フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③

このエントリーをはてなブックマークに追加

具志堅用高が打ち立てた13連続の防衛記録。

この記録は、その時代背景を抜きにしては語ることはできません。

完全2団体(最も説得力があるリング誌タイトルは2002年のフルモデルチェンジの前で有名無実化、今なら欧州で存在感のあるIBOなどのマイナー団体も事実上存在しない時代です)、13階級しかない時代に、具志堅は13連続防衛を成し遂げたのです。

ライバル王者は一人だけ、WBAとWBCも今日ほどは商売優先のインチキランキングではなく、両団体が発表するランキングには多くの強豪選手がオーバーラップしていました。

リング誌とESPNのランキングがほとんど同一なことからもわかるように、普通なら大きなズレは生じないはずですが、現在の4団体ランキングはもはやズレとかいうレベルはありません。

翻って現在、いよいよ来週拳を交える、亀海喜寛とミゲール・コットが典型ですが、各団体が承認料目当てで人気選手を囲い込む構図が色濃くなっています。

亀海の一件は、世界レベルでの勝利経験が一度も無い亀海が6位、2年近くリングから遠ざかっているコットが1位という、もはや誰が考えても狂乱のランキングです。

WBOからしたらファイトマネーの額に応じて徴収できる承認料が欲しくて、ビッグネームのコットを囲い込んだだけです。ボクシング界には世界的な統括団体が存在せず、承認料目当て、それに付随するベルト販売を生業とする承認団体だけが跋扈しているのですから、仕方がないこととはいえ、これは酷すぎます(もちろんコットという超ビッグネームと日本人が戦うという意味は大きなものがあります)。

【エンジの布地に金糸でカンムリワシが刺繍された専用のチャンピオンベルトも新鮮でした。新設階級に回すベルトの余裕がなく、のちの井岡弘樹(ストロー級)も日本製の専用ベルトを腰に巻いていました。】

単純に、2団体→4団体という構図なら「今の10度防衛は、具志堅時代の5度に相当」と推測することが出来ますが、階級の増設、同一団体の中でも王者を増殖させていること、そして何よりもランキングが商売優先で歪に操作される傾向が強まっていることまで考慮すると「5度に相当」も限りなく怪しくなってきます。

さらに、2団体時代、というより1階級2王者時代と言った方が良い具志堅の時代は、世界一を証明するために本物の強豪を求めて他団体王者との統一戦を模索したり、複数階級制覇に船出する必要性は現在よりもはるかに低く、ウェルターやミドルのような人気階級でなくとも、タイトルを長期防衛することは世界的にも自然でした。

具志堅が13度の防衛を重ねたのは、現在とは全く景色の違う時代で成し遂げたからこそ偉業だったのです。

今の強豪、人気選手は評価の高い相手を求めて階級どころかベルトにもこだわらないケースまであります。山中が対戦を熱望したレオ・サンタクルスも、バンタムを踏み台にして、100万ドルファイターとなった今はフェザー級でビッグファイトを繰り広げています。

世界の風景が激変したというのに、どうして日本では防衛回数がクローズアップされるのか?

簡単な話です。階級を上げて、王者に挑戦するリスクを冒すよりも、高い承認料が目当ての承認団体と世界王座を手放したくないジムの思惑が一致するからです。安全安易な防衛戦を重ねる方が、双方ともに儲かるからです。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
世界の軽量級
世界に挑む日本人
ビッグファイト/メガファイト
パウンド・フォー・パウンド
世界のボクシング:階級/キャッチウエイト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

亀海と野茂、その純粋な挑戦を応援する【Simon's Bar】

ベストバウト’2017【プロレスファンタジスタン】

具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:14076
  • 累計のページビュー:1316547

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  5. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  6. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  7. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss