フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

スーパーフライ級史上最強は誰だ?③〜ギャラクシーかダルチニアンか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カリフォルニア州体育協会から、スーパーフライに出場する選手の報酬が発表されました。

ローマン・ゴンザレスがキャリアハイの60万ドル(約6600万円)、対するシーサケット・ソールンビサイが17万ドル(1870万円)。ファン・エストラーダとカルロス・クアドラスは6万5000ドル(715万円)、6万2500ドル(687万円)を分け合います。

そして、井上尚弥は18万2500ドル(2000万円)を受け取り、ニエベスは3万5000ドル(385万円)。

実際には、井上は日本からのスポンサー収入、TV放映権なども上乗せされて2倍以上の約40万ドルを手にすることになります。

軽量級は日本の方がはるかに集金力が高いことが、図らずも明るみに出ましたね。

とはいえ、特異なサンプルですがマニー・パッキャオのように、米国が本場の中量級の舞台まで侵略するようなことになると、井上にもその物語が紡がれていくことになりますが…。

現在のジュニアバンタムは、上記の4人に加えて英国の人気者、カリド・ヤファイが10月28日、地元カーディフ、7万5000人収容の開閉式ドーム、ミレニアムスタジアムで石田匠の挑戦を受けます。

この日のメインイベントはアンソニー・ジョシュアが、クブラット・プレフを迎え撃つ世界ヘビー級戦ですが、ヤファイも堂々のセミファイナル、明日のスタハブセンターの何倍もの大観衆の前で、日本の俊英と戦います。

ヤファイが勝てば、来年はスーパーフライ完全統一に乗り出すとも言われていますが、井上を呼ぶ勇気はないでしょう。まぁ、その前に石田には、完全アウエーの舞台で大番狂わせを起こして欲しいですね。

前置きが長くなりましたが、スーパーフライ級最強は誰か?です。

【クアドラスのボクシングに封じ込められたように見えたロマゴンでしたが、結果は2〜6ポイントの差をつけて判定勝ち。

ロマゴンがこの階級では傑出した存在でないことは、クアドラス、シーサケットの2試合で誰の目にも明らかになりました。

フライ級までの3階級なら、歴代PFPにもその名前が挙がるでしょうが、「バンタムまでの5階級を制覇」という夢は、よほど相手に恵まれないと難しいでしょう。

スーパーフライで階級にぶつかったロマゴンは、かつてスーパーフライで無双だったビック・ダルチニアンが1階級上のバンタムで、その神通力を完全に喪失してしまった姿にオーバーラップします。

ジュニアフライで歴代最強を語るとき、必ず名前が挙がるのがカオサイ・ギャラクシーです。

ジュニアバンタム級で殿堂入りしたグレートは、ジョニータピアとカオサイの二人だけですが、一発殿堂(引退から5年の資格発生で即殿堂入り)はこのタイ史上最大のスポーツヒーローただ一人です。

カオサイがタイを出ることがほとんどなかったのは、その絶大な人気からです。試合報酬は少なくとも10万ドル、当時の軽量級としては破格の数字でした。

数少ない海外遠征では、オランダ領キュラソー島で後の世界バンタム級王者、当時無敗のイスラエル・コントレラスを5回KOで圧倒するなど、強豪相手にも印象的な勝利を収めています。

【カオサイは世界王者になってからも、ジム2階の粗末な合宿所で寝起きしていました。「豪邸を建てる」「高額な外車を乗り回す」という単純なサクセスストーリーを追いかけないのは、栄光への純粋な渇望しか持ち合わせていないからなのか。それとも、マネージャーの搾取、ピンハネが尋常ではないタイで生まれた悲劇なのか。それでも、タイの歴代最高スポーツ選手と認められるカオサイは今はTVや映画で活躍する国民的なタレントです。】

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
世界の軽量級
THE SUPER FLY
世界に挑む日本人
ビッグファイト/メガファイト
パウンド・フォー・パウンド
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

浅田真樹や杉山茂樹にサッカーの記事を書く資格なんてあるんですか【ボクシングをとっても楽しく見るブログ】

スーパーフライ級史上最強は誰だ?②〜ギャラクシーかダルチニアンか?【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

画像庫御開帳(キック編185)【後楽園ホールの通路をジャックせよ!】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:682
  • 累計のページビュー:1545150

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  6. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss