって115ポンドは重すぎました。

シーサケット・ソールンビサイは確かに強かった、認めざるをえません。八重樫東にノックアウトされたデビュー戦はもちろん、カルロス・クアドラスに負傷判定で敗れた、あのときとは別人です。HBOの解説席で「マニー・パッキャオの再来かもしれない」と騒いでいたのは、階級の壁にぶち当たったロマゴンを圧倒したに過ぎない30歳のタイ人には、明らかな過大評価ですが。

リング誌も、He should be considered one of the best pound-for-pound boxers on the planet.(シーサケットは、PFPトップ10ボクサーとして考えるべき存在かもしれない)と評価していますが、ジュニアバンタムのロマゴンがフライ級までと同じボクサーでないことは誰の目にも明らかです。

それにしても、今回のトリプルヘッダーは非常に面白い内容でした。

ファン・エストラーダvsクアドラスは、ロマゴンを追い込んだ強豪同士が、そのロマゴンへの再戦の権利を争うエリミネーション・バウト。互いの持ち味を存分に発揮しあった36分間でした。

残念だったのは、マイケル・バッファーが採点を読み間違えたことです。糠喜びさせられたクアドラスが可哀想でした。114−113、3者ともに1点差の、ユナニマスと呼ぶにはあまりにも僅差のスコアカード、10ラウンドのダウンが勝敗を決した形となりました。

今回、パンチ統計では、的中率で偶然の一致がありました。ロマゴンvsシーサケットは共に27%、エストラーダvsクアドラスはやはり共に29%。

シーサケットはロマゴンの212発に対して291発を放っての27%ですから、的中率は同じでも着弾は80発(ロマゴン58発)で、パワーショットでも上回りました。4ラウンドKOが納得出来る統計数字です。

一方で、エストラーダは773発中221発を着弾させての29%、クアドラスは886発中260発を命中させての29%、こちらはクアドラスが手数で上回りました。結果は、この数字を反映しませんでしたが、(見た目の)クリーンヒット、ダメージパンチで上回ったエストラーダ勝利もまた、納得出来るものでした。

【トリプルヘッダー2試合は、パンチスタッツで両者が全く同じ着弾率をマークしました。井上vsニエベスのスタッツは言わずもがな、わざわざ取り上げる意味はありません。】

1週間後にゲンナディ・ゴロフキンvsカネロ・アルバレスのビッグファイトを控え、HBOも「PPVを買って」と、選手コールのたびに宣伝文句を挟むのは耳障りでしたが、仕方がないところですね、ビジネスです。

さて、井上尚弥です。

「すっきりしない勝ち方だった。勝つ気がない相手だと、試合が枯れてしまう。白熱した試合がしたかった」。

まあ、その通りです。ガードを固めて、逃げるだけの相手を綺麗に倒すのは至難の技です。

それでも、米国初見参、披露宴としては合格です。今日の3試合で、シーサケットと井上がその強さを、見せつけました。この結果を受けて「SUPERFLY2は、シーサケットvs井上で」というマニアのリクエストも多いようですが、ロマゴン陥落はSUPERFLY2に暗雲を垂れ込めさせてもいます。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
世界の軽量級
世界に挑む日本人
ビッグファイト/メガファイト
パウンド・フォー・パウンド
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ロマゴン完全陥落、井上尚弥はどこへ行くのか?①【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

観戦記1366 WBCクルーザー級王座決定戦 イルンガ・マカブvsトニー・ベリュー【人生マイペンライ】

三沢光晴氏の死から何も学んでいない DDTの責任は重大 事故の原因、改善策が棚上げ、都合の悪いところには一切触れていない 高山善廣の募金の目的が不透明【極上の“T-1二見激情”見参】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:737
  • 累計のページビュー:1547148

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  6. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss