フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

クロフォードが史上二人目の4団体統一!議論する余地の無い王者へ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

いやはや、ものすごい試合でした。

テレンス・クロフォードの強さだけが際立った、世界ジュニアウェルター級完全統一戦。

舞台は、ネブラスカ州リンカーンはピンナックル銀行アリーナ。

リング誌/WBC/WBO王者クロフォードが31勝無敗22KOなら、 WBA/IBF王者ジュリウス・インドンゴも22勝12KO無敗。

激戦を期待しましたが、クロフォードの一方的な展開で3ラウンド1分38秒、不気味なオーラをまとっていたナミビア人は強烈な左ボディで悶絶、カウントアウトされてしまいます。

【世界戦通算で10戦無敗。この数字はESPNのパウンド・フォー・パウンド1位、アンドレ・ウォードを凌ぐものです。】

こうなると、多くのファン、メディアが「そこまで実力差は無い」と違和感を覚えた、10−1のオッズが生々しく思えてきます。

4団体完全統一。

2004年にバーナード・ホプキンスがオスカー・デラホーヤをやはりボディ一発で悶絶させて、ミドル級の4団体完全統一を達成して以来、史上二人目の快挙です。

「俺は議論する余地の無い世界王者になったんだ、世界でただ一人の王者だ。俺以外の誰も世界王者を名乗ることは出来ないんだぜ。これは最高の気分だ!」

クロフォードはリング上で喚き立てました。その通りです。これが本当の The undisputed champion of the world (議論する余地の無い世界王者)です。

先日の、山中慎介の試合でリングアナウンサーが「議論する余地の無い世界王者」と山中を紹介しましたが、あれは恥ずかしいくらいの大間違いです。本気で世界を目指しているボクサーにも失礼です。山中は a champion of the worldです。

偽物を本物であるかのごとく騙るのは、もういい加減にやめるべきです。故意ではなく無知だったのかもしれませんが…。ボクサーには一片の責任もありませんが、どちらにせよ幻滅な話です。

井岡一翔も「唯一無二の世界王者になる」とか仙人みたいな詭弁を弄するのではなく、スポーツマンなのですから「The undisputed champion of the world 、議論する余地の無い世界王者になる。俺以外は世界王者を誰も名乗れない状況を、この拳で作る!」とハッキリ言えば、かっこいいし、わかりやすいのですが…。

偉業を成し遂げたクロフォードですが「この階級でもう1試合するかもしれないが、狙いは(世界で最もレベルの高い)ウェルター級」と、3階級制覇を目指すことを明言しています。

トップランクのボブ・アラムも「11月にオーストラリア開催予定の、マニー・パッキャオvsジェフ・ホーンのリマッチのリングサイドにクロフォードを招待する」と、このリマッチの勝者とウェルター級のWBOバージョンを争わせる計画を明らかにしています。

この試合のオッズは早速あちこちのブックメイカーが立てています。ほとんどがホーン勝利2.75倍に対して、パッキャオ勝利は1.50倍、アバウト2.5-1といったところです。ホーン有利のオッズはありませんが、当然第1戦よりも接近しています。

オッズの通りにパッキャオが勝てば、クロフォードがずっと熱望し続けたパッキャオ戦が、ついに実現します。そして、こっちのオッズも立ち始めています。今が全盛期のクロフォードと、完全に黄昏時を迎えている偉大な伝説の激突は、4−1でクロフォードに傾いています。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ビッグファイト/メガファイト
パウンド・フォー・パウンド
世界のボクシング:階級/キャッチウエイト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「クロフォードが史上二人目の4団体統一!議論する余地の無い王者へ!」へのコメント

コメ主に同意
配慮とリスペクトが足りないのに
ボクシングファンを名乗ってほしくない

クロフォードが史上二人目の4団体統一!議論する余地の無い王者へ!

>山中批判やめろ!!

第三者ですが、山中批判なんてどこにも書いていないと思いますが。。。
4団体統一というこれ以上無い形でクラス最強の王者であることを証明する選手がいるわけで、
山中選手が「 a champion of the world」だったのは紛れも無い事実でしょう。
山中選手が本当に「議論する余地が無い世界王者」だったなら、
統一戦を望む声があれだけ多かったのは何だったのか、ということになる。
まあ私は富樫アナの口上が大嫌いなので、余計に不相応に感じる部分はありますけどね。
あと、「お疲れ様くらい言えよブロガーなら」って意味が分からないですね。

クロフォードが史上二人目の4団体統一!議論する余地の無い王者へ!

山中批判やめろ!!
お疲れ様くらい言えよブロガーなら!!

こんな記事も読みたい

観戦記1358 WBAウェルター級王座戦 キース・サーマンvsルイス・コラーゾ【人生マイペンライ】

具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

亀海と野茂、その純粋な挑戦を応援する【Simon's Bar】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:752
  • 累計のページビュー:1547899

(11月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  6. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss