フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

メイウェザーvsマクレガー〜サーカスの追加公演は要りません!〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

亀海喜寛が、カリフォルニア屈指の複合スポーツ施設の特設リングで「日本ボクシング史上最大の戦い」に敗れた日、世界中が注目したのはギャンブルとサーカスの街、ラスベガスで挙行された世紀の見世物でした。

フロイド・メイウェザーvsコナー・マクレガー。

互いがリスクを負いながら、王座やプライドを賭けながら、専門的に磨き抜いた技術を交錯させるのがプロスポーツだとしたら、確かにこの二人が昨日見せたものはプロスポーツではありえませんでした。

しかし、昨日の二人はプロスポーツ選手ではありませんでしたが、紛う事なきプロフェッショナルでした。

In a city known for circuses and illusions, two men exchanged blows for less than 30 minutes. Nothing mattered; nothing was at stake.〜サーカスとイリュージョンの街で、二人の男が30分足らずの間、パンチを交換した。その試合には金以外の何の価値もなかった。二人は何のリスクも冒さなかった。

〜この見世物を、最も辛辣に批判したのはニューヨーク・タイムスでしたが、この二人は最初からアスリートとして最高技術の激突を見せようなんてことは、露ほども考えていなかったのは明らかです。

ニューヨーク・タイムスの記事は、少し論点がズレているように思えます。

「スポーツじゃない」という立場からの批判ならわかりますが、「観客席がフルハウスにならなかった」「グッズが売れ残っていた」…そんなやっかみは、「ラスベガスのスポーツブックで史上最高の掛け金が投じられた」「多額のPPV収入歩合で、報酬はメイウェザー200億円、マクレガー100億円を超える」という興行として収めた大成功を前にしては、虚しく響くだけです。

興行としては、誰が見ても歴史的な大成功でした。

【FLEECE OF THE CENTURY〜ニューヨーク・タイムスは「世紀の詐欺」と報じましたが、最初は「下劣な見世物」と思っていた私でも、全体を通して見ると実に上質な詐欺だったと思います。二人は、映画「スティング」のポール・ニューマンとロバート・レッドフォードのように、この壮大な詐欺を演じ切ったのです。And, when it was over, they hugged and laughed, a pair of business partners who had just pulled off the score of the century.(サーカスが終わると、まんまと世界を出し抜いた二人のペテン師は、笑って肩を抱き合った)なんて、この名画のラストシーンそのものでした。試合終了のゴングと同時に二人のボクサーが互いの健闘を讃え合う光景は感動的なものですが、この二人のハグを見た瞬間は「やられた!」って感じでしたね…。】

二人が演じたのはスポーツではなく、大見得を斬り合う歌舞伎じみたプロモーショナルツアーから始まった、大掛かりな見世物だったのです。

「ネバダ州が公認した純粋なボクシングの試合」と見てしまうと、「プロボクシングデビュー戦の相手に勝ってロッキー・マルシアノの49連勝無敗を更新したのは認められない」と憤慨してしまいますが、その角度からは見てはいけないイベントだったのです。

メイウェザーが「マクレガーは最高のダンスパートナーだった」と称賛したように、純粋なスポーツとしては見る事は出来ないこのイベントを「競技」に焦点を当てることなく、カラフルな「サーカス」に仕上げていったメイウェザーとマクレガーのダンスは、本当に素晴らしかったと思います。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング界はいつだって魑魅魍魎
ビッグファイト/メガファイト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「メイウェザーvsマクレガー〜サーカスの追加公演は要りません!〜」へのコメント

ミドル級にはメイウェザーは出てこないでしょうね…
カネロがミドル級かという疑問もありますが再戦というのも想像しにくいです…
メイウェザーが復帰するのであれば大人しくケルブルック辺りとやってなんとなく勝つぐらいがちょうど良さそうな気がします

「メイウェザーvsマクレガー〜サーカスの定期公演は要りません!〜」へのコメント

約二年のブランクを感じさせない
天性のボクシングスタイルは、全く錆びついていなかった
マクレガーも、無敗の王者によく耐えたよ
メイウェザーはまたやるだろうな
それだけ金の儲け方とプロデュースに秀でたボクサーであり、チャンピオンということ
亀海VSコットと同じく
みんなが幸せになる試合に引き込んだメイウェザーの勝ちだ

こんな記事も読みたい

観戦記1361 WBCライト級王座決定戦 デヤン・ズラティカニンvsフランクリン・ママニ【人生マイペンライ】

夢舞台も大サーカスも、すべては大方の予想どおりに落ち着いてしまいました。【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

亀海喜寛の挑戦は実らなかったが・・・【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:6077
  • 累計のページビュー:1294684

(09月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  5. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  6. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  7. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss