フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

スーパーフライ級史上最強は誰だ?②〜ギャラクシーかダルチニアンか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「112ポンド(フライ級)と118ポンド(バンタム級)の間には、6ポンド(2.72kg)もの大きな開きがある」。

1979年、115ポンドのジュニアバンタム級を新階級に追加したWBCの屁理屈を鵜呑みにしたファンは、当然ながら少数派でした。

世界的な統括団体が存在せず、アルファベット団体と揶揄されることが多いWBA、WBCなどの承認団体が跋扈するボクシングの世界は、まさに魑魅魍魎です。

新階級増設は、承認料を稼ぐ機会が増える承認団体にとって好都合なだけでなく、「世界戦」を打ち、「世界王者」を抱えるチャンスが膨らむ興行側にも短期的なメリットがありました。

階級と王者の増殖が、長期的にはこのスポーツを蝕み、崩壊に導くのは誰の目にも明らかだったにもかかわらず、世界王者乱造には今なお、歯止めがかかっていません。

しかし、歓迎されざる水増し階級に、極めて稀とはいえ、美しい花が咲くことがあります。

その創設時に、最も風当たりの強かったのはストロー級ですが「108ポンド(ジュニアフライ)が最軽量というのは重すぎる」というWBCの妄言に怒りを覚えたファンでも「リカルド・ロペスとローマン・ゴンザレスを産んだだけでも、この階級には意味があった」と言われると、少しは納得するのではないでしょうか。

ジュニアバンタムもまた、ファンとメディアの冷めた目に晒されながらも、ときとして宝石のようなボクサーが生まれてきた38年間を歩んで来ました。

黎明期には渡辺二郎が活躍、その後も鬼塚勝也、川島郭志、徳山昌守と日本からも安定王者が輩出され続けました。

【1992年4月10日に行われたWBA世界ジュニアバンタム級王者決定戦。鬼塚の判定勝利は国内でも「不当判定」と集中砲火を浴びました。鬼塚には何の責任もないことでしたが、この騒動は若く禁欲的な青年の心に大きなトゲを残しました。最強挑戦者、アルマンド・カストロを退けた王者が、涙声で「タノムサクに勝てて…」と思わず口にしてしまった時、その傷がいかに深かったか、世間の無責任な誹謗中傷が彼の心をいかに傷つけていたか、ファンは複雑な気持ちになりました。】

さて、リング誌が1980年から37年間、発表し続けている年間PFP(BEST FIGHTER POLL)で、ジュニアバンタム級でトップ10入りしたことがあるボクサーは、カオサイ・ギャラクシー(8位:1991年)、ジョニー・タピア(10位:1997年)、ノニト・ドネア(6位:2010年)、ローマン・ゴンザレス(1位:2016年)の4人だけです。

カオサイとタピアはすでに殿堂入り。ドネアとロマゴンも、一発殿堂はわかりませんが、殿堂入り確実でしょう。

ちなみに、日本人はこの年間PFPにはまだ誰一人、その名を刻むことが出来ていません。もちろん、ファイティング原田の時代にあれば5位以内も十分ありえたでしょうが…。

この4人に加えて、ジュニアバンタム最強リストにその名前を記さなければならないのは、唯一の3団体統一王者のビック・ダルチニアンが、その筆頭です。

さらに、事実上の統一王者、議論する余地のない王者となった渡辺、その渡辺を破って2期に及ぶ安定政権を築いたヒルベルト・ローマン、フライ級から無敗のまま2階級制覇したオマール・ナルバエスも、最強候補レースの参加資格はあるでしょう。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
世界の軽量級
THE SUPER FLY
世界に挑む日本人
ビッグファイト/メガファイト
パウンド・フォー・パウンド
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

画像庫御開帳(キック編185)【後楽園ホールの通路をジャックせよ!】

プロレスはスポーツではないが、八百長ではない。高山が「頸髄完全損傷」。【猫と観るスポーツ】

スーパーフライ級史上最強は誰だ?①〜ギャラクシーかダルチニアンか?【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:737
  • 累計のページビュー:1547148

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  6. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss