フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

こっから2週間、注目ファイトてんこ盛りです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

9月16日にゲンナディ・ゴロフキンとカネロ・アルバレスがついに激突。ダニエル・ジェイコブス相手にキャリア最大の苦戦を強いられたゴロフキンに、ジュニアミドル級ではチャーロ兄弟との対戦を徹底的に回避、ミドル級では155ポンドのキャッチウェイトでしか戦ったことのない過保護のカネロの対決が「ミドル級最強決定戦」と呼べるかどうかはともかく、リング誌とESPNでPFP2位に付けるゴロフキンと、当代きっての人気者カネロの対決は見ものです。

さかのぼって9月9日には井上尚弥が、THE SUPERFLY興行でついに米国デビューを果たします。ローマン・ゴンザレスに土がついたことで、井上が PFP1位に挑むビッグファイトは夢散してしまいましたが、バンタム級進出も見据えてた夢列車はまだまだ突っ走ります。

そして、とりあえずは明日ですね。亀海喜寛があのミゲール・コットとタイトルマッチを争う、日本ボクシング史上最大の戦いのゴングが、もうあと約12時間で打ち鳴らされます。亀海が番狂わせを起こせば、次の試合もビッグネームと絡む可能性が濃厚です。「コットが簡単に勝利する」と予想しているメディアやファンに、一泡吹かせてやりましょう!

今回の報酬はどの程度になるのかわかりませんが、2014年に同じスタハブセンターで行われたロバート・ゲレーロvs亀海のファイトマネーが、100万ドル(約1億1000万円)、7万5000ドル(約850万円)でした。おそらく、この数字に少し色が付く感じでしょうか。

報酬というと、やはり明日行われるコナー・マクレガーvsフロイド・メイウェザーです。ボクシングの試合経験の無いド素人と、かつてのPFP1位とはいえ2年のブランクがある40歳が繰り広げる「世紀の大サーカス」。

メイウェザーの最低保障が1億ドル、マクレガーは3000万ドルですが、予想通りに膨らんだ興行規模によって、最終的にはメイウェザーが2億ドル(約220億円)、マクレガーも1億ドル(約110億円)を手にする模様です。

前座のリングに上がる、IBFジュニアライト級王者、ジャーボンタ・デービスは60万ドル(約6600万円)、挑戦者フランシスコ・フォンセラは3万5000ドル(約380万円)。デービスは体重超過でタイトルは空位に、デービスの報酬の数割がペナルティとして没収され、フォンセラに上乗せされます。

まあ、それにしてもメイウェザー、さすがマネーです。とはいえ、今回はマクレガーを誉めるべきでしょうね。オスカー・デラホーヤをはじめ、ボクシング関係者は「このスポーツに対する侮辱的行為だ」とメイウェザーを非難していますが、MMA界では「業界全体には大きなプラスは無い」という意見もある中で、「マクレガーよくやった」と釣り上げた魚の大きさを称賛する声が圧倒的です。

【WBCがメイウェザーに贈った「マネーベルト」。この茶番劇に唯一色めきだったボクシング関係者が、マウリシオ・スライマンWBC会長です。3360個のダイヤモンド、600個のサファイア、300個のエメラルドを、1.5kgの24金の下地に散りばめ、ベルト部分はイタリア製の緑色に染めた高級ワニ革で作られています。】

今回もWBCは、特別ベルトを誂えてメイウェザーに献上しました。「次の試合もWBCでよろしく」と媚を売っているのは明らかです。真面目に承認料を支払ってるボクサーからしたら、こんな高価なベルトを勝手に作られて、けして面白い話じゃないですね。WBCは、また倒産危機に瀕して、頭冷やしたほうがいいです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング界はいつだって魑魅魍魎
世界に挑む日本人
ビッグファイト/メガファイト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「こっから2週間、注目ファイトてんこ盛りです。」へのコメント

≫亀海が番狂わせを起こせば、次の試合もビッグネームと絡む可能性が濃厚です。「コットが簡単に勝利する」と予想しているメディアやファンに、一泡吹かせてやりましょう!

簡単ではないけど、勝ったのはコット
それだけがはっきり言える一つの真実

こんな記事も読みたい

クーラーのない体育館で、夏巡業をすべきではない。【「ビバ!だらだら」 湖国スポーツ】

観戦記1360 Krush.77 Krushvs中国 卜部弘嵩vsジェン・ジュンフェン【人生マイペンライ】

ネリが陽性反応〜絶対に許してはいけない〜【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1316547

(09月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  5. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  6. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  7. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss