フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

山中慎介が、散りました。

完敗です。

「セコンドの判断が早すぎる」。「まだ逆転できた」。「今までもダウンから逆転してる」。

多くのファンの意見と同じく、帝拳ジムの本田明彦会長も「最悪のストップ」と、タオルを投げた大和心トレーナーを避難しました。

本田会長は「(通常タオルを投げる時は)相談がある。こんなことは初めて」「大和はいいやつで優しいから。魔が差したかな」ともフォローはしてますが「今夜のタオルは早すぎる」と。

プロ野球の試合でよく聞く解説があります。「どうして、この場面で投手交代でしょうか?」「ここで代打はないでしょう」。

好投を続けていた投手のマメがつぶれて投げられる状態ではなかった、前の回の守備でハムストリングを痛めた…。内実はベンチにしかわかりませんが、〝外野〟は勝手なことを言うのが常です。

今回の「タオル」にも、そういう背景があったのかもしれません。

しかし…。

大和トレーナーがリングに上がった、あの場面、あれは誰が見ても山中慎介の「キャリア最大のピンチ」でした。

「セコンドを心配させた」。

山中が吐き出した言葉には、いろんな意味が読み取れます。

表層的には「過去最悪の大ピンチに陥ってしまって心配させた」。深読みすると「(絶好調と語っていたが、セコンドと本人だけがわかっていた)体調的な問題があった」。

外野にはわかりません。

山中の性格からしても、言い訳はしないでしょう。

山中のキャリアで最強は、アンセルモ・モレノです。このパナマ人が、世界バンタム級史上屈指のテクニシャンであることに異を唱える人はいないでしょう。

そして、その次がビック・ダルチニアンで、このアルメニア人はジュニアバンタムが全盛期とはいえ、モレノ以上の殿堂クラスの実績を持つ、まさに怪人でした。

モレノ、ダルチニアン、いずれの試合も、国内メディアの論調は「世界的な強豪、山中危うし」。

一方、世界では「モレノは劣化してる上に、敵地で戦うから公平な判定は望めない」「ダルチニアンはジュニアバンタムまでは最強、しかしバンタムでは急ブレーキで低迷」と、誰の目からも旬ではなく、予想もオッズも山中に傾いた状況でゴングが鳴らされました。

今回の結果を「愚かなトレーナーがタオルを投げなければ逆転勝ちしてたのに!」と、本気で本田会長が考えるなら、手元の契約書に間違いなく明記している「再戦条項」を行使したらいいだけの話です。

もし、プロモーターとして、ビジネスマンとして非常に優秀な本田会長がボクシングにも造詣が深ければ、再戦はさせないでしょう。本気で、あのタオルが早いと考えているのなら、再戦条項を行使しましょう。

ネリーは、日本で戦う以上の報酬を米国西海岸で稼げるような人気選手ではありません。再戦できるなら、喜んで東京でも京都でも、来ますよ。

今回の試合予想は、国内外ともに「山中有利」。ネリーは無敗ながら、「誰に勝ったか」となると誰にも勝ってません〝雑魚狩り〟の無敗です。一方の、山中はモレノ、ダルチニアンというビッグネームに完勝してますが、二人ともにピークはとっくに過ぎたグレートでした。

モレノとの2戦はもっと、しっかり、その背景も報道すべきだったと思います。第1戦は日本のファンですら煮え切らない微妙な判定でした。リング誌は「モレノが勝ったように見えたが、そのリングが日本にしつらえられていたことが結果のすべて」(個人的にはこの試合レベルのホームタウンデジションは支持します。〝中東の笛〟はあらゆるスポーツで吹かれます。村田諒太vsアッサン・エンダムのレベルの判定になるとリング誌も「ありえない判定」ですが)。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
世界の軽量級
THE SUPER FLY
世界に挑む日本人
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?

ボクシングに造詣の深いコメントでした。日本のボクシング市場は、世界的見ると「超優良市場」です。ただし、軽量級に限りますが、裏を返せばラスベガス等では一部の選手を除いて日本みたいに「金」は動きません。よって承認団体も日本での開催を希望するし、相手国の陣営も高いファイトマネーが望める日本開催に首を縦に振る。これが、昔からの現状です。さて、山中選手ですが、非常に強い、良いボクサーだったのは間違いないと思います。実際、それだけの実績も残してます。確かに旬を過ぎた「グレート」もいましたが、それでも「弱い相手」ではないでしょう。しかし、バンタム級では、年を取りすぎました。どんなに達人でも「加齢」には勝てないのです。体力、特に「気力」が衰えます。今回の敗戦は致し方なかったのかもしれません。それと内山らのチャンピオンが雑魚相手に防衛を重ね、雑魚に負ける。というのは、いい得手妙ですよね。でも、どこの国のどこの陣営でも同じ手法だと思いますよ。ボクシングは「アマチュアスポーツ」ではなく「ショービジネス」ですからね。ラスベガスでは、派手な勝ち方をするパワフルなボクサーがもてはやされます。そういうボクサーのために訳の分からないタイトルを乱立させ「箔」をつけさせ、人気をつけてから正規チャンピオンと戦わせる手法をとっています。話はずれましたが、山中に勝ったネリは「強い雑魚」から「高級魚」になるかもですよ。

山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?

「世界が認める強豪と戦いたい」という欲求は今のジム制度では根本的に合わないんだと思う。

当然のごとく、ジムとしては何度も世界戦という興行をやりたいから勝てる相手を選ぶ。
選手個人も含めて「誰には勝てる、誰に勝てば評価を得る」というのはみんな考えているでしょう。
それは相手から見ても同じで「割に合う・合わない」というのがあって、
いろんなマッチメークが消えては浮かび上がる、国内でも海外でも一緒。

日本からしたら、強豪と戦うには、大金を用意して振り向かせるしかないんだと思う。
身も蓋もないけど、金さえあれば何とかなるをやり続けていくしかないんだと思う。
ぶっちゃけラスベガスよりも金が動くとなれば、みんながこっちに来る事になるからね。

いっそのことアマチュアみたいな単純な世界選手権みたいな形式なら、
そういったしがらみを関係なくできるのではないかと考えたこともある。

山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?

全てにおいて同意。長谷川もどんどんモテベーションが落ちていくのが毎試合前のコメントから推し量れて気の毒でしたね。。。まぁビジネスなので仕方ないのでしょう。

「山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?」へのコメント

いいご意見だと思います。日本で10回防衛戦するより米国で3連勝した方が遥かに稼げるんだから。

こんな記事も読みたい

山中慎介は負けるべくして負けたのか?【ボクシングをとっても楽しく見るブログ】

<WBC世界バンタム級 タイトルマッチ12回戦>【スポーツ よもやま話】

山中慎介 落城!【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:737
  • 累計のページビュー:1547148

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  6. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss