フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

世界陸上の形骸化〜全てを破壊しなくてはマラソン日本復活は無い〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

20世紀、日本の男子マラソンは間違いなく世界をリードしていました。

今も昔も優秀なトラックの中長距離選手は、ほぼ例外なくマラソンを目指しました。現在のダイヤモンドリーグにあたる世界最高峰のDNガラン大会の1万メートルで優勝経験もある瀬古利彦は、この種目でも五輪でメダルを狙える実力がありましたが、より可能性の高いマラソンを専門種目に選びました。

「トラックでは世界に通用しないが、マラソンなら五輪でも勝てる」。悪く言えば「トラックからの逃避」でしたが、それは「可能性のある種目への選択・集中」であり、日本の中長距離界の過去から今までの一貫した考え方です。

実際に、1万メートルではメダル争いをする強豪選手の一人に過ぎなかった瀬古は、モスクワ、ロサンゼルスの2大会の五輪前には英国を始め主要ブックメーカーから優勝候補の筆頭に挙げられる世界最強のマラソンランナーに成長しました。

【トラックでも十分世界に通用するスピードを持った中長距離ランナーが、マラソンでさらなる高みを目指す。瀬古をはじめ、日本中長距離界がマラソンを目指したのは、伝統的な駅伝文化もあったとはいえ、強力なライバルがいないマラソンという〝スキマ種目〟に大きな可能性を見つけたからでした。】

90年代から2010年頃まで黄金期を迎えた女子マラソンの背景にあったのも、同じモチベーションでした。「まだ、世界が本格的に取り組んでいない女子なら男子以上に可能性がある」と。

かつて、世界トップの長距離トラックランナーにとってのマラソンは「陸上競技のマイナー種目」であり、「賞金額が少ない」「1年間で2〜3回しか走れない」という、all pain and no gain(労多くして益なし)の種目でした。

ところが、21世紀に入ってから、この構図に大きな地殻変動が起きています。

先日、大方の予想どおり男女共に惨敗してしまった世界陸上のマラソンでしたが、この地殻変動を象徴するような出来事がありました。

世界トップ選手の相次ぐ出場辞退です。世界記録保持者のデニス・キメットも、次の世界記録が期待されるトラックの絶対王者、ケネニサ・ベケレも、大きな物議を巻き起こした「NIKE Breaking 2」で2時間00分25秒の〝世界記録〟をマークしたエリウド・キプチョゲも、ロンドンのスタートラインには立ちませんでした。

それどころか、招待状を受けているはずの世界のトップ10選手がいずれも出場しないという異常事態です。その一方で、1万メートル優勝者のモハメド・ファラーをはじめ、なんと3000メートル障害の選手まで、複数の中長距離ランナーが「マラソン転向」を宣言したのです。

人気があるのか、ないのか、どっちなのか?一体、何が起きているのか?

今や、マラソンは「労多くして益なし」の種目ではなくなったのです。

IAAFが統括するトラック&フィールドで世界最高峰のダイヤモンドリーグの賞金は優勝1万ドル(約110万円)、2位6000ドル(660万円)、3位4000ドル(440万円)…年間14戦合計のポイントで選ばれる総合優勝者には40万ドル(4400万円)が報酬として用意されています。

また、やはりIAAF主催の世界陸上でも金メダル6万ドル(660万円)、銀3万ドル(330万円)、銅2万ドル(220万円)…の賞金が与えられます。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
世界に挑む日本人
日本マラソンに未来はあるか?
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

世界陸上ロンドン10000メートル~日本選手権はかくあるべき~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

世界陸上マラソンの結果から感じた国内レースと世界大会の違い【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

ロンドン世界陸上:祖母に捧げる金メダル(女子100m金メダル、トリ・ボウイ)【Sports News 】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1545827

(11月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  6. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss