フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

それでも、山中慎介の13連続防衛には、確かな意味があるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、日本人のボクシング世界王者は13人、男子だけで10人が〝世界一〟に君臨しています。同一種目のスポーツで、13人もの現役世界王者を擁し、なおかつ相当な人数の世界王者予備軍もスタンバイしている、異常な〝黄金時代〟を迎えています。

世界王者が一人もいない「空白の時代」は、1988年11月13日に井岡弘樹がナパ・キャットワンチャイと〝疑惑の初戦〟を受けての再戦で完敗、WBCストロー級王座を手放してから、1990年2月7日に大橋秀行が崔漸煥からやはりストロー級のWBCバージョンを取り戻すまでの、1年3ヶ月を最後に、経験していません。

それ以来30年近くもの間、いつも必ず世界チャンピオンがいてくれたのです。

しかし、過去を遡れば、空白時代は当たり前、世界王者が存在するだけで有難い、そんな悲しい極貧の時代がありました。

最も長い空白時代は、60年以上前の1954年11月26日から、1962年10月10日までの、なんと7年11ヶ月、およそ8年間です。

1952年、日本人初の世界王者となった「議論する余地の無い(正真正銘の)世界フライ級王者」白井義男が、1954年11月26日にパスカル・ペレスに敗れてタイトルを喪失してから、1964年10月10日にファイティング原田がポーン・キングピッチから白井が奪われた「正真正銘の世界フライ級王者」のベルトを取り戻すまでの、地獄の8年間です。

8年。それにしても、なんという長い歳月でしょう。当時のボクシングファンが、日本から2度と世界王者は生まれない、そう諦観していたとしてもなんら不思議ではありません。8年というのは、それほど長い時間です。

【王者ダド・マリノ(米国)vsランキング1位白井義男の世界タイトルマッチのポスター。1952年5月19日、舞台となった後楽園球場は最安値の外野後部席200円(大卒の初任給が約5000円の時代ですから、現在の貨幣価値だと約8000円といったところでしょうか)、最高値のリングサイドは3600円(約14万4000円)という破格のチケットがソールドアウト。NHKが TV放送を開始するのは翌年のことでしたが、このメガファイトが1年遅く行われていたら、その視聴率は、日本歴代最高の96.1%(1955年の白井vsペレス第二戦)を超えていたでしょう。】

この8年にも及ぶ厳冬の時代、白井(フライ級:ペレス)、米倉健志(フライ級:ペレス、バンタム級:ホセ・ベセラ)、矢尾板貞夫(フライ級:ペレス)、高山一夫(フェザー級:デイビー・ムーア×2戦)、関光徳(フライ級:キングピッチ)、野口恭(フライ級:キングピッチ)の述べ6人の精鋭が、合計8試合の正真正銘の世界タイトルに挑み、儚く散りました。

原田は、世界挑戦8試合連続失敗という忸怩の8年に見事ストップをかけたわけですが、大橋がピリオドを打った1年3ヶ月の空白時代には、なんと21試合連続もの失敗を繰り返していたのです。

8年で8試合、1年余りで21試合。この数字の大きなギャップの背景に存在するのは、原田の時代よりも日本が豊かになって気軽に世界戦を開催できるようになった、という経済的な理由ではありません。

大橋の時代には、かつてたった一つしかなかった正真正銘の世界王座が4つに分裂、11しかなかった階級は17にまで増殖、世界挑戦のチャンスが爆発的に拡大したという事実が、そこには横たわっているのです。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
世界の軽量級
THE SUPER FLY
世界に挑む日本人
ビッグファイト/メガファイト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

観戦記1353 WBAスーパーフェザー級王座戦 ハビエル・フォルトゥナvsジェイソン・ソーサ【人生マイペンライ】

沸騰するミドル級戦線、ミゲール・コットを倒せ!【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

観戦記1352 RIZIN バンタム級王座決定トーナメント 堀口恭司vs所英男【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:5124
  • 累計のページビュー:1444996

(10月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  5. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  6. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  7. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss