フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

【クロフォードが史上二人目の4団体統一!議論する余地の無い王者へ!】コメント一覧

クロフォードが史上二人目の4団体統一!議論する余地の無い王者へ!

山中批判やめろ!!
お疲れ様くらい言えよブロガーなら!!

「クロフォードが史上二人目の4団体統一!議論する余地の無い王者へ!」へのコメント

コメ主に同意
配慮とリスペクトが足りないのに
ボクシングファンを名乗ってほしくない

クロフォードが史上二人目の4団体統一!議論する余地の無い王者へ!

>山中批判やめろ!!

第三者ですが、山中批判なんてどこにも書いていないと思いますが。。。
4団体統一というこれ以上無い形でクラス最強の王者であることを証明する選手がいるわけで、
山中選手が「 a champion of the world」だったのは紛れも無い事実でしょう。
山中選手が本当に「議論する余地が無い世界王者」だったなら、
統一戦を望む声があれだけ多かったのは何だったのか、ということになる。
まあ私は富樫アナの口上が大嫌いなので、余計に不相応に感じる部分はありますけどね。
あと、「お疲れ様くらい言えよブロガーなら」って意味が分からないですね。

記事へ戻る

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:1496
  • 累計のページビュー:1617879

(01月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  5. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  6. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss