フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

夢舞台も大サーカスも、すべては大方の予想どおりに落ち着いてしまいました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

337対152。

ミゲール・コットと亀海喜寛、二人が相手に着弾させたパンチの数です。パンチの数はもちろん、その質も大きく差をつけられ、錆び付いてもコットの凄みを見せつけられた一戦になってしまいました。

「犬のように追いかけて、ゴリラのように殴りまくる」。第1ラウンドは、その公約通り、上々のスタート。

「中盤KOもありうる」。WOWOW解説陣の言葉も、けして誇大に聞こえませんでした。

このまま押しまくって、コットを消耗させることができれば…。

しかし、亀海の攻撃は早くも2ラウンドで見切られてしまいます。亀海のコットに対する作戦は、プランAしかありません。相手は、あのコットです、当然です。

犬のように追いかけて、ゴリラのように殴るしか無いのです。亀海でなくとも、器用な戦い方なんてコットに対して出来るわけがありません。

2ラウンド以降は、手の内が読まれた攻撃は易々とかわされ、コットのバリエーションに富んだ攻撃に晒されてしまいます。ラウンドが進むにつれて消耗してきたのは亀海の方でした。

コットは、試合後に「前半で試合を楽に終わらせるつもりだったのに出来なかった?」と聞かれて、「一つのパターンで試合に臨むことはない。亀海は本当にタフで5〜6ラウンドでKO出来ないと切り替えた。」というように、プランB、C…を用意して、2ラウンド以降は見事な完封劇を見せました。

試合終了のゴングが鳴って、コーナーに帰るコットに、「ミゲール!」とTVでも聞こえる大きな声をかけて駆け寄った亀海。おそらく、憧れのアイドルに「俺を選んでくれてありがとう」と感謝を伝えたのでしょう。

亀海は泣いているようにも見えましたが、コットと12ラウンド戦い抜いた感動の涙だとしたら、もしかしたらグローブを吊るしてしまうのかもしれません。

確かに、亀海の今後のキャリアで、今日のコットを上回るほど、モチベーションの炎を燃やせる相手が出現してくれる可能性はかなり低いように思えます。

現状、コット以上の〝格〟となると、マニー・パッキャオ、(現役にカウントするとしたら)フロイド・メイウェザー、カネロ・アルバレスの3人だけしか見当たりません。

その決断は、亀海に委ねるしかありませんが、今日の試合で鋼鉄のハートはもちろん、ロバート・ゲレーロだけでなく、あのコットをも驚かせた世界トップレベルの鋼鉄のアゴも証明してくれました。

あの涙が、アイドルと戦えた充実と感動でこぼれたものでないのなら……

もし、あの涙が悔し涙であるのなら、またリングに上がって、鋼鉄のハートを見せて下さい。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ミゲール・コット
ボクシング界はいつだって魑魅魍魎
世界に挑む日本人
ビッグファイト/メガファイト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

亀海喜寛の挑戦は実らなかったが・・・【スポーツ えっせい】

3分間の積み重ね【運動科楽からスポーツ再考!!】

ドーピング疑惑のネリ・最終陽性なら裁定はひとつしかない【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:737
  • 累計のページビュー:1547148

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  6. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss