フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

コットvs亀海 オッズは3−1、亀海勝利はもはや〝大〟番狂わせではない!

このエントリーをはてなブックマークに追加

WBO世界ジュニアミドル級タイトルマッチ。

ミゲール・コットvs亀海喜寛。決戦のゴングまで、いよいよ2週間を切りました。

専門家予想もオッズも、コットに大きく傾いていますが、全ては「コットの仕上がり次第」と見られています。コットが普通の状態なら、衰え年老いたとはいえ、腐っても鯛です。コット絶対有利は、当然の予想でしょう。

最大手William Hillなど大方がコット勝利1.22倍(2/9)、亀海4.33倍(10/3)、アバウト4−1で、コット有利とオッズを立てています。

マニー・パッキャオが、マルコ・アントニオ・バレラを完全敵地のテキサス・アラモドームで粉砕し、「アジアで最も価値ある大番狂わせ」を起こした試合のオッズと全く同じです…と無理やりでもコジつけちゃいたい気分です!

最も亀海に好意的なオッズを立てているのがSportsBetで、コット勝利1.25倍、亀海3倍です。3−1に近い数字で、こうなると亀海が勝っても大番狂わせと言えるかどうか微妙ですね。

【2015年11月21日、ミゲール・コットが最後に戦った相手がカネロ・アルバレス。コットをサポート、プロモートしていたRoc Nation Sportsの代表はJay Z。奥様のビヨンセも連れてリングサイドで応援しましたが、ワンサイドのスコアカードが読み上げられると頭を抱えて失望しました。誰が見ても大差判定負けでしたが、109-118と110-118の判定はおかしいです。コットも3〜4ラウンドは取っているように見えました。もう一人の採点111-117は納得出来ます。「人気者を相手にすると判定は自分には転がってこない。微妙なラウンドは100%カネロが持って行く」。これは、コットと対決する亀海にも言える教訓です。】

2年近いブランクのあるコットは、最後に戦ったカネロ戦でも反射・反応はもちろん、フットワークにも大きな衰えが見えました。加齢による衰えが遅く現れるハンドスピードと、パワーパンチにはまだ一流の香りを漂わせてはいたのはさすがでした。

しかし、この2年のブランクと、さらなる加齢で最大の武器の左ジャブのスピード、左右フックのパワーが減退していない保証はどこにもありません。少なくとも、カネロ戦からの上積みは無いでしょう。そして、当然、打たれ弱くもなっています。

この2年間のブランクで、新参のRoc Nation Sportsが十分なマッチメイクを出来ず、コットはJay Zのもとを去りました。さらに、記者会見まで開催して、HBOからPPVで売り出されることも決定していたジェームズ・カークランド戦が、カークランドの怪我で中止、二転三転の末に対戦相手が亀海に落ち着いた、とリング外でのゴタゴタが続いています。

これも、コットが負けるときのデフォルトです。

コット陣営は、技術とパワーで世界レベルには遠く、不器用な東洋人を安パイ、どう転んでも負ける相手ではない、と見て、調整試合の相手に選んだのでしょう。

両者共通の対戦相手、アルフォンソ・ゴメスを通してみると、確かにコット勝利の結果しか思い浮かびません。

コットがゴメスを5Rで粉砕したのは2008年4月12日。当時コットは無敗のWBAウェルター級王者、PFP1位のパッキャオの座を狙う位置につけるスーパースターでした。対するゴメスも、全米地上波NBCテレビの人気番組The Contender (Season 1)で人気が上昇、次期スター候補として、アーツロ・ガッティをKOするなどキャリアハイを迎えていました。しかし、試合は一方的になります。コットは左ジャブでゴメスの攻撃を寸断、試合を決めたのもこのジャブのカウンターで奪った痛烈なダウンでした(ゴメスは5R終了で棄権)。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ミゲール・コット
ボクシング界はいつだって魑魅魍魎
世界に挑む日本人
ビッグファイト/メガファイト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

観戦記1354 RIZIN MIXルール 那須川天心vs才賀紀左衛門【人生マイペンライ】

山中が15日に最強挑戦者とV13戦【角海老-ボクシングコラム】

それでも、山中慎介の13連続防衛には、確かな意味があるのです。【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:1991
  • 累計のページビュー:1562349

(12月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  6. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss