フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②

このエントリーをはてなブックマークに追加

山中が追いつき追い越そうとした、具志堅用高という伝説のボクサーは表舞台に登場した40年以上前から、伝説にふさわしいエピソードに満ち溢れたボクサーでした。そればかりか、スーパースターに不可欠の条件である「時代と歴史からの寵愛」も十二分に受けたボクシング界を超えた存在でした。

「琉球王朝の血統を継ぐ天才ボクサーが沖縄にいる」。沖縄が本土復帰した1972年から、そんな噂がボクシング界で飛び交いました。その卓越したセンスでインターハイで優勝した天才は、1976年モントリオール五輪の金メダルが期待され、興南高校から拓殖大学へ進学します。

当時の沖縄は長く米国の占領下にあり、本土からはミステリアスな存在でした。そこに「琉球王朝の血筋を引く天才がいる」なんて、漫画か映画の世界です。インターネットなどカケラもなかった時代、私たちは期待に胸を膨らませると同時に「本当か?」という疑念も抱きました。

【13連続防衛は、当時の現役ボクサーでは最多となる数字でした。12で具志堅と並んでいたのが、あのウィルフレド・ゴメスでした。】

伝説は、まだまだ続きます。大学進学のため羽田空港に降り立った天才を待っていたのは、大学からのお迎えではありませんでした。具志堅は空港の到着ロビーで〝拉致〟されてしまうのです。協栄ジムの関係者は、訥々と天才を説得します。その情熱としつこさに、石垣島から来た18歳の青年は根負けしてしまいます。

その前年に、具志堅の噂を聞きつけ、極秘に沖縄視察した海老原博幸は「途轍もない素質」「とんでもないボクサーになる」と金平正紀会長に報告、「同じサウスポーのお前とどっちが上だ?」と聞く金平会長に海老原は「具志堅です」と即答していたと言います。

それにしても、空港で待ち構えて掻っさらうなんて、無茶苦茶な話です。

何はともあれ、こうして「100年に一度の天才」はプロの世界に足を踏み入れます。ここからも伝説です。神様が周到に用意した演出が続きます。

74年5月のデビュー戦、フライ級4回戦は判定勝ちも、圧勝を期待したファンは「どこが天才?」とスピードもパワーも感じられない平凡なパフォーマンスを冷ややかな目で見ました。たまたま調子が悪かっただけ、そう弁解するためか2戦目も同じ相手が用意されますが、またもや見るべき内容の無いまま判定勝ち。

「沖縄へ帰ろう」。具志堅の心は折れかけていました。

考えてみると、海老原が惚れ込んだ高校時代の具志堅は、なんと45kg以下のモスキート級。プロ最軽量フライ級リミットは50.80kgですから、その間には5kg以上もの差がありました。フライ級とジュニアフェザー級(55.34kg)以上の差です。

実際にプロ4戦目までの具志堅が乗ったスケールは、デビューから50.12、50.35、50.23、50.01と、いずれもフライ級リミットを大きく下回っていました。

そして、神の配剤です。1975年にWBAとWBCがフライ級の下に、ジュニアフライ級(48.98kg)を新設すると発表したのです。

【具志堅が13度防衛した当時の世界ランキング。13番目の階級、ジュニアフライが増設されても、世界王者は2団体26人しかいませんでした。ジョー小泉が「2団体26人!ここまで世界王者が増えるとマニアでも把握できないから、王者26人を詳しく解説する」という特集も組まれていますが、今となっては笑うしかありません。】

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
世界の軽量級
世界に挑む日本人
ビッグファイト/メガファイト
パウンド・フォー・パウンド
世界のボクシング:階級/キャッチウエイト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

観戦記1357 UFC212 ビクトー・ベウフォートvsネイサン・マーコート【人生マイペンライ】

具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。①【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

山中が衝撃の4回TKO負けで、V13達成ならず【角海老-ボクシングコラム】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:682
  • 累計のページビュー:1545150

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  6. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss